再会 

2012年11月17日(土) 13時10分
ほら、もうさ、また始めようか

鐘の音が反響して永久に
ループしているように聴こえる

嘘つきだって
今その耳に届く声は本当ですよ

それ以上に
例え何もかもを取り上げられたって
私たちが作ってない音楽とかこだわるなよ

ほら、締め切られた部屋で
エコーが響くよ

グルグル回るよ

反響音が私の耳に帰ってくると同時に
そのホールの薄く開いた重い扉の向こうに響き
増幅していくんだ

それがさ、きっと君の耳を打つよ
きっとどこの動画サイトにも残らない
バカみたいに体に力しかこもっていない空回りの声を

それで忘れられなくなるよ

泣いたってもう戻らない
二度と会うことのできない音楽を

その歌声を

その時、私はきっとこの言葉を言うよ

「ほら、ねっ?言ったでしょ」って

そして、忘れいたように言うよ

「あっ、・・・ただいま」

言ってよ、

「おかえり」・・・ってさ

アメーバへ(´▽`) 

2012年07月18日(水) 23時04分
まるり、ついにアメーバブログ始めました(´▽`)
もうそこでライブレポ、日常のこと、音楽のことを綴り始めています。



ついでにピグに世界にも入り浸っていますよ。
これがまるりのピグです(*´∀`*)
もしピグやってらっしゃる方、見つけたら気軽に声かけて下さいね(^ω^)
『くるり好きのまるり?』、と。

ここから飛べるんでしょうかね?
試しにまるりのアメブロのURLを貼っておきますじゃ↓

http://ameblo.jp/maruri0620/

かぷりちゃんマークが目印♫
まるりブログに興味のある方は、どうぞこちらまで✩


ほれでは、まるりはこれからアメーバの住人に…


まるりでした!どうもサンキューです(´▽`)

久保 修 切り絵の世界展 in 美術館『えき』KYOTO 

2012年07月14日(土) 21時50分
ちょっとがんばってブログを更新しようと思ってる、まるりです(´▽`)

最近更新が少なかったのですが、有り難いことにこんなブログでも見てくれてる人がやっぱりいますので、バンドの活動ではまったく関係無いのですが、私用で活用させていただいてます✩

もし別でまるりがブログをすることになれば、また追ってこちらで報告させていただきますので(^ω^)
分かりやすいように、コテハンでまたやりますよ。
実は結構、色んなとこに出没している、まるりとかぷりちゃんでした♫
FC2、youtube、ニコニコ動画なんかは頻繁です。
Facebookは本名ではあるものの、顔にかぷりちゃんを使用しておりますよん。


それでは本題。

短い連休第一日目、兼ねてから興味のあった、久保 修という切り絵師の展覧会へ。

とその前に、まずは京都駅内で腹ごしらえから(^ω^)



今日の昼食は、焼き茄子天ぷらそば御膳なるもの。
この焼き茄子とそばが絶妙に合って美味しかったんです!!
天ぷらも食べられて1200円。
まぁ、どこにでもあるそば屋さんのチェーン店ですがね、京都で食べるそばや焼き茄子はまた格別です。
場所、というのは何事も重要です(*´∀`*)

お腹も満たしたところで、いざ出陣。
と、駅ビル階段では祭囃子のような音楽を演奏している団体が。

おぉ、今日は祇園祭の宵山だ。

どうりで浴衣を着た人がチラホラ見えるはずだ。



気を取り直して、切り絵の世界へ!!

…正直、なめてました、切り絵。

『これがほんとに切り絵なの!?』と疑いたくなるくらい、ほんとに精巧で緻密で、時間も手間もかけて出来上がっております。
もうね、想像を絶するクォリティーに、息をするのを忘れるくらい、じーっと余すところなく作品を見つめているまるりが居ました。
見終わる頃には目が血走って、し忘れた息をはぁはぁとようやくするような、そんな1時間でした。
関西出身の人なんですかね?まるりの行ったことのある場所、身近な風景が非常に多かったので、親近感が湧きました。

その中でも特にうわぁっと思うのが、司馬遼太郎記念館の本棚。
こんな何気ないところを切り絵にするなんてっ…!!
久保修先生の手にかかれば、全てが芸術!!

