電極がない状態になってしまい静電容量が取れなく

November 18 [Fri], 2016, 11:42
 ちゃんと「表の顔」と「裏の顔」を自分で用意しておかないといけない。いい人ぶって「みんなと頑張らなきゃ」なんてやってたら、この先どうなるかわかりませんよ。
エルメス iphone7ケース

 ――なるほど、これはすごい現実的な解決策ですね。「同調するか」「本音を言うか」じゃなくて、「同調しつつ本音で生きる」という。
シャネルiPhone7ケース Chanel

 三田 本音は公言する必要はないんです。思っていればいいんですよ。
エルメス iphone7ケース「表も裏も一緒じゃなきゃ汚い人間だ」みたいに思うかもしれないけど、いいんです。外面さえよくしておけば。
シャネルiphone7ケースで、みんなと適当なこと言って、その場を取り繕っておけばいいんです。そこでの会話が本当だと思って家に持って帰るから、みんな悩んじゃうわけなんです。
グッチiPhone7ケースみなさん、マジメだからね。

 ――「こっそり株やる」とか「こっそり転職活動してる」って、なんだか悪いことをしているかのように思ってしまう。
iPhone6 4.7インチ カバー

 三田 それは誰に対し
シリコンが次の一手、村田製作所のキャパシター戦略
シリコンキャパシターの製品例
■NXPからスピンアウトした、シリコンキャパシターの専門メーカー

 ドイツ・ミュンヘンで開催された「electronica 2016」(2016年11月8〜11日)。半導体メーカーが集まるホールの一角に、フランスのキャパシターメーカーIPDiA(アイピーディア)はブースを構えていた。
ルイヴィトンiphone7ケース一般的に、キャパシターなどの電子部品を扱うメーカーは、別のホールに集結している。だが、シリコンのキャパシターを手掛けるIPDiAは、あえて半導体メーカー向けのホールに出展していたのである。
エルメス iphone7ケース

【IPDiAが製造しているシリコンキャパシターのウエハーなどの写真へ】

 IPDiAは、村田製作所が2016年10月に買収したメーカーだ。シリコン受動素子の設計、開発、生産、販売を手掛ける企業で、NXP Semiconductors(NXPセミコンダクターズ)からスピンアウトし、2009年に設立された。
エルメス iphone7ケース従業員数は約130人。年間売上高は約20億円である。
エルメス iphone7ケース

 同社の主力製品であるシリコンキャパシターは、村田製作所などが従来手掛けてきたMLCC(積層セラミックコンデンサー)に対してかなり高価な製品だ。だがシリコンを使うことで、低インダクタンス(低ESL)、薄型化、高耐熱性、単位面積当たりの容量が大きいといった利点が得られる。
エルメス iphone7ケース

 具体的には、厚さ80〜100μm程度、最高250℃までの耐熱などを実現している。村田製作所の第2コンデンサ事業部 事業企画部 企画2課のシニアマネジャーで、現在はIPDiAのセールス&マーケティングでバイスプレジデントを務める小林尚之氏によれば、インダクタンスについては現在、20pHまで低減できていて、将来的には10pHまで低減することを目指すという。
エルメス iphone7ケースこれに対し、MLCCの場合は一般的には200〜300pHである。MLCCでも低ESLタイプがあり、スマートフォンのメインボードなどに使われているが、「それでも100pH程度が限界」だと小林氏は述べる。
エルメス iphone7ケースシリコンキャパシターとは1桁の差があるのだ。さらに、特に高周波のキャパシターで優れた特性を実現できるのが特長で、IPDiAは、20GHz、26GHz、40GHz、60GHzといった広帯域キャパシターをラインアップしている。
シャネルiPhone7ケース Chanel

 こうしたメリットから、高速通信や医療機器など高い信頼性が必要とされる用途でのニーズが高い。医療機器では、特にペースメーカーに使われることが多い。
グッチiPhone7ケースMLCCであれば30〜40個必要なところを、シリコンキャパシターであれば1チップで済み、高信頼性と省スペースを実現できるからだ。ペースメーカー向けのMLCCと比べると、シリコンキャパシターのコストは約10倍になる。
Michael Kors iphone7ケースだが、極めて高い信頼性が、コスト面でのデメリットを補って余りあるのだ。

