勃起不全と精力剤

March 07 [Wed], 2012, 22:16
勃起不全と精力剤




媚薬(びやく)とは、狭義には催淫剤と呼ばれ勃起不全の治療に使われる薬を言い、広義には性欲を高める薬、恋愛感情を起こさせるような薬を言う。惚れ薬とも称される。様々な生薬を練り込んだ軟膏。魔女がサバトの饗宴で用い、オルガスムスを簡単に得られるとされた。多くはキリスト教普及以前の民間伝承薬であったとされている。魔女狩り以降の伝承では暗黒面が強調され、精液、愛液、コウモリの血や女性の経血、蛇なども材料とされた。肉体的な性機能の改善を目的とした精力剤、強壮剤も含まれる。ただし、仏教の中でも顕教と違い、密教では性欲の捉え方は大きく異なる。理趣経という経典には、男女の欲望や交合(性交)の妙なる恍惚、また欲望などもすべて清浄なる菩薩の境地であるなどと説いており、性欲精力剤を全否定しない。したがって世間一般では、密教や理趣経は性欲を肯定していると、色眼鏡的な見方で捉える向きもある。しかしそれもまた違う。これは自性清浄といい、本来人間は汚れた存在ではなく、欲望は人間として自然なものである、といった煩悩即菩提という思想が密教の根本にあるためである。19世紀末〜20世紀初頭にフロイトが創始した精神分析学(およびフロイト派の精神分析学)では、性欲とは、性的欲求を充足させることを目的とした強い衝動である「リビドー」 (libido) であると考えられた。個々にどのような欲求が生まれ、どのような方法で充足させるかは、個人差が大きく一般化することは勃起不全困難である。 同派の性欲の研究について言えば、まずフロイトによる小児性欲のエッセイが著名である。フロイトは未発達の小児にも性欲があると考え、口唇期、肛門期、男根期(エディプス期)、性器期などという段階に分類した。こうした性行動をともなわない性欲を充足させるか否かが後の人格形成に大きく関わると考えたフロイトは、こうした性欲の抑圧(欲求不満)をヒステリーの原因と精力剤想定した。またそうした性欲を根源的な性欲と名付けた。フロイトはこうして人格形成をすべて性欲に勃起不全起因する欲求で説明勃起不全しようと考えた。これを汎性欲論と呼ぶが、近年では多くの批判を受け、妥当性に欠けるとされる。精力剤の多くは医薬効果を標榜してはいけない食品に類するものであり、そのため基準を満たしていないのに医薬効果を謳った、食品でありながら基準以上に生薬成分を配合していた、あるいは無許可の医薬成分を含んでいたことなどによる無許可無承認医薬品の問題がよく取り沙汰されている。また、個人輸入による輸入医薬品、あるいは輸入食品による健康被害も問題となっている。また、通販精力剤などでは薬剤師の資格を有していないのに、食品に紛れて医薬品を無許可販売していた例などもある。精力剤の成分メカニズムは大きく分けて加齢、ストレス、喫煙習慣などによって血流が停滞したとき、末梢血管、とりわけ陰部に血流を促進させるためのものや、同様にストレス精力剤やミネラル不足による性ホルモン分泌抑制、あるいは産生物質不足により生じた精力減退に対して性ホルモン分泌精力剤を促進させるもの、また滋養強壮、疲労回復を目的とし、間接的に精力促進、増強を謳ったものなどがある。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:gfjksaz
読者になる
2012年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/gfjksaz/index1_0.rdf