村上信五 女神のアンテナキャラクター好きです
2007.10.20 [Sat] 13:24

村上信五
村上信五 C:「次の店はなぁ、村上君が教えてくれてん。 あき当然 山田涼介堀北真希山田涼介生田斗真 だからって サイト有料アダルトサイト なんと 赤西仁, 横山裕, 田口淳之介, 香椎由宇, 鈴木えみ, 美波 名門高校 なんと 地図 しか それか テント . ...(続きを読む)

関ジャニは契約書とギャラにうるさい!?
関ジャニエイトの村上信五(25)が、メンバーからの暴露で契約書とギャラにうるさいことが発覚した。 10/18放送のTBS「うたばん」にゲスト出演した関ジャニエイト。村上信五が「契約書とギャラにうるさい」ことを横山裕などが暴露した。 ...(続きを読む)

関ジャニ∞村上信五くんについてどう思いますか?
関ジャニ∞村上信五くんについてどう思いますか?ヒナに対して思うこと(褒め言葉、ダメ出し、なんでもOK)を回答してください。 ただし、条件があります・・・エイターさんのみの回答でよろしくおねがいします。(続きを読む)

水町レイコ wiki
てか今日 にしても、当然 水町レイコの新着情報リタリン ロト6 関ジャニ∞ 岩崎千明 鬼塚勝也 亀田大毅 吉澤ひとみ 京セラ 近鉄 視聴率 手相 小学館 松平容保 水町レイコ 村上信五 沢尻エリカ そして鬼塚勝也 結婚 鬼塚勝也 鬼塚勝也は2007年10月18日02時 ...(続きを読む)

フリージア 香水 働きマン
防御創 wikiユーチューブ動画フリージア 香水ユーチューブ動画防御創 wikiユーチューブ動画村上信五 画像ユーチューブ動画ネッシー 仕入れユーチューブ動画横峯さくら キャディユーチューブ動画美波ちゃんユーチューブ動画そしてゲームどぅんがぁマリオ64 ...(続きを読む)


 

蟲師 第一集 (初回限定特装版)について
2007.10.17 [Wed] 11:34

原作にはない色、音、動きが加わっているのですが、原作のイメージを 決して崩さない、奥ゆかしい(とは普通使わないでしょうが)アニメだと思います。 変に色気を出してアニメのオリジナル要素を作ってはおらず(少しありますが)、 ただただ忠実に原作の持つ独特の空気を忠実に作られているなぁと。 作画はかなり丁寧で、アニメって第一回の作画だけ気合入ってても 大抵次第に息切れしてきて作画が乱れていくのに、 この作品は本当に根性入っているというか、愛があるというか。 第一話「緑の座」で、しんらの見ている蟲の表現には本当に感動しました。 そして矢張り素晴らしい音楽。 変に自己主張のない音は、本当に自然に心の中に染み込んできます。 自己主張は煩くないのに、それでいて凄く心に残ります。 ギンコやその他のキャラの声も違和感はありませんでした。 OPで蟲についてのナレーションがあるんですが、私はそれが最高に良いなと思いました。 漫画や小説の映像化には大抵ケチを付けたくなる、ひねくれた私ですが これだけはケチの付け様がありませんでした。本当に素晴らしい。 限定版の特典も中々味があって素敵です。
 

ドラゴンクエスト~勇者アベル伝説~ コンプリートDVD-BOX(限定生産)について
2007.10.17 [Wed] 11:29

リアルタイムで全部観てました。やはり、あの第1部の終り方に皆さんも 激怒されてたんですね。私もTVの前で、呆然として、晴れない もやもやを抱えて、のた打ち回ってました。  はたして、その後、第2部の大団円に溜飲を下げました。 あの光が差す時のSEや敵が宝石やお金になる時のSEなんかは、未だに 耳に残っています。当時のフジ系のアニメには、同じSEが使われてたりします。  物語的には、ダイの大冒険よりもよりドラクエ世界に忠実に作られていると思います。 (私は当初、ダイの大冒険が、このアベルシリーズの第3部だと思って、期待していた愚か者です…) 当時、リアルタイムで観ていたノスタルジーで星プラス1です。 ただ、ドラクエ3の女戦士ファンの方、是非、デイジーを御覧になって下さい。 「うる星やつら」から連綿と続く、三田ゆう子さんの男勝りキャラがいいんですよね。 花売りの衣装チェンジなんかも、幼心にグッときてました。  また、キートン山田がいい味出すなあ、と気付いたのもこの作品でした。 記憶では相前後して「ちびまる子ちゃん」が放送開始し、ナレーターが ヤナック=キートン山田のため、安心して、「ちびまる子ちゃん」を観始めた 記憶があります。  当時の思い出に浸りたい方、是非!
 

