シマノのカレンダー 

December 19 [Mon], 2011, 21:41
毎年手に入れているシマノのカレンダー。
来年2012年用のカレンダーがずいぶん遅れていたんだけどやっと入手できた。


かつてここ数年で一度だけ、曜日で並んだ書き込みもできる縦型のカレンダーだったこともあったが、ここしばらくは2ヶ月1枚、日付が下段一列に並ぶスタイル。
カレンダーとして飾るというより、季節ごとの自転車の写真を飾るというイメージなんだろうね。


またまた筑波山 

December 18 [Sun], 2011, 22:55
きょうも一日の時間の合間をうまく使うべく、時間のないときのここのところの定番となりつつある筑波山へ出向いた。

山の色がわかりやすい。紅葉がずいぶんふもとのほうに下りてきた。中腹の筑波山神社から上はもうさすがに終わっている様子だ。

りんりんロード筑波駅からスタートし、筑波山神社入口を経由し風返峠へ向かう。
本日はさらに短縮版でつつじヶ丘にも上がらず、そのまま表筑波スカイラインを通って不動峠、不動峠からつくば市側へ降りるというコースだった。

≪ひと息@風返峠≫

昼時で日差しが暖かかったので、長そでアンダーのうえに半そでサイクルウェアで登った。
くるくる丸めてボトルケージに突っ込んでおいたウィンドブレーカー(自転車用じゃないんで、ポケットに入るほど小さくならない……自転車用、欲しいなぁ)を風返峠で着込み表筑波スカイラインへ向かう。
ウィンドブレイク素材の長そでサイクルウェアでなくてもきょうは大丈夫だった。
──でも、意外と気温も低かったと思うけどなぁ。わりと真冬のどん底の気温でなければ、この長そでアンダー+半そでサイクルウェア(背中のポケットが使いたいから)+ウィンドブレーカーのスタイルでいけてしまうのかな。

ずいぶんと筑波山には自転車乗りがいた印象だ。こんなに寒いのに。
その走るなかで、僕は遅いから何人も抜かれていって不思議ではないだけど、そうでもない。
逆にすれ違っていく人ばかり。

筑波山神社への登り、そこから風返峠への登り、その途中何人もの下ってくる人とすれ違う。
風返峠から表筑波スカイラインに入るとさらにすれ違う人が増える。みんな風返峠へ向かっていく。
不動峠での表筑波スカイラインの立体交差を下にくぐり、つくば市側への下り坂へ向かうとまたさらにすれ違う人が多くなるのだ。何人ものグループで登っていく人たちも少なくない。

つまり僕が取るコースとは逆方向に走るのが一般的なのかな。
一度その方向で走ってみるのもいいな。

ゼリーフライ 

December 17 [Sat], 2011, 14:10
この冬いちばんの寒さか……。
確かに朝、家を出た瞬間震え上がるようだった。

ゼリーフライを食べに行こう、と急に思い立った。

聞きなれない名前だけど、埼玉県の行田という地に古くからあるローカルフードだ。
最近はB級グルメなんかのイベントでその名もずいぶん知れてきたと思う。

ゼリーフライとは、その名前からでは到底想像のつかない、おからを揚げた食べ物だ。
行田にはこれとは別にフライという名のローカルフードもあって、こちらもその名前からは想像のつかない、お好み焼きやチヂミにも似た食べ物もある。
いずれも、どうしてそんな名前で呼ばれるようになったのかは諸説あると聞く。僕は双方とも詳しくはないので、食べる専門だ。

などと言っていても、まずは行田まで出かけないことには始まらない。

行きは上越新幹線沿いに進路を取った。
このあたりの地理には明るくないので、あてずっぽうに新幹線を眺めながら走ってみた。


典型的な冬晴れは風もあって顔が冷たい。もう10時を回っているというのにまだ影が長いのが印象的だ。

新幹線と何度かすれ違う。
列車が通るのを眺めるのは楽しいが、残念ながら高架橋の防音壁がかなり高いので屋根のほうしか見えない。それでもMAXやE2、むかしながらの200系、高速で走っていく新幹線を眺めることができた。

