永見とツチブタ

February 27 [Sat], 2016, 18:30
看護師となるための国家試験は、1年に1回あります。看護師不足が問題となっている日本のためには良いことに、ここ数年の看護師資格試験に合格する確率はおよそ90%と非常に高い水準を推移しています。看護師資格取得のための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定の水準以上であれば合格可能な試験です。看護師の勤務の形態は、他の職業に比べて特殊である上に職場によっても変わります。一般に、2交代、もしくは、3交代のシフト制になっているという病院が大半です。2交代制が3割、3交代制が7割となっていて、3交代制のシフトの病院が多いでしょう。でも、2交代制の方が休みが増えるので、2交代制の方を求める看護師も多いでしょう。看護師の転職を成功させるには、未来のことを考えて迅速に行動することが大切です。それに、どのような条件を重視するのかを決めておくことをお勧めします。将来の自分の姿を明確にして、そのビジョンに合致した転職先の情報を集めてください。給与額とか職場環境、勤務形態など、自分にとって重要な条件もピックアップしておきましょう。看護師の夜勤は、16時間などの長い拘束時間となっていて、勤務中でも仮眠をとることが可能です。月に8回までと国の指針によって決められていますが、それを超えることが多いのが現状です。病院における看護師の勤務形態によっては、規則的な生活ができなくなったり、疲れて体調を崩す人が多いのも、看護師が長続きしない理由のひとつと考えられます。看護師の職場といえば、病院と考えるのがオーソドックスでしょう。しかし、看護師の資格を使える職場は、病院以外にも多々あります。保健所で、保健師の方と協力して、地域にお住いの方の健康上の様々なケアをするのも看護師の役割です。また、福祉施設の中には医師が常駐しているところは少なく、ほとんどの医療に関わる行為を看護師が行います。修学旅行やツアーなどについていって、怪我や病気に対しての応急処置や病院の手配をする看護師もいます。結婚していて、子供のいる人は土日に休めたり、夜勤をしなくてもいい職場を望んでいます。病院以外を職場とするのであれば、その職場に適した専門の知識を持っている認定看護師や専門看護師の資格があれば、採用されやすい傾向があります。世の中の高齢化が進んで、福祉施設であっても看護師のニーズは増してきているのです。それだけでなく、大きな会社になると医務室等にも専門の看護師がいて、健康に関する相談や健康診断、ストレスといった精神面でのケアを実施しています。このような事例の場合は、その会社組織の社員として入社をすることもありえるでしょう。看護師産業看護師とは、企業を職場とする看護師です。看護師と聞けば病院、クリニックの印象が強いですが、医務室などを設置している企業もあって、そこで仕事をしている人もいます。仕事の内容や役目は勤務会社により多様ですが、従業員の健康を守って、管理していくのは基本的な仕事でしょう。看護士になりたい理由は何がきっかけで実際に看護師を志望するようになったのかを交えるようにすると、イメージが良くなるものです。転職の際の志望動機はこれまでに蓄えたスキルを有効活用したい今以上に、人の役に立つ技術を取得したいなど、ポジティブな印象を与えられるようにしましょう。今までの勤務先についての良くないことは言わないようにしましょう。看護師免許を得るには、何通りかのパターンがあります。看護師免許を取るためには、国家試験を受験しなくてはなりませんが、いきなりは試験を受けさせてもらえません。試験を受けるためには看護専門学校(3年間)、看護系の短大(3年間)、看護系の大学のいずれかに通い、看護に関して勉強するという条件があります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:夏妃
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ggllehtaetsco5/index1_0.rdf