Jaak Jurisson。辺境音楽の愉しみ。

June 22 [Thu], 2017, 21:17
先日、懇意にさせていただいている同郷のfacebookの友人が上京するとのことで、音楽の同好の士たちが集まる機会を持った。
Facebookのオフ会でもあったので今回お初の方もいらっしゃったが、みなさんいい年齢で節度がありつつも大いに盛り上がった。
おっさん同志の会話はどうしても不便な時代の音楽探求で盛り上がりを見せてしまう。そんな話は若い方にはさぞナンセンスで退屈だろう。

昨今若い方から思いもかけないような言葉をかけられ、価値観の違いに愕然とさせられることある。例えば最近の人はテレビを見ないという話から「だってテレビって途中から始まるからワケわかんなーい」という発言などかなり衝撃的でまさしく「その発想はなかった」と驚かされる。そんな発言のうちのひとつが「Youtubeの無かった時代はどうやって音楽を探して買ってたんですか?」というもの。

その問いに対し、なかば「フザけんな」的な勢いで「雑誌の記事読んだり、広告のうたい文句読んだり、ジャケだけ見て想像したりして買うんだよ!」と答えてしまうのだが、考えてみるとプログレファンのなかには、メインストリームに背を向け情報の無い方、無い方、道なき道、そして辺境の地へと目指す人々がいたことを思い出した。
彼らはどうやって情報を得ていたのだろう?
ネットの無い時代、もちろん雑誌には載っていない。店にも売ってない。どこを探しても情報なんか無い。
そんなバンドの作品をどうやって知るのか?
今にして思うと、実に不思議だ。

実はそれらはごくごく一部でやりとりされる「通販リスト」のおかげであった。

リストを発行する辺境プログレディーラーたちは、ファックスさえなかった時代に海外のディーラーとの文通や取引の中から激セマ情報を仕入れ、それらをやれ「アルゼンチンのイエス」だの「トルクメニスタンのマグマ」だの「ベラルーシのニュー・トロルス」だの「キューバの至宝」だのと言って紹介する。辺境地コレクターたちは音を確かめようもなく、そのわずかな一文を頼りに想像を膨らませ、チャレンジ的買い物をするのだ。

こう書くと辺境プログレディーラーは悪徳業者のように聞こえるが、まだ共産圏が鉄のカーテンも向こう側、南米は軍事政権の支配下だった時代に、細い情報の糸をたぐって玉石混淆の品々を仕入れていたのである。今と違ってブレトンウッズ合意以前だから為替レートも今よりはるかに円安で仕入れに厳しい状態。買い付けだって航空券はオフシーズンでも今の3倍近くした時代に現地に飛んでいたのだ。
そのうち多くにはいわゆる「スカ」も含まれていたが、中には英米では生まれない素晴らしいものも含まれいた。

そもそも、人は辺境に何を探しに行くのだろう?
世界各国にばらまかれたプログレッシヴ・ロック・ムーヴメントの果実を探しているのか?
当然、それもあるだろう。
テレビ番組のタイトルではないが「世界の国で発見!こんなところにプログレが」的に、プログレはどこまで伝わったのかをコレクションしているという喜びもあるだろう。

だが私は、その醍醐味は「未知なる価値観との遭遇」にあると思う。

以前紹介した今は存在しない「東ドイツのロック」を紹介したが、(http://yaplog.jp/geppamen/archive/1482)限られた情報の中、西側のロックの模倣を当局の規制を逃れながら、かつ極端な情報不足とローカリズムが合わさった「ヘンテコ・ロック」は、結果的にある意味「反様式美」的なものとなり結果的にプログレッシヴなもになってしまったりする。

今回紹介するこのバルト三国のひとつ、エストニア出身のJaak Jurissonは冒頭に触れたオフ会の席でかつての辺境プログレディーラーに冗談半分に半笑いで紹介されたアイテムである。
エストニアと言えばRujaやIN SPE等、シンフォニック系のバンドが思い浮かぶが、Jaak Jurissonはそれらとは全く異なる「曰く言い難い」音楽だ。
そして「曰く言い難い」ものは得てして「プログレ」とされてしまう。

物好きな私はひとたまりもなくこの「曰く言い難い」レコードを気に入り、さっそく探しだして取り寄せてしまった。



1984年旧ソ連メロディア・レーベルから出た4曲入り33回転7インチ。

まずジャケットがヤバい。ヤバすぎる。
誰だ?このおっさんは?

