医師、栄養士がすすめる低脂肪、減塩、バランスのいい食事

なぜに効くのか?
食習慣や生活習慣の改善で
腫瘍さくなっていきます

政府や日本の多くの医師、栄養士がすすめる、
低脂肪減塩バランスのいい食事などという時代遅れ
食事の選択
では、本当健康になどなれるわけがありません。
その結果、多くの人がすでに病気になっています
94%の人が健康食品だと思っているものが
実は
ガンを促進させている張本人です

あなたも、食事法で
ガン細胞増殖のスイッチをオフにしませんか?
それでは、ご購入者様からのお手紙をご覧ください

ガンは
跡形もなく
消えました

本当に
驚いています

→ 詳しくはこちら>>>

骨、リンパ節への転移もある末期の癌からの奇跡の復活

山口県 高橋浩二 様

9200もあった腫瘍マーカーが
1年後には3.6と(正常値内4.0以下)に入りました。


現在は0.05前後を保っています。 私は3年前の6月、前立腺癌の告知を受けました。
それも、骨、リンパ節への転移もある末期の癌で、骨は、骨盤を中心に腰椎から胸骨、鎖骨まで転移していました。血液検査での腫瘍マーカーが9200もあり、担当医もこんな数値は初めてと驚くほどいう異常な数値でした。そのうち車椅子になり、命も限られ、手術も出来ない、手のつけようの無いもので本当に恐怖との戦いでした。

 私は、それなら自宅で食事療法を徹底しながら、通院で治療したいと医師に相談したら、OKが出たのでこの食事法を徹底して実践しました。妻は相当なショックを受けていましたが、私は、食事を変えてやって行けば、かならず良くなるし助かる、と熱意をもやし頑張りました。

 妻は、癌が食事ぐらいで良くなるはずがない、と思っていたようですが、私にはこの食事法で人生の期待が持てました。●●から●●に変え、●●、●●等、毎日少しずつ足していくようにしました。最終的には早い段階で●●にすることができました。

 副食は、●●、●●、●●少々、●●、●●など。それに●●は、全て●●に切り替えました。これまで、我が家の台所にあった●●は、妻がいつの間にか処分していました。 それから●●の●●を作って飲ませてくれました。

 このように妻の協力のもと、気をつけて食事を作ってもらい、食べるようになったら、治療の効果も上がり、恐ろしく高い腫瘍マーカーの数値がみるみる下がり、1カ月後には880、2ヶ月後には151になり、1年後には3.6と(正常値内4.0以下)に入りました。その後も順調に下がり続けて、現在は0.05前後を保っています。

 それまでの私の食事は、●●と副食は●●、●●が中心で、●●や●●も大好き、仕事上●●も多く、●●による偏ったものでした。このような食事を、一変したことが、いかに大事なことであったかを実感しました。

 また、治療を始めると同時に、左の腰から足首、つま先にかけて、かなり辛い痛みが出ました。2カ月位過ぎた頃には、あんなに痛がった足や腰がずいぶん楽になり、それまではトイレに行くのも大変だったのが、普通に歩いて行ける様になりました。あの辛かった頃を考えると、信じられませんでした。


 2年後には、骨シンチ検査も、真っ黒な骨だったのが白く正常になり、どこから見ても癌はなく、完治の状態に近づきました。私は、これで冶ると何か確信して、食べ物も今までとはまるで違っていても抵抗なく、美味し食べれました。みるみる元気になって行く自分を感じました。

●●も、●●や●●から、●●か●●などに変え、悪いものを流し出してくれる物にしました。


澄川さんの食事法に出会って、食事が本当に大切なんだと実感しました。
癌を克服できたことに感動し、本当に感謝しています 。

これからもこの食事方法を末永く続けて行きたいと思います。
今まで、色々な励ましやアドバイスなど本当にありがとうございました。

感謝をこめて。

→ 詳しくはこちら>>>

化学療法よりも、体にかかる負担がなく、副作用の心配がない治療方法

「ガンか・・・」

貿易会社に勤めていた、斉藤さん(57歳)は、

会社の健康診断で、再検査に行くように言われ、

その検査の結果、大腸に腫瘍が見つかり、ガンと宣告されました。


3期だと医師に言われ、手術をし、術後に抗がん剤治療をするように言われました。

意気消沈している斎藤さんに、私はこのがん克服法を教えてあげました。


:「ガンになってしまったからって、手術や放射線治療、抗がん剤治療だけが、

   残された選択ではないんです。

   こういった化学療法よりも、体にかかる負担はなく、

   副作用の心配もいらない方法知ってますか?」


斉藤さん:「え!?そんな方法あるの?

