薬用酒か健康酒か?

April 13 [Wed], 2011, 11:50
 同じ素材を使っても、薬用酒になったり、健康酒になったりします。古来より『医食同源』というフレーズがあるように、実は同じものであっても呼び名が異なる場合があります。
 違いは?……作り方は?……効果・効能は?……実は一緒だったりして。そうした違いが発生する本当の理由は、単に営業上の理由だけだったりして……

 完成した薬用酒は、トンでもなくバカ高い値段で売られていることがある。自分で作ることはできないのか?……実は簡単にできるのだが、難しいのは、処方箋の入手かな?……でも、それもそんなに難しいことではない。中国の古典的漢方生薬理論である《傷寒論(しょうかんろん)》や《金匱要略(きんきようりゃく)》や《本草綱目(ほんぞうこうもく)》に、詳しく記載されています。

 それらを日本語に翻訳して、更に果実酒とか薬用酒として利用する方法を詳しく書いた書籍も無数に発行されているんだけどねぇ。

 『果実酒』『健康酒』『薬用酒』など、それらがどう違うのかを書いた書籍もあるが、どれもこれも売らんかな主義の内容で、辟易して真面目に読む気がしない。まぁ、強いて言えば、果実酒は『単方酒』であり、薬用酒は『複方酒』だってことかな?……しかしこれだって怪しいものだ。事実、単方酒でありながら、如何なる複方酒どころか、医薬品よりも著しい効果を発揮するものがありますからねぇ。

 色々な素材を複雑にブレンドし、『黄金律がありますから』などと、尤もらしい能書きをつけて、高く売りたいだけの人が多すぎます。惑わされないでください。
 どんなに優れた医薬品と云われているものでも、元々は単なる果実だったり野菜だったりするものが多いのですからね。話をややこしくして、『間違えたら大変なことになる』という恐怖感を煽ることだけが目的だったりして。実際にプロと呼ばれている人達の、日常的な利用法を垣間みると、実にいい加減であることに驚きます。
 しかし、そのことを指摘しても全く動じません。……『いい加減に見えるって?……私はねぇ、必要な時に必要なものを必要な量だけ計って飲んでいるんですよ。失礼なことを言わないでください』と言うのだが、どう見ても酔っぱらってしまうと、ハチャメチャな飲み方をしているようにしか見えなくなりますからね。

 いずれにしても、飲食することによって、体に良い働きをする素材を生のままか、乾燥させるか、原形のままか、刻んだり粉にしたりするかして、漬け込んで、お酒にするか?酢にするか?ジュースにするか?お茶にするか?塗り薬にするか?スプレーするか?入浴剤にするか?……実に様々な方法で、健康増進に役立てようというコンセプトで活用しているのであります。

 そんな中で、私たちは画期的な方法を発見しました。……微粉化して活用する方法です。方法としては従来からあったのですが、微粉化の方法が間違っていたために、良い結果を得ることができなかったのです。
 石臼でもダメ、ジェットミルでもダメ、カッターでもダメ、……しかし、ダメな原因は、空気中の酸素に触れることと発熱だったのです。家庭用のカッター方式のミルとか微粉化装置が氾濫していますが、刃に触れた瞬間の発熱によって、素材は劣化してしまいます。その他の業務用の装置でも、素材が熱と酸素によって、劣化することが諸悪の根源でした。その問題を解決できる微粉化装置が誕生したのです。
 “本多式トルネード製粉装置”を使えば、従来からの問題点は一挙に解決します。そして更に判ったことは、微粒子化のサイズと抽出方法の組み合わせによって、どんな成分がどんな風に抽出できるかに違いが発生することが判りました。
 どんな成分をどのくらい抽出したいのか?……抽出したくない成分もありますからね。
 お酒にするなら……酢ドリンクにするなら……ジュースにするなら……お茶にするなら……それぞれの目的に合わせて、最適化されていれば、美味しくてしかも健康増進に役立つ飲み方ができるのです。

 そうした目的に適合する状態に仕上げた生薬素材を皆様にお届けできる準備が整いつつあります。

 漢方生薬と言うと、中国産であると勘違いされます。呼び名がイケナイんですね。実は全世界各地で栽培されており、『スパイス』とか『ハーブ』と呼ばれているものと同じだったり、産地が違うと呼び名が違っているだけだったりもします。
 私たちが集めているものは、全世界各地から取り寄せているものです。それぞれの世界最高品質のものをコレクションするのは結構大変なんですよ。手間ひまかけて懇切丁寧に栽培された無農薬有機栽培ものであることとか、日本の優れた農業技術指導員が現地に出向いてトコトン指導した結果できたものであるとか、お金も時間もかかっているものばかりですからね。
 そこまでやっても、農薬バリバリデタラメ栽培ものと、同列に並べられるのは悲しい。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:163
読者になる
2011年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/gg163/index1_0.rdf