半島エギング未だキロに届かず.. 

October 23 [Tue], 2007, 23:50
平成19年10月23日(火) 6:00〜16:00

島根半島 法田 赤島→ゲンペイ内の磯

最大18cm〜10cm  42杯(15cm以上が20杯)

今年は11月にならないと大きいのがつれそうにないと船長が言ってました。
数が沢山つれるので退屈はしませんがそろそろドラグの音が聞きたいですね。

半島エギング 

October 14 [Sun], 2007, 20:29
平成19年10月13日(土)〜14日(日)
島根半島東部および沖磯

前回のアオリ釣りが中途半端なじかんだったので思いっきり釣りたい願望から
土曜日深夜からの出撃を予定した。

しかしその日はD社さんのエギング大会...
防波堤はいっぱい人がいそうなので沖磯に決めた。

長男へ「釣りに行くか?」と聞いたら「うん」と二つ返事
サビキも準備して土曜日22時に家を出る・。

途中日曜日の朝ご飯と昼ご飯を買って、半島に着いたのが1時頃。
ちょっくら防波堤をみるとどこも人がいる(驚)

いくらブームとはいえ、これは異常だ!!!まあ人のことは言えないけど(^^;
空いてる防波堤で1時間がんばったけど何も釣れない。

お気に入りのsaiはいつものPに入れたけど全くアタリ無し。
眠くなったので渡船にのる港へ移動。仮眠をとる。

あさがた地震で目が覚めた...地震があった日は良くないかもしれない
と思いつつさらに二度寝。

5時頃からごそごそと用意を始めるといっぱい人がやってきた。
エギングの人も結構いる。

6時には船に乗れるぎりぎりの人数になった。いままでで一番多いかも。
とりあえず、私が目指すredislandはだれも行かないようである。

港を出発し数分で到着。早速釣り開始。
フルキャスト→着底→マグナムジャーク→テンションフォール
このパターンで前回は一発で乗ってきた、どきどきしながらアタリをまつが
いっこうに当たらない?????

しゃあない、あまり好きではないけど
テンションフォールをフリーフォールに変更してみると...
小さいながらも連発v(^^)

ちょっと気が楽になる。長男にサビキをさせるがアジはいない用で退屈してる
みたい。
そうだ、餌をつけてみよう。ということで釣れたイカの足をサビキ針につけて釣りをすると
ベラとかふぐが結構アタックしてきて楽しそうにしている。良かった(^^)

14時まで色々なパターンで攻め続けるが大きいのは釣れない。
それに風が強くアタリがとりずらいし、たぶんエギも沈んでいないよう。

それでも20cm弱を頭に45杯GETした。
エギのロストが無いのが一番の救いかも。

今度はでかいの釣りたいな...

半島チェック 

October 03 [Wed], 2007, 22:02
平成19年10月3日(水) 9:00〜15時

そろそろ半島の状況が気になってきたので休みをとって
半島アオリチェックに行くことにした。

いつも前日に出るのだが、夜はいまいち釣れないので
朝6時前に家を出る。
途中買い物なんかをしてたら目的の才港についたのが9時前...

既に4人が釣りしてて入るところが無い(涙)
仕方ないので軽尾に移動、ここは2名だけなので釣りができそう。
うねりがあってちょっとつりずらいが底はちゃんと取れる
でも気配が全くない。20分ほどやってノーバイト!
さっさと移動。やっぱり才が気になり戻るが人は減ってない
状況を聞いたらまだ2杯との事でこれから日が昇って海底が
見えだしてからが勝負との事。ということは帰るつもりは無いって
事ですな。
今日は才に見切りをつけ、諸食に移動〜!
港から防波堤を見ると既に人が数名見える。ここもだめじゃな。

仕方ない、沖磯にしよう。

いつもの法田の渡船に行き、湾内のredislandへ渡してもらった。
第1投からバイトがあり難なく1杯目get(嬉)
それから7連発 どこに投げてもバイトがある!

途中からエギに着いてきたイカをサイトで狙ったりして
15時までのエギングを楽しんだ。最長は18cmくらいかな?