■“テトラポッド形状”のトレンチで静電容量を増やす

 IPDiAは、シリコンキャパシターを単体の受動部品として販売している唯一のメーカーではないかと小林氏は話す。
最新iphone7ケースIPDiAのキャパシターは、MOSプロセスで製造されている。標準の半導体プロセスでは、ウエハーに丸い形状のトレンチを掘る。
グッチiPhone7ケースIPDiAは、この丸い形状をテトラポッドのような形状にすることで表面積を増やしている。これによって単位面積当たりの静電容量を、MLCCに比べて2倍にできるという。
最新iphone7ケース

 こうした独自の技術開発をさらに進め、より大容量、低ESLのシリコンキャパシターの実現に向けた研究開発も行っているさなかだ。もし今後、シリコンキャパシター市場に参入しようとするメーカーがいても、こうした独自技術はかなり有利に働くはずだと小林氏は述べる。
グッチiPhone7ケース

 IPDiAがターゲットとしている分野は、高速通信、自動車、医療、エネルギーだ。このうち、医療分野での売上高が最も大きく、約半分を占める。
グッチiPhone7ケース一方で村田製作所も、自動車、医療、エネルギーを新規事業として強化しようとしている。小林氏は「IPDiAとムラタは目指す方向が同じだった」と述べる。
グッチiPhone7ケース「ムラタは昔からコンデンサーの事業を手掛けてきたし、コンデンサーが主力事業の1つであることは今後も変わらない。近年、ムラタは“キャパシター・ハウス”というコンセプトを掲げている。
エルメス iphone7ケース分かりやすく言えば“キャパシター屋さん”というイメージのもので、『村田製作所にさえ来れば、どんなキャパシターでも手に入る』というメーカーを目指している」(小林氏)

 このコンセプトに沿って、村田製作所は、買収や資本提携を通じてキャパシターのラインアップを強化してきた。「もともと手掛けてきたMLCCを中心に、MLCCではカバーできない領域については、別のテクノロジーを使ったキャパシターをそろえることで、ソリューション提案力を高めていく」(小林氏)。
シャネルiphone7ケース例えば、2009年には昭和電工のポリマーコンデンサー事業を買収し、2016年9月には指月電機製作所と、フィルムコンデンサーの開発・製造を手掛ける合弁会社の設立を発表した。加えて、村田製作所は、大容量を実現できる電気二重層キャパシター(EDLC)の開発も手掛けている。
シャネルiphone7ケース

 そして、IPDiAの買収によって、シリコンキャパシターが加わったわけだ。小林氏は、「もちろんMLCCでも、高耐熱性、薄型化、高信頼性は進めている。
ルイヴィトンiphone7ケースだが材料上の物理的な限界もあるので、シリコンキャパシターによって、さらにその先を目指す」と強調する。

 例えば、耐熱性だ。
最新iphone7ケース現在のMLCCでは、最高で125℃というのが標準的な保証温度だ。自動車向けでは150℃の製品もある。
ルイヴィトンiphone7ケース小林氏は「次のステップとして200℃を目指しているが、材料系から見直していかなければならないので、時間がかかる」と説明する。さらに、250℃という要求もある。
ルイヴィトンiphone7ケースGaNやSiCなど、いわゆる次世代パワー半導体が実用化され始めているからだ。こうなると、MLCCで対応するのはさすがに難しくなる。
エルメス iphone7ケースつまり、GaN/SiCパワー半導体素子が高温で動作できても、周りに実装する受動部品がついてこられなくなってしまうのだ。

 一方で、ノイズ対策・電源対策部品であるキャパシターは、半導体ICにできるだけ近いところに置きたい部品だ。
シャネルiphone7ケース小林氏は「こういった場合に、耐熱性が250℃、300℃で、ICパッケージに直づけできるようなシリコンキャパシターを提案できれば、強力な武器になる」と語る。このように、「キャパシターの製品ラインアップにシリコンキャパシターが加わることで、事業範囲を、ムラタが行きたい方向に向けて、より広げていくことができる」(小林氏)