いつまでも新幹線とつるんで走っているわけにもいかない。やがて国道17号熊谷バイパスに取り込まれてしまう。
それは嫌なので大型トラックが高速で走りぬける幹線道路が遠めに見えてきたところで新幹線を離れ県道を探した。

そのあたりまでくると行田はすぐだ。
古墳公園を過ぎ、街中に入ると水城公園という池を囲む公園がある。


さあ目的のゼリーフライにしよう。
この水城公園のふちに駒形屋というゼリーフライを出す店がある。


ゼリーフライはひとつ60円。大きさから言うとふたつみっつ食べても問題ないけれど、まだお昼でもないしゼリーフライでお腹を満たすこともないので、ひとつ食べる。


行田からの戻りは久しぶりの見沼代用水にした。
行きか帰りかのいずれかにしようと思ったのだが、この道を帰りに選んだ。

見沼代用水沿いのヘルシーロードは、田んぼの真ん中を行くため基本的に吹きっさらしで、水路が風の通り道にもなっているようで、特に冬の日には強い北風が吹くのだ。
きょうもまさにその通り、風が北から南、利根川のほうから大宮、川口のほうへ向かって吹いていた。
したがってここを走るなら北から南に向かって走ると強い追い風に乗れることが多い(冬型の日)。
ありがたいことに結果その通りとなり、楽チンサイクリングになった。


朝は寒いけど…… 

December 14 [Wed], 2011, 23:48
夜、少し自転車に乗りに出ると、予想しているよりも寒くなかった。
むしろ少し走っていると汗がにじんでくるほど。

ここのところさすがに朝は寒くて、コートに首をすくめてしまうほどだけど、夜早い時間であればそれほど寒くはないんだね。
これは昨日にしてもきょうにしても。

ただ足は寒い。手には防寒手袋、体はシャカシャカ素材のジャージ、なのに靴はいつものまま。しもやけ持ちの僕としてはつらい。
──そしてそれに出かけてから気づく。

シューズカバーはしてきたほうがいいな。


今日はレイクタウンまで来た。

wiggleから届いた 

December 12 [Mon], 2011, 23:54
土曜日、wiggleで注文していた冬用のウェアと手袋が届いた。
実質暦日8日。これなら許容範囲か。
というかナチュラムの一ヶ月以上も待たされたうえ、さらに「在庫が確保できないためさらに遅れる」という連絡のほうがさすがに常軌を逸している気がする。

さて海外通販品でいちばん問題になりがちなサイズ。
まず手袋。これは僕が使おうと思い購入したもの。dhbの Amberley II Gloveというものを買った。僕は中指の先から手のひらまでおよそ18cmと少しといったところだが、頼んだサイズはS。

実際にはめると、うまい具合にぴったりだった。
冬用にはよさそうな生地で防風性もありそう。防寒性は実際に使ってみて、ってところかな。
ただ、僕は指が短いので大丈夫なのだけど、一般的な指の長さの人であれば、指の股の部分が短いんじゃないだろうか。手首の部分は腕のかなり細い僕でもぴたっとするので、指の長さでサイズを決めるか、腕まわりでサイズを決めるか正直難しいかも。

それから冬用ウェア。
これは長男が着るために買った。同じdhbのCore S Jersey。
長男は身長がおよそ168cm(まだ伸びているようでもあるので正確にはわからず)、こちらのサイズはS。

う〜ん、微妙。
ほかのdhbのレビューで見たこともあったんだけど、それらと同じ。腕の長さが長い(実際あまるくらい)わりに、丈が短い。
本人は気に入っているようで、これで着てみるとは言っているが、背中が出てしまうのでは?

