Hunky Doryをめぐる謎

April 30 [Sun], 2017, 15:10
また買ってしまった、ボウイの「Hunky Dory」。これで三枚目。

前回の投稿で極めつきの一枚を購入したおかげで「打ち止め」となったタイトルのはずなのに。
まことレコード蒐集とは、かくも終わりのないものか。

このたび購入したのはこの品。

David Bowie『Hunky Dory』 UK RCA SF8244

マトリクスA面3T/B面1T。

かねてから謎の多い作品と言われているが、今回も謎めいた一枚を引き当ててしまった。
決してお安くはない金額を払ってでも購入したのは、やはりこの作品がボウイのアルバムのなかでもとりわけ好きだから。

前回ご紹介した内容と重複するが、初版とされるものの特徴は以下の通り
@ジャケットは表面ラミネート。裏面はラミネートなし。
A裏ジャケットに右上に「GEM PRODUCTION」右下に「MAINMAN」ロゴがともに無いもの
BRCAオレンジ光沢ラベル
CマトリクスはA面がマシンタイピングでAPRS 5947 3T 手書きで「BOBIL」 B面はマシンタイピングで
APRS 5948 3T 手書きで「RASPUTIN」
D歌詞カード付属
蛇足だが「MAINMAN」表記は明らかに後期プレスなのでここでは話から除外。


なぜか初版のコーティングジャケットの数が余りに少なく、市場に出るとコンディションにもよるが必ず7〜10万オーダーになってしまう。

だか、これまで持っていたものは「SAMPLE RECORD - NOT FOR SALE」のステッカーがあるのでこれでトドメを刺しているハズ。

しかし依然として疑問を感じていたのは、まずインサートについて。

初版のジャケット裏にはGEM PRODUCTIONロゴが無いのに、歌詞カードにはロゴとGEM PRODUCTION表記がある。これはミスなのか?
もしかしたらGEM PRODUCTION表記の無い歌詞カードがあるのではないか?
ないしは歌詞カードは初版には付属していなくて、あとからつけたものではないか?
(ちなみにDiscogsでは初版ラミネートジャケットには歌詞カードの写真がなく、セカンドプレス以降に歌詞カードの写真がアップされている。)
ちなみにGEM PRODUCTIONはゲイリー・グリッターやボウイ、ウェールズの「マン」などを手がけるプロダクション。外にこのロゴはレア盤として名高いWebの「i Spider」の見開き部分にも見けられる。

このたび購入したものを比較してみたところ、いずれもGEMロゴがある。
印刷色にバラツキはあるものの、いずれも版は同じものと推測できる。
歌詞カードに年代差は無さそうだ。

ちなみに1971年12月17日発売の半年後、同時進行で制作され1972年6月6日にリリースされた「The Rise and Fall of Ziggy Stardust and the Spiders from Mars」は裏ジャケットにGEMロゴがしっかり印刷されている。インナーバッグにも文字表記あり。

ここでよく言われているのは「Ziggy Stardust」のヒットでHunky Doryが再プレスされたのではないかということ。

調べてみると「Ziggy Stardust」は1972年7月にUKチャート5位、「Hunky Dory」は同年9月に3位という記録がある(ちなみに同年11月に 「Space Oddity」17位、「The Man Who Sold The World 」は26位に入っている)。

これは説得力のある説だ。

よく出回っているノン・ラミネートの「Hunky Dory」は「Ziggy Stardust」ヒット後にプレスされたものなのだろう。

続いて今回購入品のもうひとつの特徴、マトリクスについて。
初版がA面3T/B面3Tに対してA面3T/B面1TとB面が若い。
実は外にもバリエーションがあって2E/3E、2E/3Tもあるそうだが、末尾Eのマトリクスは手書きらしい。
経験的にUK盤は手書きマトがマシンタイピングの音質を上回ることは稀なのでここでは外して考える。