       お医者さんにはすぐに、治療をすすめられたよ。

       でも確かに、治療後の副作用なんかすごくツライってよく聞くし、めちゃくちゃ心配だな・・・」


:「そうですよね。だったら、この・・・方法を試してみてください。

   実際に、ガンと診断されて、手術も治療もしなくてすんだ人が、何人もいますから。」


斉藤さん:「それだけでいいの!?

       今まで健康には相当、気を使ってきたけど、そんな方法、初めて聞いたよ。

       本当にそんなので、ガンが克服できたりするのかな・・・?


わたし:「わたしも、はじめはそう思いました。

     病院の施術は、辛くて結局、断念してしまう人も多いですし、

     色々な負担がかかりますよね、だまされたと思って一度やってみてください。

     体にとって、プラスになっても、マイナスになることは、ありませんから!!」



実は、費用もかからず、体への負担もなく、ガンが克服できる方法は確実にあるのです。
そして3ヶ月後・・・

斉藤さんはどうなったのか?


結果は、言わなくても、もうおわかりだと思います。

斉藤さんのがん細胞は、完全に無くなり、

担当していたお医者さんも、驚きを隠せなかったご様子。

斉藤さんご本人も
「抗がん剤の痛みや、経済的な負担もなかったから、本当にホッとしているよ」と言っています。

→ 詳しくはこちら>>>

放射線治療の、副作用、合併症に関して

あなた以下のように悩んでいませんか?

 抗がん剤治療を続けていたが、あまりの苦しさに断念してしまった

 高齢のため、手術を受ける体力がない

 一度は完治したが、いつ再発するか不安に思っている

 放射線治療の、副作用、合併症が心配だ。

 抗がん剤の副作用で生命の危険にあう可能性が高いように思う

 化学療法はリスクが大きいので、とても不安だ

 仕事に支障をきたすような治療はしたくない

 近くに設備の整った病院がない

 担当医にすべてをゆだねる気になれない

 手術や、放射線治療、抗がん剤の経済的不安がある

 ガンの腫瘍を、手術で切り取ったが、その後どのような食事をしたらいいのかわからない


この様な悩みを抱えた方は沢山いらっしゃいます。

しかし、確信的な方法も分からず、相談する人もいなく

ガンは病院のやり方だけで治療するものと、ほとんどの方が諦めてしまっています。

しかし、正直に告白いたします。

→ 詳しくはこちら>>>

病院で手術や抗がん剤、放射線治療を受けなくても癌を治す方法

ガンを克服するためには、

実は医師よりも

あなた自身ができることの方が多いのです

病院で手術や抗がん剤、放射線治療を受けなくても、食事法や生活習慣の改善で、

ガンを克服した人はたくさんいます。

ある方法を知ってから・・・・

こんにちは。
澄川信也と申します。
このホームページを立ち上げた理由、それはとても単純なことです。

「あなたにガンを克服してほしい」
「あなたの体に負担のない方法で、ガンと闘う辛さからから解放されてほしい」
「あなたの再発への不安をなくしてほしい」


それだけです。


「それだけって?ガン克服なんて、簡単なことじゃないですよ・・・」

あなたがこう思われるのも無理ありません。


確かに、がん治療というのは、決して簡単なことではありません。

ガン治療によって、

抗がん剤剤を飲むと、個人差はありますが、ほとんどの場合、副作用があらわれます。

その症状は様々で、症状によってあらわれる時期も変わってきます。

副作用があらわれる時期 副作用の種類
投与した日 アレルギー反応,吐き気,おう吐,
血管痛,発熱,血圧低下
投与して2〜7日後 だるさ,食欲不振,吐き気,おう吐,下痢
投与して1週間〜2週間後 口内炎,下痢,食欲不振,胃もたれ,貧血,
白血球減少,血小板減少
投与して2週間〜4週間後 脱毛,皮膚の角化,しみ,手足のしびれ,膀胱炎
検査や治療の中には大変な痛みを伴うものもあります。


