の映画人生は完全に終わる」と眠れない夜を過ごしたそうです

November 10 [Mon], 2014, 15:15
タレントなべおさみ(75)が9日、著書「病室の『シャボン玉ホリデー』ハナ肇と過ごした最後の29日間」の出版記念トークショーを都内で行った

【写真】なべやかん結婚 父は「替え玉じゃ?」

 93年に亡くなったクレージーキャッツのリーダー、故ハナ肇さん(享年63)の病床で最期をみとるまでを描いた作品で、08年に出版した単行本「病室のシャボン玉ホリデーハナ肇、最期の29日間」の文庫化だ

 なべは、62年から1年8カ月、ハナさんの初代の付き人を務めたそして、肝臓がんに倒れたハナさんの最期の日々を見守った「渡辺プロの渡辺晋社長が、僕がデビューまでの間、ハナさんに付けてくれた見舞いに来た山田洋次郎監督に『なべちゃんは初代の付き人をやって、最後の付き人をやってるんだね』って言われた」と話した

【関連記事】 9日午後2時56分、相模原市南区南台5の路上で「女性が通行人の男に刺された」と110番通報があった駆け付けた救急隊員がけがをした女性を発見胸や首、背中など7カ所を刺され重傷というが、意識はあり、命に別条はないという神奈川県警相模原南署によると、男は徒歩で南の方向に逃げたといい、殺人未遂容疑で行方を追っている

 調べでは、刺されたのは、近くに住む女性(29)救急隊員に「知らない男にナイフで刺された」と話したという男は40歳前後で、身長は約170センチ小太りで髪は丸刈りという現場は小田急相模原駅の北西約500メートルの住宅街

【高橋和夫、大場弘行】100歳の老人が破天荒な冒険を繰り広げるスウェーデン発のヒューマンコメディー映画「100歳の華麗なる冒険」が8日から全国で公開されている人口約950万人のスウェーデンで100万部を売り上げたベストセラー小説「窓から逃げた100歳老人」(ヨナス・ヨナソンさん作)を映画化2013年に本国で公開された際には、劇場版アニメ「アナと雪の女王」を超える興行成績を記録したという脚本を書き、メガホンをとったのは、自身も俳優として活躍するフェリックス・ハーングレン監督ハーングレン監督はまた、7人の子を持つ父親でもあるハーグレン監督に話を聞いた

【写真特集】イケメン…ハーングレン監督の表情

 「100歳の華麗なる冒険」は、主人公のアランが100歳の誕生日を迎えた日、窓から施設を抜け出し当てのない旅に出るところから始まる道中、スーツケース入りのギャングの闇資金5000万クローネ(約8億4100万円)を預かったり、そのせいで警察とギャングに追われる身になったりととんでもないトラブルに巻き込まれながら、ひょうひょうとそれを乗り越えていく映画は、そんなアランの冒険と、彼が若かりし頃、原子爆弾の開発者ロバート・オッペンハイマーやスペインの独裁者フランコ将軍、アインシュタイン博士の“弟”などと交流を持った過去を、ブラックユーモアを交えながら描いていく

 ◇「これでコケたら俺の映画人生は終わる」

 −−原作のどんなところが気に入ったのでしょう

 不条理というか、クレイジーだけどユーモアとのバランスがとれているところです

 −−原作小説はベストセラーです製作費はスウェーデンのコメディー映画としては破格の10億円、アランを演じるのは、本国では「最も愉快な男」といわれるベテラン俳優のロバート・グスタフソンさん監督は「これでコケたら俺の映画人生は完全に終わる」と眠れない夜を過ごしたそうですが、それは本当ですか

 本当です(笑い)ただ、そこまでの状態になったのは国内プレミアの寸前で、編集も終わり後戻りできない状況で、この映画についていろんな取材を受け始めたときですただ僕としては、持てるものを100パーセント出し切る覚悟で撮りましたそれで失敗したら仕方がない、あとは当たって砕けろだという気持ちでしたそして、肝臓がんに倒れたハナさんの最期の日々を見守ったルイヴィトンiPhone 6 Plusケースそして、肝臓がんに倒れたハナさんの最期の日々を見守ったシャネル iPhone ケースそして、肝臓がんに倒れたハナさんの最期の日々を見守った6ケースシャネル
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/gfhtfghfg/index1_0.rdf