※記述修正
2E/3Tを所有されている方よりマシンタイピングであるとのご指摘をいただきました。
同氏の話では2E/3Tはレーベルの著作権表記が「Mainman/Chrysalis」となっていてセカンドプレス以降の特徴があり、Ziggy Stardust」と同じ時期にカッティングしたものではないかとのこと。
確かに「Ziggy Stardust」の初版マトリクスはBGBS 0864 - 1E/BGBS 0865 - 1Eと末尾が「E」ですね。
ありがとうございました。


だが、このB面1Tはマシンタイピングだ。


ではマザー/スタンパーNo.はどうか?
以下の通りである。
@初版ラミネートバージョン
A面:APRS 5947 3T A1E(修正後)F 手書きBobil
B面:APRS 5948 3T A1M 手書きRasputin
Aラミネートなし通常バージョン
A面:APRS 5947 3T A3R 手書きBobil
B面:APRS 5948 3T A1AN 手書きRasputin
B今回購入品ラミネートなし
A面:APRS 5947 3T A2 手書きBobil
B面:APRS 5948 1T A1 手書きRasputin

注目すべきはBのB面1Tにも手書きRasputinがあること。
それもやはり微妙に筆跡が違う。

いつも薄すぎて撮影の難しいBobilも写真をアップ。


「Rasputin」なんていうと当然ロシアの怪僧ラスプーチンを思い出す。ツッペリン「V」のマトリクスではないが、ボウイになんらかの神秘学志向があったのではないかと想像したくなる。
だが実際は 「Bobil」とはBob Hill、「Rasputin」とはRay Staffのことで、ともにトライデントスタジオのマスタリングエンジニアの署名である。
Ray Staffは「Rays」の名の方で比較的よく見るかける。
外に手持ちのレコードを調べたら、Elton Johnの「Honky Chateau」がそうだった。A面が「Bobil」B面が「Rasputin」。A面/B面で専門があったのかな?
「Rays」はクィーンなどでよく見るが、意外なところではバンコの「Darwin!」で見ることができる。改めて聴き直してみたくなってくる。

次に注目するのはラベルの形状。
印刷の版はいずれも同じと思われるが、
@

A

B

@Aはいずれも初版の特徴の光沢ラベル。
だがBは光沢がない。その代わりに深いDG溝がある。

続いて肝心の音質。
@はさすがの情報量、クリアさ、曇りのなさ、エコー成分の多さなどいずれも素晴らしい。ボウイの息づかいが伝わってくるようだ。
Aは@と同傾向ながらやはり細部で劣化を感じる。「孫コピー」くらいの音質。そうは言ってもマトも同じなので悪くはない。
BA,B両面ともに情報量は@にひけをとらない。生々しくその上音圧が高く張り出してくる。ただ音と音の間の部分のクリアさ、エコー成分は@には及ばない。

そこで推論だがマザー’&スタンパの世代も考え合わせると、BはAと同様セカンドプレスながら、ごく初期ロットの外注プレスなのではないか?
そこで初版をカットした時にお蔵入りになっていたB面1Tでの製造指示が出たのではなかろうか?
なにせB面にRay Staffの署名がある。
ではなぜA面3T/B面1Tが当初ボツになったのか?
クリムゾンやEL&Pの「幻のマト1」で聞く「位相がオカシイ」とかそんな様子もない。
もしかして写真の通り、スペル間違いで「Raspatin(ラスパーチン?)」と彫ってしまい「しまった!」と思ったからか?(いつものようにグチャグチャッと訂正線入れて直せばいいでしょ、笑)

興味はつきない。

思うに音質の張り出し感の差はプレスマシーンの違いではなかろうか?
よくあるマトリクスは同じでもテクスチャーラベルの方が音質がよく感じるアレだ。
(プラシーボ効果ではない、と思う。多分)

結論から言うと、BはAを上回るのは間違いない。@とは一長一短。
両方持っているのが理想だが、@は高価なのでBでもよいかもしれない。

ウワサでは1T/1Tがあるとかも聞くがそれは現時点では確かめようもない。

イエス加入直前のリック・ウェイクマンの弾くピアノは素晴らしく、それがB面収録だったら言うことはなかったのだが、それでも多少の満足感をもって「Andy Wahol」や「Queen Bitch」を聴く春の昼下がりである。

「バスクのスポーツ」初遭遇!

