看護師の実態とは

June 08 [Sat], 2013, 17:43
「09年看護職員実態調査」から、毎年10万人以上が離職しているということがわかるが、その理由として考えられる20〜30代の悩みのトップは「医療事故を起こさないか不安である」だ。40代後半から50代前半は「業務量が多い」が首位を占める。看護師の大半は、病床を抱える医療機関で仕事をしています。

看護師の離職が多い?
入院している患者さんがいれば、そこで仕事をする看護師にも夜勤があるわけですが、日勤と夜勤が入り乱れた不規則な勤務形態によって、体調を崩してしまう人が多いのだそうです。有給休眠取得率は46%で、5割以下にとどまる。平均超過勤務時間は09年は19時間23分と01年比で1時間21分減少したが、同協会の他の調査からは勤務時間外の院内研修や看護研究も含めた平均超過勤務時間は23時間24分と、本来は勤務と見なされるべきことが時間外となって負担になっていることがわかる。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:玲奈
読者になる
2013年06月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/gg182bc64u/index1_0.rdf