瓦、格子、窓、タイルなどの幾何学の切り絵での精巧さはとくに素晴らしいと、まるりは思いました。

ここでいくら文字で書いても伝わらないので、関西圏に住まれてる人に是非これは見て欲しいと思います。
見終わる頃には、きっと切り絵の虜になってるはずですから…!!



久保 修 切り絵の世界展 -紙のジャポニズム-
美術館『えき』KYOTOにて、6月21日〜7月16日(月・祝)まで開催中!


興奮冷めやらぬうちに、甘味を求めて四条へ出ます。
すると、人!人!人!
おぉ、今日は宵山だ。



すでに歩行者天国と化しておりました。
まるりは祇園祭は行ったことありませんので、宵山とはいえども、その片鱗を垣間見ました。
これ、ほんちゃんもっとやばいんだろうなぁ、と。

行きつけの甘味処、高島屋の5Fにあります『月ヶ瀬』にて、クリームみつまめを食べ、糖分補給完了(^ω^)
はぃ、まるりは根っからのスウィーツ系男子ですけど、何か?
ここに来たときは、このみつ豆か、葛きりを食べるかの究極の二択がまるりを襲います。


帰りは突然の雨にさーっと降られましたが、無事に家に帰ることができました。


さて、本日のお気に入りの戦利品の紹介。



切り絵の展覧会で気に入った、朝顔の手ぬぐい。
他にも和傘の手ぬぐいもあったんですが、それはポストカードで買い、こちらにしました。
ほんとにうっとりと見とれてしまいます、これ(*´∀`*)

もちろん、このようにして飾ります。



泣く泣く、くるり手ぬぐいを外して、今日から夏場は久保修先生の朝顔手ぬぐいが部屋を彩ります(^ω^)

はぃ、今日は芸術に食に、非常に満足した連休一日目でした♫
昨日手に入った→Pia-no-jaC←×葉加瀬太郎のCDに聞き惚れるために、今日はこのへんで(´∀`*)

まるりでした✩

→Pia-no-jaC←×葉加瀬太郎 

2012年07月14日(土) 8時28分
セミがもう夏を待ちきれず鳴いているのを聞いて、ふと頭に野狐禅の『フライング蝉』の歌が流れる、まるりです(´▽`)
これは名曲ですよ。野狐禅、今は解散しているんですが、まるりの青春を支えてくれた数あるうちの、大切な音楽の一つです。
竹原ピストルさんのソロはまだ聴いたことがありませんが、いつか聴きたいと思います(^ω^)


とゆことで本題。




出ました、→Pia-no-jaC←×葉加瀬太郎による、『BATTLE NOTES』。

まさに今これを爆音で聴きながらこの記事を書いてるわけです。

まず曲を見て、度肝を抜かれました。
チャールダーシュ、アルルの女など、クラシックを3人のバリバリアレンジに加え、組曲『 』や情熱大陸などのお互いの持ち曲も3人アレンジ版で入ってるんです!
特に、情熱大陸に関しては今まで色んなアレンジは聴いてきましたが、この情熱大陸は…ヤバかっけえ!!

アルバムタイトルのとおり、全曲ほんとにBATTLEです。
もちろんカホンのHIROによる『オィ!!』も随所にふんだんに盛り込まれておりますよ(^ω^)

今回まるりの目玉は、ピアソラの名曲『リベルタンゴ』。
初聴きでタイトルを見ていないと、途中まで何の曲か分からないくらい、アレンジが施されています。
しかしここで気を抜いていると、途中からどえらい目に遭ったのは言うまでもありません。
こんなに激しいリズミカルなリベルタンゴは、聴いたことありません(;´∀`)
鳥肌が立ちっぱなしです。
この3人だからこそ成し得るアレンジなんでしょうか、聴くまではタンゴがどうなるなんて全く想像できませんでしたから。そうきたか〜!!って感じです(^ω^)
ピアソラさん、あなたの残した音楽は、今もこうして生きているんですよ!!


…この→Pia-no-jaC←×葉加瀬太郎のコラボライブ、大阪では万博公園の情熱大陸SPECIAL LIVEでやるんですが、またまた仕事で観に行くことができません゚(゚´Д`゚)゚
もうね、ストレスがたまります。
こんなに素敵な世紀のコラボを仕事の拘束によって逃してしまうなんて、考えられないですよ!