April 20 [Thu], 2017, 14:20
ここ1〜2週間、映画監督の吉松幸四郎さんツイートを何気なく目にしてから気になり始め、徐々に私の周囲で軽くバズり始めた日本のバンド「バスクのスポーツ」。
かなりの頻度でライブ活動をしているようなので、早速観に行ってきた。

「バスクのスポーツ」
2011年武蔵野美術大学の学生たちで結成された若手グループ。
その名の通りスペインのバスク地方に思いを馳せ、メンバー全員日本人なのに曲名はすべてバスク語。
果たしてバスク地方に行ったことはあるのだろうか?

4月19日(木)新宿MARZ。
「about tess」や「ヨソハヨソ」といったマスロック系バンドとの対バン出演なのでマスロックの人脈で語られるべきグループか?
「ディシプリン・クリムゾン」の影響を受けたマスロックは現在注目すべきバンドが数々出てきているが、凄腕ギタリスト中心のバンドが多い中、「バスクのスポーツ」はオルガン系キーボードを中心とした変拍子ロックバンドだ。
そのトーンの選び方が実にプログレ的で、マスロックからのプログレへのアプローチと捉えるべきかもしれない。
譬えて言えばデイヴ・スチュアートのようなカンタベリー系のキーボード奏者がマスロック系プロジェクトを組んだような感じか。いや、トーンの選び方がデイヴ・グリーンスレイドに近いような気がする。

最近の若者は実に楽器が上手い。
「バスクのスポーツ」も超絶技巧というほどではないが演奏技術は十分。
Youtubeで目立っていたボウズのギタリストはモヒカン頭になっていた。

若さ溢れるステージアクション。上半身裸(これが意外に鑑賞に耐えうるビルドアップぶり)で演奏は表情豊かというか、もう「顔芸」の領域。
やってる音楽性を反映していない。
ルックスだけみるとどんな音楽をやっているか言い当てるのは難しいだろう。

だがそこがいい。

とにかく見ていてステージが楽しい。
フロアに目を移すと変拍子で観客が不規則に跳ねながらライブを楽しんでいる。
演奏者も聴衆も楽しそうだ。

若さゆえの「けれんみのなさ」を感じる。

情報過多で引き出しを選びながら音楽を出してくるような感じではなく、若い世代が純粋にプログレを好きになり、自身が好きな音楽をやっている様子が伝わってくる。

私の好きなtricotもライブではダイブなど大変な盛り上がりを見せるバンドだが、そんなマスロック系グループ決定的に違うのが、ともすれば「陰」の方向にパワーを向けがちなマスロックに対し、「バスクのスポーツ」はとにかく明るいのだ。
春の陽射しの中イヤホンで聞きながら歩きたくなるような音楽。

ライブが終了すると早速物販にお邪魔した。

メンバーたち。


YOUTUBEで公式MVを作っている「Txoko」や「Regatas de traineras」はプログレ的ではあるが、確かに聴きようではマスロックでもある。
だが私が最も気に入ったのはヴォーカルの入った「Gernikako arbola」。
この曲はもう完全にPFMの世界だ。
実に素晴らしい。
こんな楽曲を作る20代が出てきたのはなんと素晴らしいことか。

