シャチホコガだけどヒカル

April 27 [Thu], 2017, 10:59
看護師の勤務状態は、異業種と比較してかなり特殊な上に、職場によっても違ってきます。
仕事場においては一般的に、2交代制とか3交代制のシフトで勤務が組まれているというケースが多いでしょう。2交代は大体3割、3交代制は大体7割となっていて、3交代制のシフトの病院が多いでしょう。しかしながら、2交代制の方が休みが多く取れるため、2交代制を望む看護師も多いです。修学旅行やツアーなどに共に行き、ケガや病気の簡単な処置や病院の手配をする看護師もいます。


子供のいる既婚者は土日に休むことができたり、夜勤なしの職場を求めています。

病院ではないところで働くには、そこに適した専門の知識を持っている認定看護師や専門看護師の資格があれば、採用が決まりやすくなります。



看護師国家試験に合格するよりも、看護学校卒業の方が困難だと思う人も少なくありません。

看護学校はかなり厳しく、レポートを出すのが少しでも遅れたり、テストに通らなかったといったちょっとしたことで留年が決まってしまうようです。

そんなに厳しい学校をがんばって卒業し、国家試験にも受かった人には、ぜひ看護師の職に就いてほしいですね。看護師の資格を取るための国家試験は、1年に1回あります。
看護師不足が問題となっている日本のためには良いことに、ここ数年の看護師資格試験に合格する確率はおよそ90%と非常に高い水準を推移しています。
看護師の資格のための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定のラインを超えることができれば合格を勝ち取ることのできる試験です。



高齢化が進み、福祉施設であっても看護師のニーズは増してきているのです。
それに、大手の会社になると看護師は医務室にもいて、健康診断や相談、ストレス等のメンタルケアを実施しております。
このようなケースは、その会社組織の社員として入社をすることもあることでしょう。



看護師の資格を得るためには、何通りかのコースがあるのです。

看護師免許を取得するには、国家試験を受ける必要がありますが、いきなり試験を受けるわけにはいきません。

試験を受ける資格を手に入れるためには看護専門学校と看護系短大(いずれも3年間)、看護系大学のうち、どれかの学校で、看護に関して勉強することが必要なのです。全国の看護師年収は平均すると、437万円ほどです。
しかし、国立や私立や県立等の公立病院で働く看護師は、公務員勤務であるため、年収は平均すると、593万円くらいになります。
公務員看護師は給料のアップ率も民間の病院より高くて、福利厚生も充実しているのです。準看護師の場合、看護師より、平均年収が70万円ほど低いです。

高校に進むときに衛生看護科に進むと、国家試験の受験資格を他の方法よりも早く手に入れられるため、看護師の資格を得るのが、一番早いでしょう。
ですが、途中で看護師になりたいという気持ちがなくなっても変更するのは大変です。さらに、最短5年で試験の受験資格を得られるのですが、準備期間が足りないために勉強したり、実習をこなす量が少なくて合格が困難という側面もあります。看護士を志望する理由は本当に何をきっかけにして看護師を目指すようになったのかを入れたら印象が良くなるはずです。転職の時の理由はこれまでに蓄えたスキルを有効活用したい今以上に、人の役に立つ技術を取得したいなど、ポジティブなイメージを持たせられるようにしてください。
以前の職場への批判などは口にしないほうがいいです。
看護師の勤務しているところといえば、病院と考えるのが一般の考えでしょう。


しかし、看護師の資格を活用できる職場は、病院以外にもいっぱいあります。
保健所で保健師と協力し、地域の住民の様々なヘルスケアをするのも看護師の役割です。



また、福祉施設にはドクターが常駐しているところは少なく、ほとんどの医療に関わる行為を看護師が行います。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Haruka
読者になる
2017年04月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/getahs9itmsar5/index1_0.rdf