今度は朝1番の渡船で来て最終の17時までやってみよう。

コロッケ〜18cm迄のアオリ24杯

エギロストは 4本 全てPEのライントラブルが原因です。
コーティング材はちゃんとしないといけませんね。

エギング&白いか PARTU 

September 22 [Sat], 2007, 15:56
平成19年9月22日 5時〜23時

以前幕島で仲良くなったYさんが鳥取方面で
アオリが良く釣れているとの情報をくれた。
また、白いかも絶好調みたいで船中200〜500と
調子が良い。

今回は欲張って、午前中アオリ→昼寝→白いか

とイカづくしの計画を立てた。

アオリは最長25cm(700g)とこの時期にしては
goodサイズをつり上げ数こそ30杯とふるわなかったものの
満足のいく釣りとなった。

白いかは出船前の17時から空が急に暗くなり
爆風となったため中止となりました。

白いかの爆釣味わいたかったのに残念です。
今年の白いかはもう無理かな??

アオリ&白イカ 

September 13 [Thu], 2007, 15:52
平成19年9月13日(木)9:00〜24:00

友人の谷君と9時に津山を出発し、泊から居組までのアオリを
チェックしたけど二人で10杯くらい しかも10cmくらいの
チビでした。
もう少し時間がかかりそうですね。

夜の部は風が強くアタリが取れない(涙)
23時くらいからうねりも取れて良く釣れだしたけど
時既に遅しでした...

結果 白いか 26杯

白いか 

August 19 [Sun], 2007, 11:03
8月18日(土) 14時〜0時
だらずにて

白いか 23杯
大アジ 5匹(最大40cm)
鯛 2匹 30〜35cm

今年は白いか釣れませんね〜
20杯以上釣れれば上出来との事でした。

アジは産卵が終わってるので脂の乗りがいまいちですが
美味しかったです。

豆あじ爆釣 

August 12 [Sun], 2007, 22:58
8月12日(日)7時〜9時
直輝とアジ釣りに行こうと計画して夢みなとタワーへ行くが
全く釣れない..タチウオがルアーで釣れていたのでこりゃー
無理だと早々に判断し半島のそうずへ。

見るとアジが一杯いる!
サビキをいれるとすぐに食ってきた。

それから2時間はずっと入れ食いです。
なおきは釣れすぎるので30分で飽きてしまいました。

ジャンボを全て使い切り9時過ぎに納竿。

釣果
豆あじ 280匹

新規開拓 

July 01 [Sun], 2007, 19:38
 平成19年7月1日(日) 5:00〜11:00 天候 雨 大潮

 場所 桁掛半島 水尻(たぶん)

土曜日にTくんに「釣り行かない〜?」と電話したら
暇なので良いとの事。
とりあえず様子を聞いてみてみようということになった
幕島に電話するとここ最近お客さんがいないので解らないとのこと
先週は釣れていたそうです。

それと、前々まからきになっていた中出渡船にも電話を入れてみた
どうも釣れてるようでこの前は五杯ほど釣ってきたとの事である。

T君にとりあえずつれているようだから2時に集合と伝える。
いつものように集合し大社へ車を走らせる。

途中小雨がふっているが天気予報は午前中20%午後50%である。
なんとか昼過ぎまでは持つであろうと期待を込め幕島荘を眼下に
眺めながら宇竜へ向かう。

4時すぎに到着。
すでに磯師が沢山乗っていた。
イカ釣りも4人のグループがいるみたいだ。

船長おまかせで磯にいおろしてもらう。
うねりがありとっても釣りづらい...

水深もそんなに無いようで4.5寸では海草ばかり回収してしまう。

赤島の内側が多分こんな感じなんだろうな..
T君は釣れる気がしないとの事でカサゴを釣り始めた。
私は6時半頃睡魔が襲ってきたのでしばし仮眠。

10分ほど仮眠したら元気になった。
よーしやるぞ〜
エギをバレンシア4寸に交換しキャストを続ける。
7時頃テンションフォール中に「こんっ」とかすかにアタリが。

思いっきり合わせるとグイーングイーンと♂の引きが伝わってきた。
やった〜 嬉しい

上がってきたのは♂1.1kg

そのごやる気になるも10時ごろからさらに雨脚が強くなり11時納竿。

その後秋に備え半島の港を巡回し18時帰宅。

新天地開拓完了です。

連続出勤 

June 17 [Sun], 2007, 21:34
平成19年6月17日(日)
大社 redisland 4時半〜18時

そろそろ春アオリも終盤にさしかかっているが
今だ大きいアオリが釣れているとの情報が入ってくる。

友人Tくんと相談し行ってみるかと意気投合
またも大社へ車を走らせた。

なんと今回は人が多い!多分東の風が強く釣り場が無い事も
あってここにみんな来るんだろうと思う。
東の風ならいくら吹いても黒田湾は平気ですからね(^^)