デカめのメガネをかけ口髭をたくわえた七三分けの若いのか年配なのか判別しづらいごく普通の男の免許証だか証明写真のようなジャケット。
先日の集まりの中でも、このレコードはせっかく買ってもジャケットのせいで聴くのを後回しにしている方もいらっしゃった。

これ見てジャケ買いするやつは地球上にひとりとしていないだろう。

いまはよくしたものでこんな辺境音楽も世界の誰かが発掘済みでYoutubeにアップされている。とりあえず内容をチェックしてみよう。

収録曲を聴いてみて思うのは「なにやら妙な音楽」という印象である。
パッと聴くとAORのような体裁の男性ヴォーカルものなのだが、通常メロディ構成はAメロ/Bメロ/サビとなるものだが、なにやらとりとめなく印象に残りにくいグネグネとつかみどころのないメロディ、どことなくヘンなコード進行に、ごく普通のおっさんの歌が出てくる。とても「口ずさむ」ようなシロモノではない。と思ったら突然ブレイクが来て中世的なメロディラインのリコーダーパートが飛び込む。メロディとメロディのつなぎも何やら突拍子が無い。



何なんだ、これは!?

まあ東欧のスティーリー・ダンと言えば言えなくもないが、コマーシャリズムと無縁な地で生まれたこの音は当たり前だがスティーリー・ダンとも全く異なる。
ジョン・グリーヴスのソロ「Accident」のタッチにも似ているが、グリーヴスはややイジワルな感じが見え隠れするのに対し、こっちは天然というか大真面目な感じだ。


ビートも「もっさり」していて妙だ。
下手なのか、わざとなのか、ニック・メイスンばりに32分の1拍遅れで入る引きずるようなドラムて、時として決めが変則的。
あえて近いものと挙げるとしたらスパークスかな?
キーボードの味つけは「トリック・オブ・ザ・テイル」「静寂の嵐」時のジェネシスのようでもあるが、ハッキリ言って遠く及ばない。
そしていずれの曲も「えっ?終わり?」といった感じの唐突な終わり方。

全体を通じてのぼんやりとした印象は「気持ち悪い」だ。

スティーリー・ダンとスパークスとジョン・グリーヴスとジェネシスを足して辺境風味で割った音楽か?
字面だけ見るとかなり凄そうだ。だが本当はこれをスゴイと最初に思った人こそ本当にスゴイ。

もう針を落としたらハラハラ、クスクス笑いながら聴く感じで、ジャケットの写っているJaak Jurissonの顔を見ながら頭の中をあれこれ想像してしまう。
いや、Jaak Jurissonは意外と大まじめに作っていて、それをニヤニヤ笑いながら聴いている私こそ、底意地の悪いヤツだ。
情報の少ない辺境の地での音楽への欲求が地域の価値観の結合し、畸形ロックを生み出したとすれば、それは異端キリスト教的のようでもある。
辺境マニアはもしかすると恵まれ状況下では決して生まれないそのエネルギーに触れたいというのが最大の動機ではなかろうか。

今は大した世の中で、Jaak Jurissonについては検索すると情報がいろいろとヒットする。
未だに活動中のようで、「Veskimees」という曲が有名らしい。

また2015年には新作が出ていてこちらで試聴できる。
https://soundcloud.com/froteerecords/jaakjurisson
2015年に公開された『1944 独ソ・エストニア戦線』という映画の音楽を担当したとある。エストニア映画としては記録的なヒットだったそうなので、もしかしたらエストニア国民の間では有名な人なのかもしれない。戦争映画か。。見てみたいものだ。