せっかくこのような痛みや苦痛に耐えても、効果があがらないまま、
お金だけがかかっていくというケースは山ほどあります。


実は私の父もそんな経験をした一人でした。

当時横浜で飲食店を営んでいた父は、

55歳にして胃ガンと診断されました。

すぐに抗がん剤治療を始めましたが手足のしびれと嘔吐がひどく、

「こんなに辛いなら死んだ方がましだ」

とすぐに治療を止めてしまいました。

父の苦しんでいる姿を見ると無理に続けさせることは、

できませんでした。

ガンが胃の入り口付近にあるということで

胃の全摘をすすめられましたが

父が絶対に嫌だということで手術することもできませんでした。


病院での治療を諦めた、わたしたちは、できることをしようと、

インターネットや書籍でガンに関する知識を徹底的に集め、

医学書や、ガンに関する情報をかたっぱしから読み、自宅で出来ることは全て実践してみたのです。



そしてついに、わたしの父は、自宅に居ながら、ガンを克服することに、見事成功しました。

病院の先生も「そんなバカな・・・だが、とにかく無くなっている!」と言ってびっくりしていました。



人間なら誰でも、本来病気にならずにいれる、力を備えています。

ただ、間違った食生活や、生活習慣を送っているだけなのです。

→ 詳しくはこちら>>>

高級なアガリクスや、フコイダンの効果

「癌・・・」

おそらく、ガンと闘っているあなたや、あなたの大切な家族は、色々な方法で、治療されていることでしょう。

そして、こんな思いで毎日を送っていませんか?



  健康には十分、気を使ってきたつもりだったのに、ガンだと宣告されていまった。

  手術や抗がん剤の体への負担や、副作用が心配・・・。

  抗がん剤でこれだけ辛い思いをしているにも関わらず、回復がいっこうに見込めない。

  治療で苦しんでいるのを目の当たりにすると、このまま続けさせるべきかと、悩んでいる。

  医師が何よりも絶対だと信じていたのに、思うような結果がでなかった。

  手術して、つらい思いをしたのに、再発してしまった。

  がんと診断されたのは、やはり煙草や酒のせいだろうか?

  高級なアガリクスや、フコイダンを購入したが、効果がなかった。



どうですか?思い当たるところはありませんか?

そして どんどん不安になり、
自暴自棄に陥ってしまう・・・




あなたや、あなたの大切な家族が、


ガンというプレッシャーに押しつぶされて、精神的に参ってしまっては、

せっかく、体の免疫機能は、フル活動したいのに、

その働きを無駄にしているかもしれません。



まず、正しい知識をもって、あなたと、あなたの大切な家族のペースで

ガンに対処することが、全ての解決の始まりなのです。



また、間違った知識のせいで、余計に体に負担をかけてしまい、

その影響から、ガンが克服できないケースもあります。



自分はもちろん、大切な人が、痛み、苦しんでいる姿を見るのは

本当に辛いものです。


「もう、どうせわたしのガンは治らないよ・・・」

と諦めるのは、もっと辛いことでしょう。


そんな気持ちをもっているのは、あなただけではないのです。

→ 詳しくはこちら>>>

ガンになった場合、化学療法を受けるか?のアンケート

化学療法や、放射線療法が、免疫システムにダメージを与えることや、

体にどのような影響があるのかは、あまり知られていません。


化学療法の薬は、体にとって、有毒です。


世界でも有名な製薬会社の創設者、イーライ・リリーは

「すべての薬には、毒性がある。毒性をもたない薬は、薬ではない」
と言っています。


アメリカのガン専門医が、答えたアンケートで、
「自分がガンになった場合、化学療法を受けるか?」

という質問に、

118人中、89人までが、NOと答えています。

つまり、75%のガン専門医が「断る」ということです。


その理由は、

「効果が薄い」
「体に害がある」
「リスクが高すぎる」

などでした。


実際、ガンと診断され、ガンのためではなく、

化学療法による弊害で、死んでいく人も、山ほどいるのです。


アメリカでは、医師の治療が原因による死亡者数は、

少なく見積もって年間78万人以上とも言われています。

これは、ガンや心臓病で亡くなる人よりはるかに多い人数です。


あなたは医師の治療や薬を過信していませんか?