これ以上書くと愚痴になってしまいますので、このへんで✩


次のまるりライブ参戦は、7月16日(月)京都磔磔にて、踊ってばかりの国、撃鉄のツーマンライブ!!
夢の京都磔磔に行けるなんて、感激です。
ここは昔くるりもライブしておりますので、超楽しみにしております。


それでは、またたく間に過ぎ去る連休第一日目を京都で過ごしますので、行ってまいります(´▽`)

京都大作戦2012 2日目参戦!! 

2012年07月09日(月) 19時27分
熱狂的くるりファン代表、まるりです(´▽`)



早期チケ売り切れで諦めていた今年の京都大作戦。
しかしそれから後ほど、2日目にあのくるりが参戦するということを聞き、話は別になりました。
かくかくしかじかで、どうにかチケを手に入れて、まるりも去年に引き続き参戦することができました!

もうね、何よりも楽しみにしていたんですよ。
7月のくるりファンクラブイベントのチケが当たっていたんですけど、その当選メールを迷惑メールの中からよう探さなくて、チケ代金の郵便振込の期限を過ぎてからメールを発見。
目の前にチケを手に入れる権利を得ながら、泣く泣く行けなくなってしまったという悲しい出来事があったばかりで、随分と落ち込んでいたんです。

ので!『taurus』Tシャツを身にまとい、くるりバスタオルを巻いて、くるりファン代表もとい、熱狂的くるりファン代表のまるりとして、獅子奮迅の勢いで会場へ。猪突猛進ではありません(^ω^)
ファンクラブイベントに行けない分、一足先に思いっきりくるりを堪能です!!


余談はここまでにして。

トップバッターは『HEY-SMITH』。もうそのファンでメイン会場は埋めつくされていました。
最初から飛ばす飛ばす!曲が始まってからもうエンジン全開ですよ!
youtubeで軽く予習してたんですが、トランペットがそのノリに拍車をかけ、ものすごくかっこよかったんです。
オープニングを飾るくらいですので、勢いのあるバンドで楽しかったです。

適度にエンジンも温まり、メイン2組目は、『OLEDICKFOGGY』。
これ、まるり的に実はすごく好印象というか、今回出会えてほんとに良かった!と思えるバンドさんです。

楽器が非常に豊かで人数も多く、マンドリン、アコーディオン、ウッドベースなど、他には無い楽器が盛りだくさん。
そして曲が、カントリー?民族音楽?沖縄民謡?を彷彿とさせる曲から、ノリの良い曲まで、飛び道具も結構隠し持っているかんじで。
もうね、その楽器から鳴らされる音が、血を沸き踊らせるんですよ。
曲によっては、知らない間に勝手に両手を上げてカチャーシーを踊りそうになるような、そんなものもありました。

あれだけぎゅうぎゅうな人が蜘蛛の子を散らしたかのような閑散としてしまったメイン会場で、彼らは彼らの音楽をストイックに演奏するわけです。

しかも、余計なMC、一切無し!!

純粋に心から、『かっけぇ…!!』と思えるバンドさんです。
ボーカルの声も歌詞も、もうね、なんかしびれるんですよ。
大阪でやるようでありましたら、行ってみたいですね(^ω^)


そうそう、今回は5周年ということで、歴代のTシャツの柄のタペストリーが展示されていました。
これは記念ですよ!
まるりはこの舞妓柄が大好きで参戦してるのもありますから!








もう一つのまるりの目玉、サブステージの『tricot』。
ドラム以外が可愛らしい女子のバンドなんですが、彼女らの曲はえげつないノリで。
変拍子なんて当たり前で、それぞれのテクも秀逸で、そんな可愛い彼女らが出す音とは思えないくらい、熱いんです!
動画で見て一発で虜になってしまいました。toricotだけに…✩

客としても今までの京都大作戦にも来てたようで、ようやくこの舞台にたてたそうです。
や、次は絶対メイン会場でやるべきですよ!!こんなに熱く乗れるバンドをサブに置いておくなんて、考えられません。
めっちゃ可愛いし(*´∀`*)結局それかいっ。
生で体感できて、むっちゃ楽しかったです♫



