内容ぐちゃぐちゃ・・・orz 

December 11 [Sun], 2005, 23:45
データを今までのヤプース!からヤプログに変換してみたところ、
なんか、写真の大きさとか文字とか、もー、ぐちゃぐちゃ。あれって
訂正できないんだっけ???
かなりへこむな。

なんとか直すか、それとももう一度改めて投稿しなおすか、だな・・・

大阪の空より 

September 18 [Sun], 2005, 17:57
ファンキーな外観のビルの屋上にて。

アナタの側のドイツを探せ。 

September 08 [Thu], 2005, 23:41
最近はmixiって会員制コミュの方ばかり日記をUPしちゃうな。あっちはコメントもらえるからねぇ。

と言うわけで、久しぶりにこっちへ。

今回はテーマを付けてみました。
「アナタの側のドイツを探せ」

そんなわけで、会社の1階にある倉庫には、木製のパレットが山積みになっているわけですが、よくよく見るとそこには・・・

「DB」 ババーン!



なんとこんな身近に「Die Bahn(ディ バーン/ザ★電車)」があるではありませんか。え?ザ★電車じゃなにかわからないって?Die Bahnとは、ドイツの鉄道ですよ。日本の鉄道がJRであるように。
私の愛するDB!このDBを友として、西へ東へ北へ南へと旅したわけですよ。ちょっと嬉しい。

そして良く見ると「SBB」シュバイツリッヒェ ブンデス バーンのロゴが!いや、簡単に言うとスイス国鉄(ドイツ語バージョン)なんですけどね。フランス語だとCFF、イタリア語でFFSですよ。さすが四ヶ国語の国。他にもこの写真には載ってないけど「CD」というのもありました。チェコの鉄道ロゴですよ。

ヤッヴェ、も、ドイツ行ったら、ピュア鉄道オタクになって帰ってきた気がする(笑)

諸行無常 

August 12 [Fri], 2005, 18:34
いなくなるのは、簡単な事なのか?

私は結構失敗してる。

と、言うよりその前に怖じけづいてる。

たまに、ふと、想いに捉われたまま

何度君と同じような事しようかと

もちろんこれは過去形の話などではなく

今も頻繁に陥る事だけど

解決するのは口で言うほど簡単じゃない

願わくば君がそこで

想いに永遠に囚われませんように

名前としてどうかと思う。 

June 19 [Sun], 2005, 10:00
漢字なら良いと思うけど、ひらがなとアルファベットじゃあ、それこそ、いまいちでないの?とぱっと見思ったわけです。ええ。

ビアライゼ in Deutschland 

May 16 [Mon], 2005, 0:21
ドイツにいた9ヶ月の間、私は自分に大きな特訓を課した。
日本にいた時分には無理な事であったが、渡独を機に一つ大人になって
やろうと気概を見せる事にしたのだ。これぞ大和魂。

ビアライゼ。ビールの味もわからない私が、ドイツに来たのを良い事に
片っ端から、その町の名産ビールを味わってやろうという、なんとも無謀な
計画を打ち立てたのである。

と言っても、もともと飲めない性質であったため、味について語ることは
出来ないので(所詮はその程度であるということだ)、自分の飲んだビール
備忘録にしようと思う。

まずはその出だしとなったビールを紹介。

場所はミュンヘンから電車で40分程北にあるFreising(フライジング)
クナイペ(飲み屋)で飲んだ瓶ビール。お店のチョビヒゲマスターご推薦の品だ。
Freisingだからといって、Weihenstephan(ヴァイヘンシュテファン)が来ると
思ったら大間違い。地元の大御所(というかドイツビールの大御所?)を
差し置いて
「うちにはバイエルンで一番美味いビールしか置いてないよ!」
と、自信満々に持ってきてくれたのはAugustiner(アウグスティナー)
瓶ビールだった。

@1.80Euro。

程よく冷えたビールを喉に流し込む。
日本で飲んでみたビールと似たような味がしたが、とりあえずゴクゴクと
夢にまで見た「大人飲み」が出来た。日本のビールで味わったことのある
酸味は余りなかったような気がする。

この日は思い切りFCバイエルンミュンヘンの試合を、ビールと共に
プレミエレで観戦し、チョビヒゲマスターに「また来るね!」と挨拶をして
真っ赤になった顔で家に戻った。


*1 Premiere スポーツを専門に放映する有料チャンネル。
貧乏人や、わざわざ線を引いてまで家でスポーツを見ることがないドイツ人が
プレミエレを放映するクナイペに集い、気になる試合を観戦したりする。

ベルリンの宝物。 

April 28 [Thu], 2005, 2:21


というわけで、日曜日に上野までベルリンの至宝展を見に行った。

ベルリンの博物館島にある博物館からの展示物が160点以上も集められたということで、半年前に実際に博物館島を訪れた時に見たものが再び見られる!と意気揚々と出かけることにした。

上野駅から博物館があるだろう方向へ進む私と友達。途中、現地にある地図を見て「えーっと、ところでどの博物館でやるんだっけ?」とボケをかます私達。二人とも怪しい知識しか持ち得てなかったので、それぞれお好みの博物館の名前を選び、どちらも訪れることにした。そうすればまあ、どっちかは当たりだろうな、というわけで。

テクテクと歩いていくと、目の前をゾロゾロと人が横切っていくので「もしかしたらあそこか、博物館!」といそいそと近づくと・・・
残念ながらそこは動物園だった・・・orz

さらに歩いていくと、恐ろしいほどの行列があった。確か前日にテレビでこのエキシビジョンのことを取り上げた番組があった・・・そうか、やっぱりな。皆アレを見たんだ・・・だからこんな恐ろしい列が出来ているんだ・・・と最後尾に着き、前に並んでいた人に尋ねる。
「これはベルリンの至宝展の列ですか?」するとその人は答えた。
「いや、恐竜展ですよ」・・・2敗中です。

そこで目指した国立博物館。ここは以前四大文明展の時に来た事がある博物館だ。確かエジプト展だったような。

それでもって、今回のベルリンの至宝展は「ベルリン、もしくはドイツの至宝」ではなくて、「ベルリンの博物館島に収録されている世界中から集った至宝」を展示しているものなので、余りドイツっぽくはなかった(当たり前)。あ、最後にあった土産物屋はドイツぽかったか・・・

展示物は主に古代エジプト、ローマ、ギリシア、中東から発掘された物と、中世ヨーロッパに於ける絵画がメイン。古代に作られたものとはいえ、現在でもそれらが放つオーラは強力で、どの展示物にも目が惹きつけられた。特に私はギリシア、ローマの美しい曲線を描く彫刻達と、中世ヨーロッパの、透明感を持つ絵画が好きだ。

最後の土産物屋で、私はとんでもない物を発見した。
それはドイツのスーパー「PLUS‐プルス」のエコロジカルショッピングバッグだ。PLUSに行けば、いつでも90ツェント...

花見。 

April 05 [Tue], 2005, 23:38


この前の日曜日は昔バイトしていた八景島仲間との花見でした。
5年ぶりに会う仲間もちらほら。あの時は一緒に若さをエンジョイしてたのが、今じゃ半分my子供付きですよ。時代の流れは恐ろしい。

そんな訳で前日土曜日の怪しい天気もなんのその、さっぱりと晴れた桜天気の中、野島公園の展望台麓でかすかに咲いた桜の花を愛でたのでした。

みんな変わってなく、楽しい一日が過ごせました。

本日はハマでお仕事。 

March 28 [Mon], 2005, 23:40

と言っても、ずっと病院の地下だったわけで、スバラスィー
ハマの風景を見られるわけでもなんでもなかったのですが。

仕事終わって、帰り道に腕時計を見ようとat!クイーンズスクエアに
向かった時の様子。雨なのに傘を忘れる私。ていうか、なんで朝
より雨強くなってんだよ!
雨のおかげで、ランドマークタワーも上のほう見えませんでした。
タワーの入り口でも「本日のスカイガーデンは視界ゼロです」と
表示されてました。でもどんな感じに外見えるんでしょ。
雲に包まれた空間てのも、ちょっと気になりませんか?

御殿場まで何をしにいったかというと。 

March 27 [Sun], 2005, 0:09



昨日会社で同僚から「辛いラーメン」を汗を流しながら食べましたって話を聞いて、さっそく行ってきました。御殿場まで・・・
うん、きっとこの晴天に車を運転したくなったんだと思います。
そして神奈川県を脱出したかったんだと思います。例え行き先が神奈川県から数キロしか離れてない御殿場だったとしても(笑)

先ずは従兄弟を誘って迎えに行くのに40分。東名高速を探すのに2時間(途中道路マップ購入)。御殿場からは直ぐいけたので15分ぐらい?2時に従兄弟の所をでて、到着したのは5時でした。まあ、お昼ご飯のつもりで行ったけど・・・良い夕飯でした。

太龍って名前のラーメン屋で、富士山の五合目まで行く道路の途中にあります。ZIMMER(ジンマー)って整形インプラント(人工関節とか)の会社の真横にあります。部長から行けば分かるよ、と言われていたのでジンマーの場所だけ地図を(会社で)プリントアウトして行きました。まっすぐ走っていくと、見慣れたジンマーロゴが。ていうか、その先にあるラーメン屋って・・・ここしかないじゃん。分かり易すぎでした。周りほとんど何もないので(笑)

メニューは基本的に焼肉系でした。で、ラーメンもあると。
辛ラーメン 塩・味噌・醤油 各900円
で、辛さはお好みで マイルド(日本語だったがド忘れ)・辛口・激辛・超激辛の四レベル。
余り辛くても味が分からないので、私は辛口、辛いものダメな従兄弟はマイルドで攻めてみました。ちなみに二人とも塩です。
ドーンと出てきた麺は太麺で、真っ赤なスープと野菜もっさり。それからゆで卵半分と牛肉の塊二個ぐらい。予想外に辛くなかったので、次があれば激辛を頼んでもいいかなと思う程でした。

まあ、おいしかったんですが・・・何も横浜から3時間掛けて高速代使って食べに行く程度のものかなーといわれると「うーん・・・」てところです。近くにお出かけの際はどうぞ!レベルでしょうか。でもお店から富士山をドーン!と見渡せるので、気持ちはいいですね。特に快晴の日なんかは最高ではないでしょうか。それと結構このお店繁盛してるぽいです。人通りが少ない道路であったにもかかわらず、次々と人入ってきましたからね。そして入り口横にはウェイティングリストが(笑)帰る時にはタクシーで乗り付けた6人組もいましたよ。