生地は、表地が一般的なウィンドブレイクジャージに使われているような素材。裏地はフリースかな。位置づけ的には一般的な長そでサイクルウェアといった感じだろうか。ウェア自体は暖かそうだ。
ポケットも3分割があって使いやすそう。
やっぱり気になるのは丈の短さかな。外国人ってそんなにも腕が長いってことなのだろうか。

そしてきのう、欠品にて出荷が遅れていた女性用冬用ウェアが出荷された模様。
こちらもまた楽しみ。

冬のよそおい 

December 11 [Sun], 2011, 23:06
きのうのサイクリングは朝天気予報を見たときに最高気温でも9度。もう冬だ。
それでも日なたで自転車に空気を入れていると「ウィンドブレーカーでも行けるんじゃないの?」なんて思わせる日差しの暖かさではあった。

実際にウィンドブレーカーで走っている人も見た。サイクリングロードだけなら日陰も少なくてありかもしれない。

きのうの格好は、上は半そでのアンダーの上に長そでのあったかアンダー、その上に半そでサイクルウェア──これは背中のポケットが使いたかったから、そして長そでのウィンドブレイクジャージ、という真冬のスタイルだ。下はあったかタイツの上にハーフのレーパン。
ちなみにきのうの「あったか」は、上下ともしまむらのファイバーヒートだった(たまたま手に取ったもの)。

日差しのもとを走る間、それこそウィンドブレーカーの人もいたくらいなので、確かに僕も汗をかいた。少し暑いかなと思うほどだ。
しかしウィンドブレイクジャージの欠点は脱げないことだ。脱いでも入れておくポケットもない。バッグでも持っていれば別だけど。
薄手の重ね着だとこういった場合に脱ぎ着で調節が利くのかな。

鎌北湖 

December 10 [Sat], 2011, 23:55
本当は三浦半島でもぐるりとめぐりに行こうと思っていた。
地図も印刷して車のデポ地もおおよそ目星をつけていた。

しかし妻が仕事の関係で車を一時的に使わなくちゃならない。当然仕事上でのことなので時間も決まってしまっているから遅れることもできない。
結果として僕はきょう車を使うことができなくなってしまった。
そこで別のコースを考える。輪行もありだけどきょうは長女の誕生日でもあるので夕方には帰ってこなくちゃならない。それよりも、どうもここのところ浪費が激しいようで、輪行する経済的余裕がない。
ならば鎌北湖あたりでも行ってこようか。根拠もないけど。
距離を測ると110キロと少し。妻の仕事と同じくらいに出れば、夕方には戻ってこられるだろう。

そう考えていたのに妻より出発が遅れること一時間。9時になってしまった。
それでも日陰には結氷した水たまりがいくつもあった。


寒いわけだ。
そのぶん空気は澄んでいて、おまけに快晴なもんだから、荒川の開平橋の上から富士山がくっきりと見て取れた。


さてきょうのサイクリング、久しぶりに激しいひざ痛に見舞われてしまった。ちょうけい靭帯炎だ。
鎌北湖に向かうずいぶん手前、坂戸のあたりでもうすでに相当痛くて、行くのやめようかとすら思ってしまった。それでもせっかくきたのだからと貧乏根性でそのまま進んでいった。
毛呂山から鎌北湖へ向かう道へ入ると傾斜が始まるのだけど、もうその時点で痛くて仕方がない。止まって屈伸をしたりストレッチをしたりしてごまかし、再び自転車に乗る。

鎌北湖はちょうどいい具合に紅葉していた。
ちょうどいいというよりはさすがに終わってしまっている感も否めないが(何しろ真っ赤なもみじの葉が路面中に落ちていたから)、静かな場所でいい雰囲気だ。


ただ観光地としてある程度売り出している場所であるにもかかわらず、人のいなさ過ぎなのがいささか寂しい。

さてこのまま来た道を戻るのは性に合わないので、奥武蔵グリーンラインの導入部、権現堂林道を少し回っていくことにした。少し登って、高麗川に下りていこうという考えだ。
ひざのことを考えると全うな考えではない。
林道に入ってすぐのところに急な勾配がある。ひざをかばっていたのか、立ち漕ぎをしていたら大腿四頭筋(ももの前側の筋肉)が悲鳴を上げ、挙げ句つる寸前まで来てしまった。帰り道もあるのにまったく無計画過ぎ。