現在ほとんどの場合、手術の後は、抗がん剤を使うことが当たり前です。


しかし、抗がん剤は、極めて強力な薬です。

体に入ると、細胞分裂している細胞を破壊します。

抗がん剤の欠点は、

ガン細胞だけを殺すのではなく、まったく正常な細胞にも、

作用してしまうことにあります。


抗がん剤が殺す細胞の、70〜80%ほどは、ガン細胞と言われていますが、

残りの20〜30%ほどは、正常な細胞なのです。


このため、抗がん剤治療を受けた人たちは、強烈な副作用に苦しめられるのです。


抗がん剤の副作用には、上記の(表1)に加え、

粘膜炎、骨髄抑制、色素過剰、めまい、言語障害、扁桃腺など実に様々です。

それでも、これが現在、当り前の治療法なのです。


残念ながら、抗がん剤には、ガンを治す力はありません。

ただ、ガンを縮める効果があるだけです。

抗がん剤で、ガンを克服した人も、中には確かにいます。

しかし、そういった人の大半は、

年齢の若い、かなり体力のある人だけです。

しかも新しく開発されている、抗がん剤ほど、強力なため、

副作用も益々強くなっているのが、現状なのです。


抗がん剤で無理矢理、おさえこんでも、

その影響は必ず、違ったところで現れます。

もう一度いいますが、現在の抗がん剤で、ガンは治らないのです。


事実、医学は進歩しても、新薬やハイテク医療器具が開発されても、病人は増えつづけています。

胃がん、すい臓がん、肝臓がん、大腸がん、乳がんなどを食事法で克服した人

「じゃあ、一体どうすれば良いんですか?」


安心してください。


実は、食事法や生活習慣の改善で、あなたができることはたくさんあるんです。

食事法や生活習慣の改善をしていくことには、何のリスクもなければ、害もありません。

生活の中での、当り前のことなので、一見、効果がなさそうに思うかもしれませんが、

あなたの人生を変える、インパクトはあります。

どんな名医でも、できることは限られてしまいますが、

食事や、生活習慣の改善は毎日のことなので、

体への影響力は絶大です。

ガンの治療では世界一といわれている、
ヒューストンのメディカルセンターのMDアンダーソン病院でも
やはり、食事法が重要だと、患者に指導しています。

胃がん、すい臓がん、肝臓がん、大腸がん、乳がんなど

様々なガンを食事法で克服した人は、世界中にたくさんいます。


(写真はM.Dアンダーソンがんセンター
日本語公式サイトより)

「これ以上何の治療法もない」と医師に言われていた人も、

「年だから仕方ない・・・」と完全に諦めていた人も、

事実、私の父もこの方法で、手術を受けないで、家にいながらガンを克服しました。



そんな実践済みの、効果の出る方法を、今回あなたにお伝えします。


数か月後、
あなたの体調は見違えるほど、良くなっていることでしょう!!


ここで、実際にこの教材を実践された方の声をご覧ください。

→ 詳しくはこちら>>>

肝機能は改善され、体調も良くなった食事法

東京都 江口和雄 様

肝硬変から肝臓がんに進行する可能性が高いといわれ、
入院する予定でした

1か月後に入院はとりやめになりました。
肝機能は改善され、体調も良くなり、疲れも残らなくなりました。

澄川さん、はじめまして。

都内で、居酒屋を経営しています。


当時、倦怠感と疲労感に悩まされ生活と仕事に支障をきたしていました。

人間ドックを受けてみると、C型肝炎がみつかり、このまま放っておくと、

肝硬変から肝臓がんに進行する可能性が高いといわれたので

入院する予定でしたが、病院のベッドが空いておらず

待たされることになりました。


C型肝炎は自然に病気が治ってしまうことは、皆無に等しいと聞いていたので、

インターネットで治療のことを調べているうちに、この食事法のことを知り、

軽い気持ちで購入しました。


次の日から、やってみましたが、

驚いたことに何と、1か月後に入院はとりやめになりました。

肝機能は改善され、体調も良くなり、疲れも残らなくなりました。

感謝感謝です。

→ 詳しくはこちら>>>

ガン(癌)になる一番の原因

なぜこの方法で、ガン克服者が続出しているか?