残念ながらYoutubeにはアップされていないので、聴いてみたい人はこちらでCDを買いましょう。
きっと損はしません。

ちなみに私にとっては去年から今年にかけて今のところ1番になりました。

というわけでジャケットはこちら。

サインもいただきました。

お気づきとは思いますが、ジャケットはPFMのあのアルバムそっくり。
というわけで当然こんな写真も。

よく見るとテーブルクロスにハートマークもある。

春。
春は短く、あっという間に雨季がやってきます。イタリア地中海沿岸、いやバスクのサン・セバスチャンに思いを馳せつつ、重たい上着を脱いで、イヤホンでバスクのスポーツを聴きながらお散歩しましょう。

「音楽黄金時代」の作品

March 22 [Wed], 2017, 20:00
トーマス・ドルビーのデビュー・アルバム「The Golden Age Of Wireless」(邦題:光と物体)。

本名はThomas Morgan Robertson。
「ドルビー」の名はやはりあのノイズリダクションで有名なレイ・ドルビー博士のドルビー研究所から(勝手に)とったもの。やはり訴訟となり、その結果示談で継続使用を認められた。

「レア盤」認識されていないせいで長らく入手に手こずった一枚。
邦題はともかく、原題は本作を通してのコンセプトがよく現れているタイトルで、歌詞やPVでもよく出てくる19〜20世紀にかけてのヴィテージ無線機を中心に古きよき時代へのオマージュが貫かれている。

オリジナルはEMI配給の「Venice In Peril」。トーマス・ドルビーの作品しかリリースしていないので個人レーベルと言ってもいいだろう。
英国初版と第二版には微妙な差があって、第二版は裏ジャケットにバーコードが印刷されている。大ヒットしたアルバムのせいか、良く見つかるのは国内盤かUSプレス、あるいは英国盤でもバーコード入り。

ドルビーの代名詞とも言えるヒット曲「彼女はサイエンス」(原題:「She Blinded Me With Science」)が英国盤には収録されていない。英国で「彼女はサイエンス」とカップリングされた佳曲「One Of Our Submarines」も未収録。共にUS盤には収録されている。代わりに英国盤に収録されている「The Wreck Of The Fairchild」がUS盤に未収録。
よくある12インチ向けExtendedバージョンを除いて考えてもこの面倒くささ。

収録未収録含めた全体を見渡すと、概ね英国盤はドルビーのブレイク前夜編集でトータルな整合性を重視、US盤は「彼女はサイエンス」のヒット以降、急遽ヒット曲中心のキャッチーなセールス重視と言えるだろう

ちなみにこの英国初版を入手するまでは私は国内盤の白ラベル見本盤で聴いてきた。これもなかなか良い音だ。

だが本作はヨーロッパ近代へのオマージュをコンセプトとしたロマンティックな作風だ。プロモーションビデオも20世紀初頭を感じさせるレトロ無線機(原題も「無線黄金時代」。ちなみにWi-Fiではないよw)やファッション、複葉機がフィーチャーされている。
さらに個人的に入手に手こずったことを合わせると、少しおとなしめだが深みと奥行きのある英国盤を推したい。

楽曲もジャーマン・エレクトロに英国らしい味付けが加えられた音作り。ジャーマンの音数の少なさに対して、キラキラとした装飾音が目立つ。さらにはドルビーの頭抜けた歌唱力も特筆される。あまりの歌唱力のためか、ホワイト・ソウルのテイストさえある。時代的に直後に英国に現れるビリー・オーシャンのブレイクさえ予感させる。

考えてみると、デビュー前なのにトーマス・ドルビーの評判の高さは特殊だったと言える。
参加ミュージシャンを見ても、「トム・ドルビー」として在籍したブルース・ウーリー&キャメラ・クラブからリーダーのブルース・ウーリーとデイヴ・バーチ、ハーモニカでXTCのアンディ・パートリッジ、ラフトレードのガールズグループ「Girls At Our Best」からJudy Evans、以前バックを務めた縁で当時すでにスターだったリーナ・ラヴィッチ、そして後の坂本龍一とのコラボを予感させる矢野顕子の参加と、なかなか豪華な面々。

