支那人入れてドツボに嵌る日本。 観光ビザ緩和

July 02 [Fri], 2010, 1:34
訪日観光ビザ、1日から緩和=人気上々、問い合わせ急増―中国
6月30日17時20分配信 時事通信
 【北京時事】個人旅行で日本を訪れる中国人に観光ビザを発給する条件が1日から大幅に緩和される。経済成長著しい中国では観光需要も高まる一方。富裕層に限定していた発給対象を中間層まで広げ、訪日観光客をてこ入れするのが狙いだ。
 条件緩和に合わせ、溝畑宏観光庁長官が同日、瀋陽(遼寧省)を訪問。日本観光の宣伝イベントを開催する。個人観光ビザの発給対象地域は、中国全土に拡大。個人旅行を扱う旅行会社も48社から290社に増え、日本政府関係者も「個人観光客が急増することは間違いない」と期待している。 

外国人の日本観光での経済効果は1.4兆円。GDPの0.3%。多少増えたところで、日本の経済における波及効果などタカが知れている。それよりも支那人を受け入れることで発生する治安の悪化の方が深刻で、メリットよりもデメリットの方が多い。今後、日本人が国内旅行する時に、支那人を受け入れているホテルや旅館などは敬遠されるだろうから、旅館業にとっても上客は逃げて行く。観光地では支那人が支那人目当てにホテルや旅館を買収するだろう。観光地の治安や、衛生状態は確実に悪化する。白馬村ではオージーがペンションを買収してオージー向けの宿泊施設を開業したが、保健所に無届で営業したりして問題になっている。当然、調理師なんか置いちゃいない。同じ事がより悪質な支那人によって日本中で起こりえる。支那人増やせば日本経済は活性化する????馬鹿言ってんじゃねえ!!! 政府の施策に乗る奴は馬鹿を見る。残念ながら日本の現代史を振り返ると、上記の説が当てはまる。その良い例が米です。戦後、米を増産しろと政府は発破をかけました。しかし九州のある村では、村長が村民を説得して回り、むしろ米を作らず果樹を植えたのです。そのうち米が余って価格が下落。しかしその村では、村民が遍くパスポートを持つくらいに豊かになりましたとさ。めでたしめでたしwという話も伝わっております。優秀な経営者であれば、支那人受け入れは考え直すことでしょうね。 日本経済は外需によって支えられてきたのではない。内需によって伸びてきたのです。ですから、内需を掘り起こす努力を先ずするべきです。
2010年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/gghtt55/index1_0.rdf