山椒入りおにぎり(1個250円)を食べながら、後半戦に備えます。

や、去年より幾分涼しい方ですよ!ようやく晴れて西日がきつくなってきましたが、もともと焼くためにここへ来てるようなモンでもありますから、晴れ間が出て願ったり叶ったり。

何やら奥の方で明らかにケツメイシファンがたむろして、音楽をかけて男女がチャラく遊んでます。


中略して、ここからが本題。

ついに、くるりです(^ω^)

始まる前の音合わせでいきなり、『コンチネンタル』を一曲まるまるやりきって、それでもう涙がちょちょ切れてしまったまるりです。
やばい、ほんとにかっこいい…。

サポートドラマーのあらきゆうこ含むこの新しい4人(バンドマスター岸田、佐藤社長、濃いい吉田省念、FFことファンファン)体制のくるり、めちゃくちゃ輝いてます!!
1曲目、挨拶代わりに『ワンダーフォーゲル』で、くるりワールドを展開。
そのエリア一体を一瞬にして支配。
それからが、まさにツアーでやっている新曲のオンパレード!!

しびれるのなんのって、この4人+番長あらきゆうこの勇姿の、なんと神々しいこと!!

にわかファンを完全に置き去り、既出の曲も、そのあとは『ブレーメン』、『How To Go』しかやってませんでしたから!
もうね、それでこそ我らのくるりですよ。
そんなある意味人泣かせな鬼のセットリストをここでやってのける彼らが好き過ぎて、出た鳥肌が戻らないばかりか、涙で前がかすむかすむ゚(゚´Д`゚)゚

新生くるりの生々しい“今”を、確かにこの目で耳で、身体全体で、感じることができました。
そして、あらきゆうこさん、あなたの『スケベな女の子』のドラムを是非聴きたかった…!!
もうずっとくるりでやってくれないか??
これがまるりの七夕のお願いだ。


さて、その後はケツメイシ、ラストの10-FEETと続き、完全燃焼です(´▽`)

この京都大作戦、フィジカル過ぎます。
こんなに熱く激しく、素敵なフェスは他になかなかありませんよ!
ほんとに大好きです(*´∀`*)

ありがとう10-FEET!
行ける限り、体力がもつ限り、ずっとこれからも参加できたらと願います。

あまりの激しさに、リュックに付けていた、くるりの湯気湯気帝国ツアー缶バッチが衝撃で取れ、紛失する羽目になりましたが。くそう…

もっと色々書きたかったですが、とりあえずくるりのことを書けて満足してますのでこのへんで。


とゆことで戦利品!



ユーモアTシャツ、グリーンTシャツ。
余談ですが、なんか、今回Sサイズが規格が変わったのか、ちょっと大きんですよ。
XSがあったので、もしかしたらそっちがまるりの望む今までのSサイズなのかなぁって…。
ねぇ、先に言ってよそれなら(`・ω・´)

今回はバンドグッズ売り場も並んで買いましたよ!
くるりの最新、『Chilipeppar』Tシャツ!
これ、ここ京都大作戦で初売となる完全新作。これをいち早くゲットできて最高です(*´∀`*)

それと小物も。



シャトルバス特典手ぬぐい、キーホルダー、これも最新のくるりミサンガ。
やー、もう素敵なものが多すぎて困ります。


はぃ、去年も大作戦の記事も書きましたが、ほんとにこのフェスは、熱いです。
10-FEETファンのタフさに押しつぶされそうにもなるくらい、ほんとにパワフルでフィジカルな音楽好きが集まってるんですよね。
でも、この京都大作戦をみんなで盛り上げようと、楽しもうと、広く全国に伝えようと、みんなが京都大作戦を愛し、素敵なフェスであり続けるために、一丸となってるんですよね。

ゴミのことやマナー(はちょっと…)など、みんなで協力して成り立ってる、スタッフや出演者、客とが努力してる、そんなところがよく見えるフェスだと思います。
いつかそういうところが自慢できるフェスであると胸を張って人に紹介できるように、まるりも協力できたらなぁと思いました。

これでまるりの夏は、半分終わりました(´▽`)

ありがとー!10-FEET!