以前、スロヴェニアのブルドーザー(http://yaplog.jp/geppamen/archive/1462)も辺境畸形ロックの極北として紹介したが、このJaak Jurissonもメロディア盤の音の悪さも手伝って辺境畸形ロックの名盤として認定させていただきたい。

メロトロンとソウル

May 31 [Wed], 2017, 19:40
私は隔月くらいのペースでDJめいたことさせていただいているのだが、5月25日恵比寿頭バーて「セッソマットの密かな愉しみ〜メロトロン特集」と銘打ったイベントでDJをさせていただいた。

3月25日にはHMV新宿で「金属恵比須のメロトロン万才‼︎」というイベントが行われ、メロトロンの実演〜解体して中を見せるというイベントが、そして 4月30日にはANB系列「関ジャム 完全燃SHOW」でいきものがかりのプロデューサー島田昌典氏が「機材の沼にハマってしまった男」として登場、数ある楽器の中でもメロトロンに焦点を当ててスタジオ内で実演、その魅力を語るなど、昨今どうやらメロトロンという楽器ににわかに注目が集まっているようだ(本当か?)。

メロトロンという楽器の正体や構造については既に多くのサイトで語り尽くされているので、そちらを参照していただくとして(さしずめこのへんか?東京メロトロンスタジオ)、今回のDJイベントでのセレクトも当然、メロトロンをフィーチャーした曲となったわけだ。

昨今はaikoの「カブトムシ」(スティーリー・ダン真っ青の頻繁な転調あり)、古くはビートルズ、ツェッペリン、ムーディー・ブルース、キング・クリムゾン等多くアーティストたちが名曲の中で使用してきたメロトロンだが、マニアになってくるとやはりどうしても「えっ?こんな曲にもメロトロン?」というようなセレクトをしたくなるもの。

そんなセレクトの中、今回の目玉として使ったのはひとつはアグネス・チャン。全編にわたり大胆にメロトロンをフィーチャーしたアルバム「Loving Songs」から。

Agnes Chan『Lvoing Songs』 香港 LIFE FA 11
あの香港から来た70年代アイドルのアグネス・チャンだ。
いい具合に髪で顔が隠れているがコーティングで三面開きジャケットの豪華な作り。

メロトロンをバックにUSフォーク調のサウンド。


この香港で録音された作品の発表が1974年。
あの「ひなげしの花」「草原の輝き」のヒットが1973年。
紅白歌合戦出場が1973〜75年。
ムーンライダースがバックバンドを務めてたのが1974年頃。
上智大学在学が1974年。突然のカナダ、トロント大学留学が1976年。
一部プログレファンの評価の高い、ゴダイゴのとのコラボ『不思議の国のアグネス』が復帰後の1979年。

年代で追ってみるとなかなか興味深い音源。

そして今回のお題であり、もうひとつの目玉にして長らく探しているもののなかなか高くて手が出ない一枚がこれ。

Carey Harris And Michael Orr『Spread Love』 国内盤CD P-VINE PCD-24432

レア・グルーヴ・ファンには有名な大名盤なのだが、プログレ・ファンには「なんだこれ!?」と言われそうな度外しジャケットだろう。

内容的にはメロウ・グルーヴや極上のソウルナンバーが収められていて、特にレアグルーヴの名曲「Spread Love」、フルートをフィーチャーしたメロウ・グルーヴ「Ecstasy, Fantasy and Dreamland」「Here I Go (Through These Changes Again)」「You Opened My Eyes to the World」はキラー・チューンとして人気だ。

そんな人気曲の間をつなぐ見過ごされがちのバラード「Let Me Be With You Awhile」「Feelings」「Keep My Fire Burning」の三曲にメロトロンが使われているのだ。



人気の4曲に比べ、不人気な曲だけにその曲だけのクリップがYoutube上に見つからないので、アルバムフル収録の途中から。
https://youtu.be/tHgEE6v2BBI?t=3m31s

どうだろう?メロトロンではあるまいか?
だがこれまで聞いたことのないようなメロトロンの使われ方だ。
ムーディーなソウルナンバーのバックにメロトロン。

メロトロンがストリングスの代用品として生み出されたとするならば、至極まっとうな使い方ではある。
発表が1976年のことで、メロトロン時代(?)の最後期の録音であろう?
メロトロンはなんとも微妙な低音ヴォーカルも披露しているキーボード奏者マイケル・オーの持ち物であろうか?

