hf_5蒼白い月

July 08 [Mon], 2013, 16:18

「それああなた、人口が少ないですがな」
「しかし少し癪にさわるね。そうは思わんかね」などadidas カントリー2
と私は笑った。
「初めここへ来たころは、私もそうでした。みんな広大な土地をそれからそれへと買い取って、立派な家を建てますからな。ジェレミースコットけれど、このごろは何とも思いません。そうやきもきしてもしかたがありませんよって。私たちは今基礎工事中です。金をちびちびためようとは思いません。アディダス キャンパスできるのは一時です」彼はいくらか興奮したような声で言った。
 私たちは河原ぞいの道路をあるいアディダス スーパースターていた。河原も道路も蒼白い月影を浴びて、真白に輝いていた。対岸の黒い松原蔭に、灯影がちらほら見えた。道路の傍には松の生い茂った崖が際限もなく続いていたadidas ランニングシューズ。そしてその裾に深い叢があった。月見草がさいていた。
「これから夏になると、それあ月がいいですぜ」桂三郎はそう言って叢のなかへ入って跪坐んだ。
 で、私も青草の中へ踏みこんで、株adidas スニーカーに腰をおろした。淡い月影が、白々と二人の額を照していた。どこにも人影がみえなかった。対岸のどの家もしんとしていた。犬の声さえ聞こえなかった。もちろん涸れた川には流れの音のあるはずもなかった。アディダス スニーカー
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ggy4d
読者になる
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ggy4d/index1_0.rdf