予定していたコースはこんな感じ。

しかし実際にそこまでたどり着いてみると、バリケードで完全に封鎖されていた。


これは困った。この林道をぐんぐん進んで奥まで行くにしたって限界があるからだ。夕方に家に帰れなくなってしまってもいけない。
地図を眺めているとほんの少し先まで進んだところでまた分岐があるようで、それを降りると高麗川ではないが、西武線の武蔵横手駅あたりに降りられそうである。
いざ行ってみた。

すると分岐が現れ、親切なことに「武蔵横手」を示す看板が付けられていた。


国土交通省直轄ではない林道ではありがたい案内である。
そこから分岐側を取り、ひたすら坂道を下っていった。
そのルートはこちら。


ずいぶん下ったような気がする。時間がかかったような気がする。
が、それでも無事国道299号に出た。
逆にここから林道へ入っていこうと考えるなら入り口はこんなところだ。


わかりにくっ。
せめて他のところと同じように、「顔振峠」とか「県民の森」と書かれた案内でもあればいいのに。

そして出た場所は、まさに武蔵横手駅のすぐそばだった。


家に帰ってからのひざは、やはりやり過ぎてしまった……夜になっても痛みがほとんど引いていない。
ここのところのちょうけい靭帯炎はその日の夜には痛みもずいぶん治まるということが多かったのだけど、残念ながらきょうはそうはなっていない。
大腿四頭筋だって帰り道完全に倒れてしまうつりを起こす直前くらいのレベルで、ちょっとした坂でも立ち漕ぎができなくなってしまった。ちょっとでも立ちこぎしたらつって倒れてしまうのが目に浮かんでいるほどだった。
おかげで帰り道はしんどいのなんの。もうペダルをまわす気力もほとんど残っていない。

それでも紅葉も見ることができてなかなかの道中だった。




wiggleでの注文 

December 08 [Thu], 2011, 21:34
wiggleで冬用のウェアと手袋を買った。
3点のお買い上げで2点は在庫あり、1点は欠品中。分割発送になっていた。
日本の多くの通販だと商品がすべて揃うまで発送を待たされるか、分割発送となると送料が別途かかるというところがほとんど(というかそういうところしか見たことない、かな)。
今回、8千円強のお買い上げで送料は無料。確か7千円前後から送料が無料になる。それが在庫都合で分割発送になったということで個々の送料はかからないみたい。日本の通販を利用して慣れていると驚く。

もともとナチュラムで冬用の手袋を注文、10月半ばに発注したがその2日後に来た納期回答のメールが12月1日。最初11月の1日ではないかと目を疑ったが、どうも間違いではないらしく11月になってもやってこない。
さいわい、今年の11月は暖かい日が多く、素手で走ったり百均イボ軍手でも平気だったので注文を出したことすら忘れるほどだった。
12月1日にメールが来たことで注文を思い出したくらい。
「上記商品の入荷が遅れております。入荷日がわかり次第、再度出荷予定日をご連絡させていただきます。恐れ入りますが、今しばらくお待ちいただけます様お願い申し上げます。」
さすがにこれだけ待たされて冷静ではいられず、それでも表面上は冷静さを失わないようにと一日だけ待って、翌日注文ページから状況がまったく変わっていないことを確認すると即座にキャンセルした。

その場でwiggleに注文し、翌12月3日、「次のアイテムは梱包が済み、発送の準備が整っております。数日以内に当社より発送されます。」とメールが来た。
あれから一週間。
早いこともあれば時間のかかることもあるみたいだからしばらく待ってみるしかないけど、国内通販で荷物追跡ができることに慣れてしまっていると果たして今どこにあるのか、このあたりがちょっと気がかりになる。
まあ果報は寝て待てということか。