去年も書きましたが、会場の写真は撮ってはだめって、何回言わせりゃ…おっと、誰かが来たようだ。


あ、もう一つ余談。
帰り道のこと、家の最寄りの降りる駅で、京都大作戦リストバンドをしていた女性を発見。

向こうも気づいたようで、手を振ると駆け寄ってくれました。
名前も知らない初対面同士でしたが、そこからお互いが別れるまでの短い帰路の間、大作戦仲間としておしゃべり。
もう戦友です(´▽`)

そして、別れ際に言ってやりましたこのセリフ。

『来年、京都大作戦で会おう!』

…てね(^ω^)


去年、そうやって僕に言ってくれた名前も知らないあの人、今年は参加できたのかな…✩
そうであって欲しいと最後に願った、まるりの今年の七夕でした。

デッキシューズって 

2012年06月26日(火) 20時26分
あまりの激しい肩こりに、ついに人生初の鍼灸院へ行ってきた、まるりです(´▽`)

『ガチガチに固まってますね〜』と先生。
もう吐き気のするくらい痛かったもんですから(;・∀・)

そして帰ってからもまだひどかったので、奥の手。

『コリ○スグ』を2錠、飲みました。

これ、あんまり飲みたくないんです。
筋弛緩剤入りということで、これを飲むと固まった筋肉がゆっくりゆっくりとほぐれて痛みが徐々に…

て、僕にはちと強烈過ぎて、めまいがしてフラフラするんです(´ε`;)
平衡感覚をギリギリ保てるか保てないかくらい。

ライブやフェスに行ってどうしても背中が痛くなるので、これをその時に飲んだことがあるんですが、同じ症状、フラフラして立っていられなくなるくらい、まるりには効きすぎてるのかも!?

ので、今はまるで平衡感覚を失ってる状態で、ブログを書いてるわけです(;^ω^)
あうぅ、気持ち悪い。
できれば飲みたくなかった…

だいじょうぶか?まるり?



余談はここまでにして、

買ってしまいました、デッキシューズなるもの。



ちょっと可愛すぎるかなぁと思っていたんですが、やはりハーパンやロールアップパンツを履くときには、これが必須なのだろうと。

自分への誕生日祝いと称して、思い切って買って、若ぶって挑戦です(^ω^)
履ける機会は少ないと思うけど、これでこの夏は爽やかにお出かけできたら楽しいなぁ♫

矢田寺へ 

2012年06月20日(水) 19時11分
本日、誕生日の平日の休日をいただきまして、昨日から2連休となりました、まるりです(´▽`)

余談ですが、ここ最近ものすごいブログの閲覧数になってまして、なんでだろう〜と思っていたところ、先日BIG CATで開催されました『onion night osaka』のブログ記事を、onion nightスタッフ様から見つけていただいて、HPにて『嬉しいブログを発見しました→』と記事にリンクを貼っていただいたばかりか、Twitterでも紹介していただいてたんです゚(゚´Д`゚)゚

それでonion night の閲覧数がとんでもないことになっていたんですね!
こちらこそ、あんなに素敵なイベントがあるなんて、今の今まで知らなかった自分にほんとに後悔するくらいです。

この場を借りて、onion night関係者の皆様に、お礼を申し上げます。

onion night、最高!!
また踊りに行きますね!!(´∀`*)



さて、本日はあじさいで有名な、奈良の矢田寺へ。



ブログによると昨日見頃を迎えたとの記事があり、これは是非と思い。
再びE-P3が火を噴きます。がおー。



通路があじさいで埋めつくされている、という噂は本当でした。
あじさい園に足を踏み入れた瞬間、そこはもうあじさいのラビリンス(;・∀・)



どうやっていくんだろう、と少し考えてしまう道ばかり(^ω^)
こんな素敵な迷路は今まで見たことありません。



今まであじさいを見に行く、ということはしたことなかったので、どんな感じなんだろうと思っていましたが、この矢田寺、あじさいの規模が想像を遥かに超えてほんとにすごいです。

管理もさぞ大変なことでしょう。
こんなに綺麗な色を出すのに、苦労されてると思います。





やっぱり居ましたかたつむり♫
昨日の台風はだいじょうぶだったかな?(´∀`*)