オリジナルのアナログはもともとキリスト教系のゴスペル的なもので自主制作に近い形でハリス&オーの二人が信者たちに頑張って手売りしたものと思われる稀少盤である。
レアグルーヴ系DJたちに発掘され内容が評価されてしまったおかげで、市場に出ると3〜5万くらいはする堂々たるレア盤になってしまった。

マーヴィン・ゲイが好きなので十分ストライクゾーンなのだが、コンディションがよいものがなかなかないし、高価な為おいそれと手が出せない。
仕方なく昨年暮れにP-VINEから出た紙ジャケットCDで辛抱。

参考までに5月25日のセットリストを載せておく。
Carey Harris And Michael Orr"Let Me Be With You Awhile"
(アルバム「Spread Love」より)
Agnes Chan"To Love Somebody"
(アルバム「Loving Songs」より)
Modulos"Si Tú No Estás"
(アルバム「4」より)
T.Rex"Tenement Lady"
(アルバム「Tanx」より)
Argent"Circus"
(アルバム「Circus」より)
Terje Rypdal"The Hurt"
(アルバム「Whenever I Seem To Be Far Away」より)
Embryo"Revenge"
(アルバム「Embryo's Rache」より)
Niemen"Kamyk"
(アルバム「Niemen Aerolit」より)
Axis"The Planet Vavoura"
(アルバム「Axis」より)
金属恵比須"阿修羅のごとく"
(アルバム「ハリガネムシのごとく」より)

金属恵比須「ハリガネムシのごとく」余録

May 18 [Thu], 2017, 20:09
5月15日発売レコードコレクターズ2017年6月号に金属恵比須のアナログLP「ハリガネムシのごとく」のレビューを書きました。

金属恵比須は今や日本のアンダーグラウンド・プログレ・シーンを牽引している人気グループなので、ファンの方も多くいらっしゃってレビューを書くのにもプレッシャーがかかりましたが、なんとか仕上げたのでこのブログをご覧の方は是非ご一読いただけるとうれしく思います。




さて、レココレ誌の記事は金属恵比須について知識の無い方にも向けてのものなので、字数の制限もあったし、実は書きたくて、かつあまり「一般向けでない」ものをこちらに書いてたいと思う。

5月に入って縁あって宇都宮泰氏のAudacityとマスタリングについての講演をお手伝いさせていただく機会があった。
2016年8月に吉祥寺で行われたテニスコーツのイベントでも宇都宮氏のレクチャーは行われたが、今回はマスタリングとは?」「何のために?」といった概念論からフリーウェア「Audacity」の操作方法までより実践的内容まで広く網羅されたものとなった。

そのなかで紹介され、衝撃的だったのが某大ヒットアニメのテーマ曲のテレビ音源とCD音源の比較試聴とAudacityを使った「波形」表示である。

現象を述べると、同じ曲でもCDは殆ど全編がオーバーレベルで歪んだ聴くに堪えないものであるのに対し、テレビ音源やYOUTUBEの方が音質がレベル内に収まった普通に聴いて「良い音」であったということ。
規格的にも、流通上有償無償の問題から言っても逆であるべきなのに、なぜこのような逆転現象が起きるのか?かつ問題視されないのか?
昨今CDの販売が不振とアニメ業界は「初動」が全てであるという状況下で、いくつかの可能性について興味深い推論が述べられたが、ここでは本題から離れてしまうので別の機会に譲りたい。