収録曲もアルバムリリース後に次々シングルカットされただけあり、名曲揃いだ。
アンディ・パートリッジ参加の「Europa And The Pirate Twins」はドルビーのファーストシングル。将来を誓い合った幼なじみの男女が戦争でひき裂かれ、再会した時は一方は女優、一方はそのストーカーとして逮捕というストーリー。
アレンジは一聴してわかるクラフトワークの「Trans Europa Express」とボ・ディドリーのリズムを組み合わせ、ドルビー流のアレンジを施したもの。ちなみにドルビー本人もキャスリーン・ベラーという女優と結婚したところが興味深い。私はこの曲とEarth, Wind & Fireの「Fantasy」という曲で「Twelfth of Never」(永遠に)という言い回しを知った。

矢野顕子がまるでケイト・ブッシュのような合いの手コーラスをいれる「Radio Silence」もシングルになったし、英国盤からは洩れたが「彼女はサイエンス」のB面になった「One Of Our Submarines」をロマンティックってポップな佳曲。

キラキラしたピアノが印象的な「Flying North」もアルバム冒頭を飾るに相応しいキラー・ダンスチューンだ。
プロモーションビデオはなぜか二機の複葉機が延々飛び続けるもので、予算の割りに意味不明感がある。

「Airwaves」はこのアルバムのハイライトとも言える美しいメロディを持ったバラードの名曲。
ドルビーの歌唱力が遺憾なく発揮されている。

こうして見てみるといかにタイトルは「無線黄金時代」だが、まさに「MTV黄金時代」といった趣がある。
音楽が、ポップスが輝いていた最後期のレコードだ。

セカンドアルバム「The Flat Earth」も素晴らしい出来だ。

ファーストの成功でさらに機材にお金が投入できるようになったようで、録音もすばらしい。
だが、ファーストにあったロマンティシズムは大きく後退し、ホワイトソウルに寄った印象。
個人的にはファーストの方が好きだな。

90年代からしばらく音楽家を引退してインターネット関連事業や携帯電話向けの呼び出し音事業に進出、肩書きは「発明家」をだったらしい。かつてプロモーションビデオでマッドサイエンティスト風のキャラだったのが、本当にそうなってしまったわけだ。
事業家として一定の成功を収めたらしいが、なんだかんだで音楽業界には2006年に復帰。
2012年には遅すぎた初来日を果たした。

こうして久々に聴き直すと、返す返すも2012年の来日公演を逃したことが悔やまれる。
もう来ることはないだろうか?
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:geppamen
  • 性別:男性
  • 誕生日:11月19日
  • 血液型:O型
  • 現住所:東京都
  • 職業:会社員
  • 趣味:
    ・音楽鑑賞
    ・レコード蒐集
    ・自作オーディオ
読者になる
40代は第2の思春期なのだそうです。思春期に惹かれたものをもう一度ひっぱりだしてきて後生大事に整理を始める今日この頃。プログレを中心としたアナログレコード集めに人生の貴重な時間を費やすささやかな記録です。
geppamenをフォローしましょう

2017年04月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ブロンゾ
» Hunky Doryをめぐる謎 (2017年05月01日)
geppamen
» マグマの代表作で最も音が良いのは? (2017年02月23日)
Furekaaben
» マグマの代表作で最も音が良いのは? (2017年02月18日)
geppamen
» マグマの代表作で最も音が良いのは? (2017年02月17日)
Furekaaben
» マグマの代表作で最も音が良いのは? (2017年02月14日)
geppamen
» まさに究極の一枚! (2016年09月15日)
レルレ
» まさに究極の一枚! (2016年09月14日)
geppamen
» まさに究極の一枚! (2016年09月05日)
レルレ
» まさに究極の一枚! (2016年09月05日)
geppamen
» まさに究極の一枚! (2016年09月04日)
http://yaplog.jp/geppamen/index1_0.rdf