デジモンアドベンチャー DVD-BOXについて
2007.10.17 [Wed] 11:25

初めて見たのはいつになるのか。 きっかけは映画「僕らのウォーゲーム」でした。 たまたま見に行ったあの映画で、デジモンというものが気になりだし、 近所のレンタル屋でデジモンのビデオを何回も借り、何回も見ました。 DVDBOXが発売、と聞いた時は狂喜乱舞したものです。 今でも夏になるとデジモンを見て、そしてその度に感動します。 温室育ちの子供たちが、いきなりデジタルワールドへ放り出され、 徐々に成長していく姿、仲間と絆を深めていく姿、パートナーと絆を深めていく姿、親とのわだかまりを解いていく姿…年を重ねる毎に違う見方ができるのも面白いところです。 今まで数多くのアニメを見てきましたが、ここまで好きで熱くなる作品は他にありません。 出会えてよかった、心の底からそういえる作品です。 (*冬頃に他社からDVD-BOXが発売されるようです*テイマーズのBOXに12月発売とありました)
 

CITY HUNTER COMPLETE DVD-BOX (完全限定生産)について
2007.10.17 [Wed] 11:19

十何年前の作品ではあるが今見ても十分鑑賞に値する (TVスペシャルの3本は後年に制作された為か、かなりハイクオリティ) ただ所々のストーリーで原作の世界観をブチ壊しにしてる箇所もあり、 原作を読み込んだ人はやや納得出来ない所があると思われる それでも全体的な完成度はかなり高く 他の作品に与えた影響は少なくないと思う (私もシティーハンターからは多分に影響を受けている) ただ商品としては往年のファン以外が購入する必要は無いだろう わざわざ購入しなくても視聴する手段は他にある ファン以外(それもかなりコアなファン)が購入する価値が全く無い事を考慮すると 星三つ程度が妥当かな… (個人的には五つ付けたいが)
 

AIR 1 初回限定版について
2007.10.17 [Wed] 11:10

ストーリー、音楽、映像など、それをとっても原作「AIR」を大事にしながら作られた作品であるという印象を受けた。 これはこの巻だけでなく1〜6全体を通して言えることである。 オープニングテーマ曲やエンディングテーマ曲についても原作と同じものが使われているし、 ストーリーも原作を忠実に再現しようとしているために、欠かせない部分を詰め込み、場面の切り替わりにやや唐突さを感じることもあるほどだ。 声優のイメージも見事にぴったりだった。 この手の「アニメ化」では製作者が意気込むあまり、ついオリジナル要素をふんだんに盛り込んで 文字通り「作者の違う」作品ができあがることが多い。 マンガのアニメ化でもそうだし、ゲームのアニメ化でもオリジナルエンディングを取り入れて賛否両論、という作品もある。 それはそれで価値のあるものだと思うが、原作の感動をアニメでもう一度、 と思うファンとしてはやはり元の作品を大事にしながら作ってほしい。 本作品も厳密に言えば放映時間の都合などで原作どおりではない部分もある。 しかしながらそれは上記のオリジナル要素とは異なるもので、 常に原作を活かそうとしていることがうかがえる。 コメンタリーでは制作者のサイドから場面ごとのこだわりを知ることができる。 この第1巻では、導入からメインヒロインの1人である佳乃編へとストーリーが進んでいく。 まずは映像美に驚いてほしい。 昼、夕、夜でそれぞれ違った顔を見せる「田舎の夏」。 もう何年もこういった田舎に帰ってない人や、ずっと都心で暮らしてきて こんな場所を知らないという人にとっても心を打たれるものがきっとあるはず。