上手く場所取りが成功し日御碕側の沖向きに無事釣り場を
確保した。

第一投 磯際でテンションフォール中にコツンとアタリが
伝わってくる。
合わせると モワーーッッとした引きが伝わる。
♀ですね。
あがってきたのは1kgの♀

第一投目から釣れるのは気分が良い。

T君と交代するとすぐに♂の1500gをつり上げた。
つがいでいたのかな?

それからがぱったりと釣れなくなった。
13時までアタリなし。

幕島側にいるひとはぽつぽつ釣っている。

我慢の釣りである。そうしているうちに
マグナムジャーク後ラインがふけた(嬉)
思いっきりあわせるとまたも♀特有にの引きが...
上がってきたので1050gの♀ 13時30分

T君もその後♂をつり上げる。

二時をまわることから潮が無茶苦茶速くなり釣りどころでは
無くなってきた。でもなんとか750g♀をつり上げる
時間は二時すぎ。

そこからは潮との戦いである。
潮上に投げてなんとか底を取りながら釣っていると
磯際で急に重くなった。

ゴミかな????
思いっきりリフティングすると上がってくる。
そうしているうちにグイーンと引っ張り出した(驚)
でかい!
立ち上がり竿を起こしながら「きたで〜」とT君へ
向かって叫んだ時 ふっっっ と軽くなった。
FOOKOUTである(悲)
時間は15時

エギを回収するとでっかい吸盤がついてあがって来た。
結局どのくらい大きなイカだったかは解らずです。
引きだけでは解りません。
これから反撃しようと思ったのかもしれないし。

最後の最後に残念な結果となりました。

でも。このポイントでT君と三杯づつ釣ってるから
一人なら六杯釣れた事になりますね。

まだまだ釣れそうな感じです。
18時まで釣りして思いっきり日焼けして楽しい一日が
終わりました。

やっぱり海は楽しいです。

出張のついでに... 

June 10 [Sun], 2007, 21:16
平成19年6月10日(日)
14:00〜19:00
 大社 redislandにて

久しぶりに組合の出張が海のすぐ側ということで、玉造に
1泊二日で土曜から家を出た。

会議は土曜日の二時から翌日日曜日の昼まである。
なんか中途半端な時間帯ですね。もうちょっとどちらかの時間帯に
ずれていたら釣りする時間が取れるのに...

まあ仕方ない。
土曜日は半島東部の防波堤を見てみたがどこも満員御礼である。
エギングのブームに関心しつつなんとか釣りが出来そうな野波
でキャストをすることにした。

なんと一投目から15cmくらいのチビが釣れたがこれはリリースですね。
まあ、水深もないし時間もないので釣りはおしまい。玉造温泉へ車を走らせ
会議を粛々とすませる。

翌日10日昼に会議終了! 迷わず車を幕島へ走らせる。
途中コンビニでお気に入りのぶっかけうどんを買い1時半に
到着。船長はとも島出たとの事でうどんでも食べながら船を
待つ。
2時前に船が帰ってきた。赤島からのお客も乗っていたので様子を
聞いてみると3kg頭に二人で7杯釣れたそうである。期待大(^^)/
船に乗り込み2時に釣り開始。

日御碕側は一人いたので幕島側の沖向きで釣りを開始。
数投目、磯際までしゃくってきたエギを回収しようとしたときに
なんか重い? 竿できくと引っ張る感覚が...
なんともう釣れてしまった。
650g ♂

その後だらだらと釣りをするがどうも釣れない。

日御碕側で釣ってる人に挨拶をしてはしっこのお気に入りPへ
入れてもらった。

よっしゃがんばるぞ〜
10分もしないうちに
コンッッ とアタリが伝わる。やっぱり居ましたね。
思いっきりあわせを入れると重いだけの引きが伝わる。
♀ですね...
つり上げたのでやっぱり♀
1070g でした。時間は4時半

それから19時までねばるがあたりも無く終わり。

大きいのが釣れません。贅沢な悩みなのかもしれませんがf(^^)
2007年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:gf8turbo
読者になる
Yapme!一覧
読者になる