痛風になってしまったら?

July 03 [Wed], 2013, 10:13
もし健康診断で血清尿酸値が7mg/DL以上という結果になったら、痛風についてもしっかり目を向ける必要があります。
痛風とは血清尿酸値が高くなれば高尿酸血症が発症するもので、その症状は足親指や足首の辺りの関節に赤い腫れとなって激しい痛みを伴って表れます。
7mgでも、まだ症状がない人は数年単位で縁がないものではありますが、決して油断をするべきではなく、医師の診断を受けることが肝心です。

尿酸は血液にあって体内を巡り、最終的に尿になり排出されます。しかしその尿酸濃度の上昇は、尿酸の元となるプリン体の摂取し過ぎや腎臓のトラブルなどでなり得ます。
すると関節中で尿酸の結晶が作られた結果、白血球が炎症内で攻撃するという仕組みで痛風の発作が出て、結晶が臓器内にも溜まれば様々な病気を引き起こしかねないのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:5t6yuio
読者になる
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/gfyue4rt/index1_0.rdf