よく探せば、結構いるもんです。
しかし他の虫もたくさんいましたよ(;´∀`)
あじさいにカタツムリは、最高の組み合わせですな✩



正直、あなどっていました(;・∀・)
こんなにあじさいに触れた一日はありません。

矢田寺のあじさいはまだまだ見頃は続きます。
臨時バスも駅から出ていますので、期間中アクセスは容易です♫


お腹も空いたので、食事を。



茶処『大久ら』さん。

ちょっと時間が遅かったのもあって、お客さんもまるりが入った時は一人でした。
そこで日替わり定食をいただきます。



『若い兄ちゃんのお口に合うかしら』と気さくに声をかけてくださいました。
いやいや、これ、ほんと優しい味でおいしかったですよ!!
じんわりと体の奥に染み渡る懐かしいお味で、無我夢中で食べている自分がいましたよ。

体に健康そうな新鮮野菜を使った手作り料理、御馳走様でした♫
また来たときは立ち寄りますね(´▽`)
店内は静かにジャズが流れていて、とってもムーディーでした✩

ふと壁に目をやると、芸能人が来であろう色紙がいくつか飾ってありまして、その中の一つに目を奪われました。



あ、ジッペイが来たんだ♫
思わず店員さんに聞いてしまいました。
その場で手描きでささーっとイラストを描くそうな。

でも、たいがいあじさいの咲く時期に来るものなのに、ジッペイさんは11月の寒い時期に…。
どうしたんでしょうね、読売テレビさん(´ε`;)?


…はぃ、32歳の(言ってしまった…)誕生日を、あじさいに囲まれて過ごしたのは初めてでした。
おいしい定食も食べられて、まるり的には満足のバースデーです(´▽`)

音楽に遊びに仕事に、一日一日を充実して過ごせる32歳になるといいなぁ。

まるりでした!!



あ、まるりは青いあじさいがお気に入りのようです♫

初の京都水族館へ♪ 

2012年06月19日(火) 19時02分
職場が創立記念日で休みになるというミラクルで、平日の休日をいただいてる、まるりです(´▽`)

でも、台風4号なんですよね。
ついてないというか、でも、この機を逃す手は有りません。



行って来ました、念願の京都水族館!!

台風効果&平日のためか、あれだけ人が多いと言われた京都水族館が、なんともスイスイ♪

愛機のE-P3も火を噴きますよー。がおー。



まだ出来て間が経ってないないんですが、ほんとに美しいんです。
魅せ方がいちいち綺麗なんです。
竜宮城に足を踏み入れたかと勘違いするくらい。
決して言い過ぎではありません(^ω^)



水族館の中は至ってシンプルで、コンパクト。
その中で京の川ゾーン、かいじゅうゾーン、ペンギンゾーンなど、テーマごとに複数のゾーンに別れてます。
ので、人の噂によると、1時間ほどで回ることができると聞いておりましたが。

まるりはこれを全部回るのに3時間かかりました。
楽しみすぎ?



ペンギンはすごいです。
真下からこうやって見られるのはここだけ?



ほんとに昔、鳥だったというのがうなずけます。
海を飛んでいるのですから。



もうね、まるりのこの水族館の素敵だと思ったのが、その魅せ方。

ただの珍しい海の生物の詰め合わせの展示、ではないんです。



『水といのちの繋がりの尊さ』を楽しみながら学べるというコンセプトが非常に気に入りました。
ここは一滴の水のしずくから始まる、水の生物の物語を、見て知って触れられる水族館なのです。

と、こんな感じでパンフに(;´∀`)

↑↑あ、ごまちゃん超かわええす♫



雨が山に染み込み、それが川となり大河となって海へ出て…それぞれの水の中で生きる生物の物語を、自然の大切さと一緒に紹介しております。



特にまるりが感動したのが、イルカスタジアム。



ここでのイルカショーは、曲芸を見せるためのものではありません。
『並外れた身体能力や自然な行動を発揮させる展示』というコンセプトなので、とってもイルカが自然体なのです。
それをお姉さんがイルカの習性や体の特徴を説明しながら、指導員さんの元で一緒に学習していこうという場なのです。
その一環として、ジャンプなどをしてみせる場面もありますよ、ということなのです。

