ホーム・アローン

April 12 [Sun], 2015, 15:41

冬休み絵で描いている私は色とりどりの生活;冬休み本を記録しているように、私の少しずつ、冬休みの歌のように、私の歓楽をうたった逸話;


冬休みに来て、私は1匹のように鳥のかごから飛び出したり、ゲームをしたり、テレビを見て、遊ぶ楽しそうで、私は一跳び三尺高死、お母さんの一言水のような、頭に注いで――私は出張で今日の家事を含むすべては君自身を解決する!


ない!!!」


はい、これはどうですか?私は頭をささげ持って、唇を噛んで、例えばツイストのようですを一緒に、顔のがなくて、私は根本的に家事をしないのに、ましてや料理.あれで、目玉が一転して、目が急に機をたたく、跳び、感激と叫んだ:“お母さん、これ以上私を追い詰め、彼女に従うと、今日は私が一度家になって、1家の主人!」


私手ぐすね引いて、心の中に笑って、ハッハッ、まさか私も乗ることができるこの座を転じて福となす、本当に塞翁が馬しようか、先に食事をすませ.思い付いて、私はすぐにお金を取って、スーパーに飛ぶ.週りを見回し、すぐに唾直流三千尺、多くのおやつですね!頭が熱くて、私が左手をひったくるポテトチップスを、右手から1袋のお菓子、と思うと買い物袋を手に入れた時、突然彊、サスペンスでばよだれを飲み込んで、私は買い物を買って、どうしてこれらのだろうが…….私は目を閉じて、困難なおやつを置いて、深いため息をついて、頭を下げて、目じりの涙を拭い、道:“間食長兄、私は今1家の主人で、家の中に小さなで老、彼らが私を養い、私はお金を使ってここで、さようなら、大事にして.私が散々に背を向けて、野菜に行く.


はついに買い終わった料理を持って、自慢の気持ちを飛んで帰って、台所にも、用具、どのように手を、神州料理は簡単な私のように大敵、顔苛立っ.最終的には、どのようにすることしかできません私が知っている唯一の料理――卵チャーハン.私の一つを卵を叩き、私が行って、卵白はすぐ飛ぶ、満面は卵白の私の足をにらみつける卵:私は本当に信じない、小さな卵も大胆に欺私.私は両手を捉え、猛の一握りの、まあ、結果も.、1家の主人の度量は、もはや卵と力比べを、私は折る口をして、あらん限りの力を尽くしてようやく卵をつけて.私は長大息、端ボウルのご飯、口元が浮かべたリラックスの笑顔を見て、お母さん、次はそれほど難しくないだろう.火をねじって、投下油、ご飯をぶっかけて入れて、見かけてすぐ、油が多くて、鍋に霹靂かき分ける、私がびっくりして、例えばスプリング椅子から跳び下り、ショッキングな顔を眺めている鍋、これはどういうこと!

p>をさえぎって<私鍋の前に、慎重に歩いて、また時々見それ何目、圧下恐怖、右手おたまを取って、少し近づいたのチャーハン、よだれが絶えず下呑、見かけのような声を悪魔の呼びかけが」

taobao代行

Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
2015年04月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30