プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ggsjqrgulsyec
読者になる
2009年02月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
Yapme!一覧
読者になる
納棺師 / 2009年02月26日(木)
日刊スポーツ
◆「おくりびと」 納棺師を描いた「納棺夫日記」(青木新門著、文春文庫)を読んだ本木雅弘が滝田洋二郎監督に映画化を要望し、生まれた作品。モントリオール世界映画祭ではグランプリを獲得。日本アカデミー賞では、作品賞、監督賞、主演男優賞など10冠。 ...300






MSN産経ニュース
『納棺師』をテーマにした作品ですが、忘れられない思い出があります。 祖母は10年前から認知症を患い、ここ数年は同居する祖父に「ほかに女がいる」「私のお金を返して」などと怒鳴っていました。医師だった祖父は「僕しか見てあげられない」と辛抱強く付き添いました ...300







納棺夫日記の著者、青木新門さんは、冠婚葬祭会社で約10年間、納棺師として遺体と向き合っていたそうです。 納棺師は、死体処理係ではなく、死者が安心して「送る先」に行けるよう、死後の世界にいけるようにすることが大切であると語っていらっしゃい ...






山形で納棺師の仕事に就く。とまどいと少しの嫌悪感。それでも、遺体を棺(ひつぎ)に納める厳粛な儀式を重ねていくうちに、仕事に誇りを持ち始める。だが、周囲の理解は得られず、妻の美香は「汚らわしい」と言い残し、家を出ていってしまう。 ...







納棺師になりたい・・・納棺師になるための勉強をしたいのですが、詳しいこと教えて下さい。検定試験等にも興味があります。






納棺師の仕事をしようと思ってますが、実際の現場はどんなものですか? 当方人の遺体は見た事ありません。 こんな自分にもできる仕事ですか?






こんばんは。現在大学4年生(医療系ではない理系学部)ですが、あるきっかけから、医学を学びたいと強く思うようになりました。卒業後に医学部に入りなおしたいのですが、一つ情けない心配事があります。私は解剖という






初めての経験で、たずねる人もなく気にかかっています。病院で死亡した時、自宅まで連れて帰る時の衣服はどうすればいいのでしょうか?病院で用意してもらえるものでしょうか。それとも家族が用意して持っていくものなのでしょう







 
   
Posted at 11:19/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
  | 前へ  
 
 Powered by yaplog!