市長(市行財政改革推進課長・市秘書課長)福井大工

April 12 [Sat], 2014, 14:06
県教育委員会は11日、今年度最初の学力向上対策本部会を開き、今年度から退職教員や大学生を活用して小学校で少人数指導などを行い、学力改善につなげる新事業を始めることを明らかにした。また、新設された教育監の水元敏夫氏を本部長とする新体制を確認。ルイヴィトンiPhone 5c水元教育監は「学力向上に向けて横のつながりを意識していく」と話した。

 退職教員については「学び方支援非常勤講師」として週に10時間190人を配置。iphone 4G ケース各科目の習熟度別授業などを検討する。教員免許を持たない大学生らについては「学び方支援サポーター」として週8時間116人を配置、授業の補助や宿題のチェックなどを行う。シャネル 携帯ケース

 一方、先月末の市町教育長と県教育長の協議で提案された全国学力・学習状況調査を結果公表前に各校で自己採点し、市町や県教委で分析する試みについても確認。自己採点後の正答率分析などに、県教委などで開発した専用ソフトを使うことを決めたことも明らかになった。携帯ケース コピー
任期満了に伴う鳥取市長選と、市議補選(欠員1)は13日、投開票される。市長選はいずれも無所属の新人で、元日本海テレビアナウンサーの福浜隆宏氏(48)、元県議の鉄永幸紀氏(66)、前副市長の深沢義彦氏(61)が立候補し、三つどもえの激戦。ipad2 ケース各候補は遊説や個人演説会で懸命に票の積み上げを図る。市議補選も3人の新人が立候補、終盤の選挙戦を展開している。携帯ケース コピー

                   ◇

 市長選は、耐震強度不足が指摘される庁舎整備問題で各候補が異なる主張をぶつけているほか、若者定住に向けた雇用拡大や子育て環境の充実、地域産業の振興などが争点。

 福浜氏は遊説に重点を置き、知名度を生かして若者や女性らの票の取り込みも進める。iPhone 5 ケースコピー庁舎整備問題では本庁舎の耐震改修と小さな新築庁舎の併用を主張。市民の積極的な参画による市政改革を訴える。iphoneケース ブランド

 県議を長く務めた鉄永氏は10回以上の演説会で、政策の浸透を図ってきた。経営発想を取り入れた行財政改革をアピール、総合支所の権限強化にも力を入れるとする。iPhone5sケース庁舎整備問題では耐震改修を強く主張する。

 深沢氏は労組や産業界など20以上の団体の推薦を受け、組織力を生かし支持を固める。iphone 4G カバー庁舎整備は旧市立病院跡地への新築移転が最善と強調。活性化へ雇用創造を軸に農林水産業振興、子育て支援などを訴える。
シャネル 携帯ケース

 投票は13日午前7時から午後8時まで市内92カ所(一部で投票終了繰り上げ)で行われ、午後9時から同市吉成の市民体育館で即日開票される。

 選挙人名簿登録者数(5日現在)は、15万6850人(男7万4599人、女8万2251人)。ipad2 ケース

                   ◇

 ◇鳥取市長選 (届け出順)

 福浜(ふくはま) 隆宏(たかひろ) 48 無新

 元日本海テレビ報道部長(同社アナウンサー)島根大教育

 鉄永(てつなが) 幸紀(ゆきのり) 66 無新

 会社役員(県議・青谷町議)阪大中退

 深沢(ふかざわ) 義彦(よしひこ) 61 無新

 前副市長(市行財政改革推進課長・市秘書課長)福井大工

 

 ◇鳥取市議補選 届け出順(1−3)

 白井 敬信 59 ダンス講師  無新

 井上  理 51 薬剤師    無新

 岡田 信俊 58 会社役員   無新

                   ◇

 〈名鑑の見方〉氏名、年齢、公認政党。肩書(経歴)、最終学歴−の順。携帯ケース コピー
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/gfhdtryg/index1_0.rdf