輸液の問題点を探る

November 23 [Sat], 2013, 20:42
他人が見つけた欠陥を見たり触ったりして、イメージトレーニングも大切です。
1分あたりの滴下数を調べたら、実際に1分間カウントして確認しましょう。
患者さんの健康状態を調べて治療に当たるわけですが、説明するのは医師の役目です。
看護師が点滴する場合は、点滴するためのセットの基本的な組み立てから始まりますので、患者に対して不快な思いや不安な思いをさせたりせず効率が良く、しかも安心感を与える行動を起こしたいものです。
輸液の管理は適当にすることなく、チェックしながら進めてください。
実際に行為に及ぶ前に、先輩看護師に確認するなどして問題のないようにすることも一つの方法です。
点滴をするにあたってまず必要なのは静脈路を確保することです。
看護師が知らなければならない点滴をしてはいけない人は、心不全の症状がある人、麻痺がある人、乳癌手術をした人などです。
看護師が点滴する場合、血管の静脈を探して針を刺すということなのですが、実はその静脈を探し当てることが結構難しいものです。
看護師として患者さんの痛みに気づき、少しでもいたい思いをさせないように考えることが大切です。
看護師のための輸液秘伝書
看護師のための輸液ABC
看護師のための輸液絵巻
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ggihpmwe
読者になる
2013年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ggihpmwe/index1_0.rdf