ポイントはCDの音は規格に関係なく音圧を強調するために全体的にオーバーレベルで歪んだ音が入っているという点である。

上記を踏まえた上で、お題の金属恵比須アナログLP「ハリガネムシのごとく」の音質について考えてみたい。

試しに金属恵比須のCD「ハリガネムシ」収録の「光の雪」をAudacityで読み込んだ波形を見てみよう。

この気になる赤い部分はいわゆる「オーバーレベル」部分。
残念ながら金属恵比須もCDマスタリングの傾向から逃れることはできなかった。
おそらくはマスタリングの過程でかなりの情報が失われていることだろう。
(断っておくが冒頭の大ヒットアニソン曲の波形はこんなものではなかった。80%以上が赤表示)
宇都宮氏によるとこの赤い部分をオーバーサンプリングで疑似創出することでよりよい音質での再生が可能だそうだが、それも擬似技術。だが少なくともマスタリング前の2ミックスの状態ではオーバーレベルはしていないはず。

続いて今回発売されたアナログ盤「ハリガネムシのごとく」収録の「光の雪」をPCMでwavファイル化し、Audacityで読み込んだもの。

レコード特有の「チリポツ音」以外は意図的に押さえてあるのでオーバーレベル箇所は少ないのは当たり前だ。
比較のため全体を一律+3db上げてみたのがこれ。

左右チャンネル差があるが上(左)チャンネルの青色の薄い部分が「RMS(Root Mean Square)値」。
ここが世間で言う「音圧」を表していると考えてよいそうだ。

このRMSがCDだと-0.45〜0.5。レコードで-0.3。つまりCDの方が音圧が高い。
濃い青の波形はCDでは赤いオーバーレベル部分は勿論、そうでない部分も半分くらいはグラフの天井にへばりつき「頭打ち」になっている。
それに対し、アナログの波形はその殆どが「頭打ち」にならず「カーブ」が楽曲にそって形成されている。
つまりCDにくらべアナログはコンプレッサーがあまりかかっておらず、録音〜ミックス後のフラットマスターの空間性が保持されていることが推測できる。
逆にアナログはCDにくらべゲイン不足で聴くときにボリュームを上げなくてはならないとも言える。
ここが難しいところだ。
というのは昨今の180gアナログリリースの多くは聴き手にとってはかなりボリュームを上げなくては物足りず、またボリュームを上げただけでもどこか物足りない「ゲイン不足」の音が多くなってしまう部分。
昔は専門職のカッティングエンジニアがいて、ラジオのFM放送でかかった時に他の曲にくらべより「パッと聴き」で良く聞こえるよういわるゆ「ラウドカット」をしたものが現在もアナログマニアに珍重されていて、それら過去の作品に慣れた耳には、今のアナログの音は「ガッツのない」音になってしまいがち、と私は考えている。特に最近のヨーロッパのプログレの新作アナログにその傾向は顕著だ。

そこは、マスタリングの指示をした金属恵比須の宮嶋氏によれば、今回は一般的なアナログレコードと同じくらい…最大-6dBくらいのマスターを作り、内周部分の音質の問題(カッティング時点で音圧を稼ぐとどうしても溝幅が広くなり、内周の直径が小さくなるため音質が劣化する)から昔で言う「ラウドカット」を避け(カッティングの職人も残っていないことだろう)、アナログ向けマスタリングの時点で「音が太く聞こえる」ようイコライジングするに止めたとのこと。
結果的に現代アナログのゲイン不足の問題をある程度なんとかしている。
CDに比べボリュームダウンは少なめで止めているのだ。

これが「マスタリング」の意図〜用途に応じた音質調整ということだろう。

イヤホンで他の音楽とシャッフルして聴く場合、CDのこの波形の方が「良く聴こえる」のだ。
CDは今や中途半端なメディアだ。
CDプレーヤーさえ持っておらず、PCなどで一度読み込ませ、データを携帯電話やヘッドフォンステレオに移し、そのプレーヤーやイヤホンについている電子ボリュームで音量調整をし、普及型のイヤホンで聴くものなのだ。
配信が主流となった今日ではこと音楽のディストリビューションという意味では必然性に欠けるメディアなのだ。