注目なのは、何気ない指導員さんとのやりとりや、ショー(という言い方は嫌い)が終わった後の、イルカたちの自由な行動。



もうね、涙が出るくらい人懐こくて、自然で、そして、生き生きとここで暮らしてるんだなぁというイルカの姿を見ることができるんです。
ほんとにまるりは感動してこっそり半泣きになってしまいました゚(゚´Д`゚)゚
めちゃくちゃ癒されてしまい、時間が経つのを忘れるくらいそこでイルカ達の戯れる姿を眺めてしまいました。
イルカセラピーというのがあるそうなので、これはほんとに癒しです。



はぃ、ここは他の水族館にはなかなか無いモノがあります。
『楽しかった』だけでは終わらせない、ちょっと身近な自然のことから考えさせられる、学習型の水族館です。

また行きます(´▽`)
みなさんも、京都へおこしの場合は是非お立ち寄りを♫

最高の水族館の一つと言えるでしょう。

まるりでした!

onion night OSAKA in BIGCAT 

2012年06月15日(金) 21時01分
夕方、とてつもない眠気に襲われてグロッキー状態だった、まるりです(´▽`)

その原因はこちら。


onion night lv24 in BIGCAT


出演は、Mop of HEAD、のあのわ、撃鉄、SAWAGI の4組。

もちろん目当ては撃鉄です。
このイベント、うっすらとしか趣旨を知らずに参加したのですが、素晴らしくいい意味で、どえらい目に遭いました。

youtubeでその様子をちらっと見たんですが、そこでは何やらDJが場を盛り上げて楽しそうな雰囲気です。

会場に着いて入ったとたん、youtubeの画面と同じ光景が広がっていて、もうDJがミュージックをかけて、雰囲気を作っていました。そこでまるりは勘づきました。


『…あ、踊っていいんだ』


スイッチが入った瞬間でした。

ZIMAをちびちび飲みながら、徐々に上がってくる周りの『踊るぞーっ!』というテンションに、もう始まる前から体が勝手に動き出すのを止められません。

トップバッターはMop of HEAD。
これがまた全曲インストで、しかも全部ダンスミュージック!

これがまるりの望んでいたライブのスタイル!
知らないバンドでも曲でも、もうそこはダンスホールと化しているので、関係ありません。
そこでやっとこのイベントを体をもって知ることとなりました(*´∀`*)

のあのわ、撃鉄と続き、最後はSAWAGI。
余談ですが、撃鉄の曲はCDは持っておらず、ほとんどライブの現地で覚えてしまうくらい、行ってしまってます。
今回は一際好調で叫びました(´▽`)


転換の間もDJが曲をかけて、全く休む間もなく踊り続けます。

えらいこっちゃえらいこっちゃ。

踊るアホウに見るアホウ、同じアホなら踊らにゃ損、損。


ここ最近のこの手のイベントに行くと、もう知ってる顔の人が出てきます。
あ、あの人も来てるんだ。
この人も見たことある。

なんてことが(;´∀`)


そしてその人たちが実は結構中心となって、場を盛り上げてるんですよね!
知り合いが沢山いて、老若男女、どうやって繋がってるの!?ってくらい顔見知りばかりのようで、一種の祭りの踊り連のような感じになっていました。

まるりもその中にこっそり紛れて、踊り倒しです。
これこそがライブの楽しみの醍醐味!
知らない人でもその時だけは同じ音楽で楽しむ仲間!
汗を飛ばしながら、ぶつかろうが足を踏んでしまおうが、そこはそういう場なのです。

そして暗黙の了解として、こけて倒れた人がいると、全員で速攻で助けます。
そうなった時の悲惨さは、みんなも重々承知で。

そして落とし物を発見したら、曲が終わってから大きな声で『○○落とした人!!』と、バンドさんがしゃべってても、それが優先となります。

素晴らしすぎるこのダンスイベント、もうこれでもかと言うくらい、乾く間無く踊り倒して大満足(´▽`)
格好なんか全く気にしません。
自分の好きなダンスで、みんなと一緒に我を忘れて踊りまくり。

そして、こんなにZIMAを美味しいと思った日は他にありません♫


最後のSAWAGIが終わってから、『まだ踊り足りない人は、もうちょっと踊って帰ってくださいね〜』とDJがまだやります!
そしてそのいわゆる踊り連的な人たちが何曲かやった後に、ある音楽でおんなじ振付で踊りだしたのです。
もうこのonionnightではお馴染みなんでしょうか。