コスト面の課題、解消の鍵はスマホ向けAP

 もう1つ、考えられる応用例の1つとして、スマートフォンのアプリケーションプロセッサ(AP)がある。
グッチiPhone7ケースハイエンドのAPには、BGAパッケージのボールを削ってMLCCを直づけする技術が使われ始めているものもある。そこにシリコンキャパシターを使った場合、実装面積はMLCCの半分で済む。
マイケルコースiphone7ケースカバー激安

 加えて、BGAパッケージの端子ピッチは狭くなる傾向にあり、これが進むとシリコンキャパシターはさらに有利になる。端子ピッチが狭くなるということは、BGAパッケージのボールの径が小さくなり、高さが低くなるということだ。
グッチiPhone6ケースこれにより、1
開催中の工作機械展示会、こんなことも“体験”できます!
「福井鯖江」のメガネづくりを体験できるコーナー
“磨き10年”福井・鯖江のメガネづくり
 シャ、シャ、シャ。ヤスリの音が聞こえてくる。
新品エルメスケースメガネフレームを削る音だ。東京ビッグサイトで開催中の「JIMTOF2016」では、一番新しい東7ホールに「福井鯖江」のメガネづくりを体験できるコーナーがある。
エルメス iphone7ケース

 「一人前になるまで“磨き10年”と言われている」。福井県眼鏡協会の山岸充(やまぎしみつる)さんは磨きが職人技であることを力説する。
シャネルiphone7ケース実際に体験してみると、その奥深さがわかる。まずヤスリがけ。
シャネルiphone7ケースフレームは切断面がザラザラとしている。そこに手作業でヤスリをかけ、おおまかな凹凸を取り除く。
グッチiPhone7ケース

 その次は自動回転する円盤にフレームを当てながら磨く。機械作業だが、これが難しい。
エルメス iphone7ケース円盤は2種類で、初めに水を含ませた砂を塗った円盤を使う。通称「泥」と呼ぶ砂が砥石となって表面をきれいにする。
シャネルiphone7ケース
 次に乾いた円盤で仕上げる。円盤は布のように柔らかく、力加減が難しい。
シャネルiphone7ケース当てる力が弱いと円盤の回転でフレームがはじき飛ばされる。福井県眼鏡協会の竹内良造(たけうちりょうぞう)会長は「当てる力、角度は経験で身につける。
シャネルiphone7ケース口では説明できない」と話す。磨き続けるとフレーム表面が輝き出した。
最新iphone7ケース「均一に光沢を出すのが職人の技だ」という。

 体験で完成したフレームは持ち帰ることができる。
エルメス iphone7ケース職人の技にはほど遠いが、自分の手で磨いた光沢を見ると愛着がわく。

【関連記事】005サイズ(1.0×0.5mm)のMLCCの厚みを100μm以下にしてほしいという要求があるという。
エルメス iphone7ケース「MLCCでも、80μmまでは目指している。だが薄くすると積層できなくなり、静電容量が減る。
グッチiPhone7ケース80μmよりもさらに薄くしようとすると、電極がない状態になってしまい静電容量が取れなくなる」(小林)。

 シャネルiphoneケース


 シャネルiphoneケース


 シャネルiphoneケース


 これに対し、シリコンキャパシターは技術的には50μmまで薄型化が可能だという。
シャネルiphone7ケースただ、トレードオフとして静電容量は減ってしまうので、薄て悪いのか、と。誰を意識して悪いと思うのかが、俺、まったく理解できないんですよね(笑)。
シャネルiphone7ケースそんなね、自分が思うほど、他人ってね、関心持ってないから(笑)。誰に対して悪いと思うのか、まったく理解できない。
グッチiPhone7ケース

 ――言われてみればほんと、そうですよね。結局、損するのは自分なんだから。
Michael Kors iphone7ケース自分が責任を取る、自分の人生なのに、誰に気を遣ってるんでしょうか……。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:gfgyrtr
読者になる
2016年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる