小沢がヒメウォンバット

August 27 [Sat], 2016, 12:59
わたしの母は重度のアトピー患者です。
どうやら遺伝していたみたいで。私もアトピー症状が出始めました。

皮膚がボロボロになってしまって、日々保湿を欠かすことができません。ケアを欠かしてしまうと、外出も困難なのです。母を責めるわけではないのですが、いつか、私の子供にも遺伝してしまうのかと思うと、絶望的な気持ちになります。



乳酸菌がお腹や体の健康に良いのは誰でもわかっています。

ですが、乳酸菌は胃酸にやられてしまうので、しっかり食べても胃酸で死んでしまって効果はあまり期待できないのではという予想の人もいます。
実際は乳酸菌が生きてるとか死んでるとか関係なく食べるだけで腸の免疫機能をアップさせて、身体の健康づくりに大変効果的です。

インフルエンザの予防として乳酸菌が効くといわれています。

大体1年くらい前に、テレビで児童に乳酸菌が豊富なヨーグルトを食べてもらったところ、インフルエンザに罹患する子供の人数が大幅に減少したというコンテンツを見ました。
私の子供が受験生でしたので、それ以降、ずっとヨーグルトを食べさせています。
特に乳酸菌が腸まで届くという謳い文句のヨーグルトが格別にいいそうです。



乳酸菌とビフィズス菌は乳酸を作るという点では同じなのですが、ビフィズス菌にはそのことに加え、酢酸などといった強い殺菌力のある成分も作り出す働きがあるのだそうです。そう考えても、ノロウィルス対策に適しているとしているのですね。このごろでは、様々な感染症についての聞く機会も増えたので、、意識して摂取するといいのかもしれません。乳酸菌を取り入れると様々な効果があります。

例えば、腸内にいる善玉菌を増やして悪玉菌を減らし、腸内環境をより良くします。


その結果として、免疫の力が向上し、沢山の健康に対する良い効果が得られます。

アトピーに良い効果があったり、感染症を予防する働きかけがあります。



乳酸菌は身体の健康を促進する働きかけが高いと言えます。便秘のツボでよく知られているのは、おへそから両側に指2本分程離れた場所で存在する天枢(てんすう)です。



へその下5cmくらいの腹結(ふっけつ)と言われるツボも効くと思います。手首にはしこうとがいかん、いうツボもあります。色々なタイプの便秘によっても、効果を得ることができるツボが違うので、自分に合ったツボを押すことで効果がでやすいでしょう。近頃は毎年のように冬になるとインフルエンザが大流行することが続いています。年々予防注射で予防する人も増えてきているようですが、都市部では莫大な人数が感染しています。
感染の経緯は色々と考えられますが、電車や街中、仕事場など、大人数と触れる場所で感染することが考えられます。私にとっては乳酸菌サプリメントといえば、何てったってビオフェルミンです。まだ小さかった頃から知られていたサプリであり、便秘や下痢やお腹が痛む時でも、変わることなく私のお腹を守ってくれていました。CMで「人には人の乳酸菌」と流れていますが、私にとってみれば効果がある乳酸菌サプリは、ビオフェルミンとなります。
腸内の環境を整えておくと美肌になると聞いて、ヨーグルトをたっぷり食べていた私ですが、実際、ヨーグルト同様に食品みたいです。

「乳」とついているから、てっきり乳酸菌は乳製品からとるんだと勘違いしていました。

照れくさいです。乳酸菌を選ぶ方法としては、とりあえずは、これ!と思う乳酸菌の商品を試すことがオススメです。
最近では、あまり乳製品の味がしない乳酸菌を含んだ飲み物も存在するし、乳酸菌サプリとも販売されています。



私は腸まで届くような乳酸菌飲料を試しに、飲んでみたとき、翌日、トイレから出られない状態になったので、試すのは休日の前がおすすめです。



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:春翔
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/gerak7daceus0h/index1_0.rdf