添付ファイルの扱い方について

June 05 [Tue], 2012, 11:19
ワープロソフトや表計算ソフト、写真データなどを添付できることも、電子メールの便利な点の一つです。

本文は簡潔な文章だけに留めて、情報量の多い書類などは添付ファイルとして送るようにします。

ただし、添付ファイルを送信する場合にはファイルの容量に注意が必要です。
受信できるメールの容量はメールソフトによって異なりますので、自分の使用しているメールソフトで送受信が出来る大きさのファイルでも相手が受信できるとは限りません。
あまりに大きな容量のファイルは送らない方が懸命です。

もし相手のメールソフトが添付ファイルの容量に対応していなければ、ソフト側でメールが自動的に遮断されてしまいます。
どうしても容量の大きい資料を送る必要があるときには、「今からこのような資料を添付したメールを送ります。」という電話を入れておくのが正しいビジネスマナーです。

先に連絡を入れておけば送ったメールがソフトによって遮断されて相手に届かなかった場合、相手は届いていないということがわかります。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:gfgwe
読者になる
2012年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/gfgwe/index1_0.rdf