かんとうみんてつスタンプラリー 

December 06 [Tue], 2011, 22:45
スタンプラリーを自転車でやるのはかっこうのネタではあるのだけど、実際にやったのは道の駅スタンプラリーくらい。
ネタとしては盛り上がるが、お金をかけてやるほどでもないと考えてしまうと、博物館や公園ものだとかグルメものはどうしても除外してしまう。
鉄道ものも実はそうで、スタンプが改札内にあるとそのたびに入場券を買わなくちゃならない。
そんなわけで鉄道もののスタンプラリーがあるたびに見てはいたのだけど、実際にやることはなかった。

そんななか、こんなスタンプラリーを見つけた。


(かんとうみんてつスタンプラリー)

このスタンプラリー、実際にスタンプを押すのではないようだ。
どうやら対象箇所にはQRコードがあり、そのQRコードからウェブアクセスすることでスタンプを押したことにするみたい。
しかも設置場所はざっと見た限り「改札付近」となっているところが多く、であるなら改札内であってもうまくすれば手を伸ばせばQR読み取れるんじゃないか?──などと思った次第。
──ってか、10月20日からやっているのか。知らなかった。

スタンプラリーをやっても別に商品が欲しくてやるわけではないので、道の駅のときもスタンプで埋めた台紙は応募せずに捨ててしまったのだけど、プレゼントがらみのルールとして、
・3つ集めると専用サイトから「3スタンプ賞」に応募できる
・「3スタンプ賞」の応募をしたうえで、2つ加え合計5つ集めると専用サイトから「5スタンプ賞」に応募できる。
・3ヶ所以上、5ヶ所以上の達成賞に当選された方の中で「お楽しみ駅」を2駅以上クリアされた方は特別記念グッズを進呈
・全39駅を制覇された方全員に「関東みんてつ応援団認定証」を進呈
といったところ。

結願(四国八十八ヶ所にたとえて言うなら)は難しいだろうなぁ。
何しろこんなスタンプラリーをやっていることに気づくのも遅れたのなら、当然ながら期限もある。最終は来年の1月24日(木)だ。
輪行を駆使したとしても、いちおうの「マイ・ルール」として輪行はその日の行き帰りのみとしたい(──じゃなきゃ、素直に鉄道に乗ってスタンプラリーせよ、ってことだ)し、何しろぱっと見ただけでも次の難所がある。
・上信電鉄株式会社★ 上州富岡駅 駅入口付近
・野岩鉄道株式会社★ 川治湯元駅 改札付近 (かわじい名誉駅長銅像付近)
・ひたちなか海浜鉄道株式会社★ 那珂湊駅 駅待合室
・銚子電気鉄道株式会社★ 犬吠駅 構内売店付近
・富士急行株式会社★ 富士山駅 改札付近
・伊豆箱根鉄道株式会社★ 大雄山線大雄山駅 改札付近
・箱根登山鉄道株式会社★ 強羅駅 2番ホーム改札入口付近(脇)

最後の三つは小田原まで輪行して、大雄山→強羅→富士山ってのもありかなぁ。
まぁ近所ならやってみようか、ってくらいかな

寒い強い雨 

December 03 [Sat], 2011, 23:16
夜中寒くて何度か起きた。
朝、窓の外はざあざあ降りの雨。
何もする気が起きん……。

娘が午前中の部活から帰ってきて、午後から友達と映画に行くという。
そうそう、きょうからアニメ「けいおん」の映画。初日。
妻の勤め先の浦和美園に連れてゆき、入れ替わりにちょうど午後仕事から上がった妻と合流。


コーヒーブレイクと買い物をしながら映画の終わりを待つ。

映画が終わると、絶対に取れもしないとわかるクレーンゲームに無駄金をつぎ込む。

平沢憂(←主役ではない子)オンリーのクレーンもあるんかい。

そしてこの記事自身もまた無駄だ……。
P R
2011年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:TN
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 趣味:
    ・自転車
    ・鉄道
    ・旅行
読者になる
最新コメント
アイコン画像ひたちなか海浜鉄道
» かんとうみんてつスタンプラリー (2011年12月08日)
アイコン画像もえもえ
» 朝マック (2008年08月04日)