そこがまるりが踊り連と呼ぶ所以でしょうか(^ω^)
一緒になってその踊りを真似て輪に入って…もう最高です。
ちょっと覚えてしまいましたもん。

気がつくと夜の10時半。
4時間ほど、ノンストップで延々有酸素運動をしたわけですから、汗だくでもうめちゃくちゃです。

今まで行ったライブイベントの中で、トップクラスの満足度じゃないでしょうか。

このonion nightは邦楽メインのロックDJ&LIVEイベントとして2008年に始動し、今年で4周年を迎えてその記念イベントとしてBIGCATでスペシャル版で開催。

そこに撃鉄を加えて参加できたまるりは、超幸せでした(*´∀`*)


完全にノリで買ってしまった、onionnightのTシャツ。



今日はこれを着て仕事してしまいました(;´∀`)

onion night、また色んな会場でやるみたいなので、また参加したいです。

あぁ、最高…(´∀`*)

JAPAN CIRCUIT WEST 『山崎死闘編』〜6.9の日〜 

2012年06月13日(水) 23時47分
風邪がなかなか思うように治らない、まるりです(´▽`)

のどがもう痛過ぎて、声を出すのが苦痛なくらいひどくなりかけてますが、ここは倒れてる場合じゃありません。



さて、少し日にちは経ってしまいましたが、JAPAN CIRCUIT WEST 『山崎死闘編』〜6.9の日〜ということで、なんばhatchへ。

今年で50回目を迎えるこのイベントだそうで、まるりは幸いにも今回で2年連続参加です(^ω^)

出演は、宇宙まお、The Mirraz、plenty、andymori、BIGMAMA の5組。


もちろんまるりはandymori目当てです。
名古屋まで追いかけるくらいなので、出演するイベントには病気のように足しげく参加(*´∀`*)


…今回の組み合わせ、なかなか素晴らしいものだったんじゃないでしょうか!?

一発目の宇宙まおちゃん、めっちゃ可愛いです!
写真やプロモで見るのとは全然違う雰囲気で、その全体から伝わってくる彼女の頑張ってますオーラに、知らず知らずに引き込まれてしまいました。
きっとまるりの好みなんでしょうかね(;^ω^)

全体的にこれからの音楽を支えていく若手ぞろいで、またそれぞれが音楽に独自のストーリーをしっかりと持って発信しているアーティストばかり。

大きく言えば、andymori、The Mirraz、BIGMAMAの3組のファンが占めていたんじゃないでしょうか。
Tシャツを見ればそんな感じでした。

いやしかし、なんともパワフルなイベントでしたよ。
最後のBIGMAMAではまるりも完全にトランス状態でしたから(´▽`)
ロックとクラシックの融合された新感覚な音楽が、聴く人の体を突き動かします。
不思議な組み合わせではあったものの、めっちゃ楽しかったと、難しい言葉抜きに一言で言い表してしまうくらい良いものでした。

こんな素敵なイベントを開いてくれた山崎さん、いつもほんとうにありがとです(´∀`*)

そして今回の戦利品。



今年のTシャツ、めっちゃかっこいいんです!!
HPで見てずっと欲しい欲しいと思って、会場で速攻で買いました。

それぞれのアーティストのフロントマンの持つギターがプリントされてるんですね〜。
超かわいくて、オシャレです(*´∀`*)



裏面もこんな感じで。

これが早いうちに完売してしまったそうで、買えなかった人は残念がっていました。
普段着でも着てしまいそうな勢いですよ。
今まで買ったライブTシャツの中でも、上位クラスのお気に入りです♫

…はぃ、明日はBIGCATにて撃鉄のライブですので、風邪も早く治すためにもここらへんで(´▽`)
また報告いたしますね。


あ、いつもブログ見ていただいてる皆様、ありがとです。
まるりでした!
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:gga
  • アイコン画像 職業:専門職
読者になる
Grapefruits Garden Airのメンバー☆

ギター&ボーカル:
ユウキ
ベース:【まるり
ドラム:【大ちゃん
鍵盤:【ひっぴー

ニコニコ動画
youtube』に動画もあるよ♪
是非見に来てね!
検索は『GGA』で!
http://yaplog.jp/ggaweb/index1_0.rdf
Yapme!一覧
読者になる