ちなみにテレビはまだスピーカーで音を出すケースが大半だろう。
今や主流メディアのYOUTUBEは携帯+イヤホン再生だが、RMS値の上げすぎがYOUTUBE内の「ラウドネス規定」に抵触し規制の対象となるため、音圧は一定以上は上げられないのだそうだ。

その点、レコードはゆっくりと音響装置の前で、ボリュームないしDJのミキサーのゲインを好みで調節し、主にスピーカー、ないし高級ヘッドフォンで聴くものだ。
オーディオ機器のボリュームはそのほんどは入力時の直列抵抗とアースと信号との間を結ぶ抵抗を分割する構造なので、ボリュームを下げると入力インピーダンスがさがり周波数特性が悪化する(従ってラウドネススイッチを入れて補正せざるを得ない。だが電子ボリュームより高音質)。
つまり、ある程度ボリュームを上げて聴くのは全体の音質にも寄与する行為なのだ。

まとめると、金属恵比須「ハリガネムシのごとく」はフラットマスターからアナログ向けとしてスピーカーで聴くことを前提に、その空間性をできるだけ保持しつつ若干の補正を加えた結果、CDでは音圧を上げたため失われた情報が戻り、特にベースとドラムのアンサンブルがクリアとなり分離を向上させることになった、ということなのだと思う。
また、マスターでの空間性の保持に加え、レコード再生で出力インピーダンスが下がり、入力インピーダンスが上がることでオーディオ的に音像に奥行きが出てきたことも見逃せない特徴と言える。

もちろん、レコードなので「大きなジャケット」「質量」もCDとは全く異なる。
表ジャケット

裏ジャケット

横溝正史風の歌詞カード(ディスクユニオンのみの特典)

A面レーベル

B面レーベル

スターレス高嶋氏の帯文句もあるし、日本盤特有のジャケットの質感も良い。

また手頃な値段のカートリッジなら付け替えてお手軽にテイストを変えて聴く愉しみもある。
アナログの再生環境は、ちょっとした智恵(例えばターンテーブルを水平にするとか、スピーカーから遠ざけるとか)でどんどん音質が向上するという携帯で聴く音楽とは違う発見もある。

素晴らしいプロダクトなので、このレコードが少しでも金属恵比須とアナログに興味がある方のお手元に届くことを願っている。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:geppamen
  • 性別:男性
  • 誕生日:11月19日
  • 血液型:O型
  • 現住所:東京都
  • 職業:会社員
  • 趣味:
    ・音楽鑑賞
    ・レコード蒐集
    ・自作オーディオ
読者になる
40代は第2の思春期なのだそうです。思春期に惹かれたものをもう一度ひっぱりだしてきて後生大事に整理を始める今日この頃。プログレを中心としたアナログレコード集めに人生の貴重な時間を費やすささやかな記録です。
geppamenをフォローしましょう

2017年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
geppamen
» Hunky Doryをめぐる謎 (2017年05月01日)
ブロンゾ
» Hunky Doryをめぐる謎 (2017年05月01日)
geppamen
» マグマの代表作で最も音が良いのは? (2017年02月23日)
Furekaaben
» マグマの代表作で最も音が良いのは? (2017年02月18日)
geppamen
» マグマの代表作で最も音が良いのは? (2017年02月17日)
Furekaaben
» マグマの代表作で最も音が良いのは? (2017年02月14日)
geppamen
» まさに究極の一枚! (2016年09月15日)
レルレ
» まさに究極の一枚! (2016年09月14日)
geppamen
» まさに究極の一枚! (2016年09月05日)
レルレ
» まさに究極の一枚! (2016年09月05日)
http://yaplog.jp/geppamen/index1_0.rdf