ガンの一番の死亡原因と考えられているのは、食事です。


これは、ガンで死亡した人全体に対しての割合では、35%ほどだと言われています。

これは、ダントツの1位です。



 続いてタバコが30%ほど、

 ウィルスなどによる感染が
 10%ほど、

 生殖器官や、性生活関連
 のものは、7%ほど、

 アルコールですら、
 3%ほどです。

 その他、
 仕事や環境によるもの

 がありますが、

 割合は減っていきます。

アメリカやヨーロッパなどに移住した、日本人のガンの発症率は、約4倍にもなります。

これも、食習慣の変化によるものだと考えられます。


ガンを患っている人は、基本的に、免疫力が低下した状態にあります。

ガンが進行すればするほど、免疫力はますます低下します。

ガンになると、血液中の白血球の数値は、増えます。

特に免疫力にとって重要な、リンパ球比率は、30%以下の人が大半です。

さらにガンが進行すれば、20%にまで下がり、

末期の状態になると、10%くらいまで低下します。


しかし反対に、1度はガンになったが、再発はしていない、

という人たちは、大半が、リンパ球の数値が35%以上になって、安定しているのです。


このことから、たとえガンになっても、免疫力の低下を防ぎ、正常な状態にすることができれば、

転移や、再発を抑えることはできるのがわかります。



もし、ガンの初期状態で、抗がん剤治療をすればリンパ球の減少を早めてしまい、

ガンの成長を、促す可能性も十分あります。

誰でも「あなたは、癌です」と言われれば、動揺しますし、慌ててしまうでしょう。

そして、当然のように、化学治療に助けを求めると思います。

しかし、副作用が体に与えるダメージを考えれば、免疫力の低下を防ぐことに焦点をあてる方が、

よっぽどかしこい選択です。


人間が本来持っている免疫力は、私たちが考えているより強力なものです。


というのも、人間の体では、毎日がん細胞が生まれています。

しかし、このガン細胞に対してリンパ球のNK細胞やT細胞は、強力な攻撃力を発揮するのです。

これは、マクロファージの働きかけによるものです。

このような白血球の総攻撃を受けたガン細胞は、発症する前に死滅するのです。


もう一度言いますが、
人間の本来持っている免疫力には、ガン細胞を死滅させる力が十分にあるのです。



その免疫力を、最大限に発揮させる方法、

それはやはり、食生活や生活習慣などのライフスタイルの改善なのです。


生活のすべてを体の中を浄化することに努めれば、病気が治らない理由はなくなります。


そして、あなたを待っているのは、大きな恩恵です。



実践された方の中には、「奇跡が起こった」とおっしゃった方もいらっしゃいます。

しかしこれは奇跡でも何でもありません。

食事や生活習慣をなめてはいけません。ものすごく強力な力があるのです。


それを信じて前向きな気持ちで、肩の力を抜いてできることを一歩一歩

やっていくことが、克服への近道なのです。



私の父は、手術も放射線治療も抗がん剤治療も、何度医師からすすめられても、

拒否しました。

これらの化学治療は、結局は、免疫力を低下させてしまうからです。

もちろん、最低限の手術が、必要な方もいらっしゃるとは思いますが、

この教材の購入者の方も、治療を考え直した方が、何人もいらっしゃります。


たとえ手術するにしても、最低限の手術にとどめることが重要です。

早期ならともかく、リンパ節まで切除する手術は、リスクが高いので、私ならやりません。

リンパ腺を無くすダメージの方が、ガンを残すダメージより大きい。と考えるからです。

これらの化学療法ではなく、病院では、免疫療法もたくさんあるので、そういった方法なら

考えてみるのもいいかもしれません。(自律神経免疫療法、BAK療法、CTL療法など)



本当に大切なのは、

ガンになった原因(自分の食生活や、生活習慣など)を改善し、免疫力の低下を防ぎ、

ガンを必要以上に怖がらず、精神的なコントロールをしていくことだからです。



たとえ医師から何と言われようとも、あまり深刻に考えすぎず、気楽にできることだけを

続けていくことが、一番良い心の対処法です。



また、ガンと診断されて心配なことは、転移です。

多くの場合、ガンが発見されるのは、1cmくらいの、腫瘍に成長してからです。

ガンがそれだけ、大きくなるには、長い時間がかかっています。

ガンは、生活習慣病ですから、ひとつガンが成長しているということは、

他にも腫瘍にまでなっていないガン細胞が、全身に生まれていると考えるのは、自然なことです。

見えていないから安心。と考えるのは危険です。


ガンになるということは、食生活や生活習慣の乱れで、すでに体に毒が蓄積されているのです。

ですから、目に見えたガンがなくなったとしても、問題は根本的に解決されていないということです。

今までの、生活スタイルを改善しなければ、新たなガンの目がいつ成長するかわからないのです。


でも、逆に言えば、

食生活や、生活習慣の改善で、そういった、転移や再発の可能性も最大限になくすことができますし、

一度発症したガンが退縮することに、大きく役立つのです。



※注意※
しかし残念ながら、この方法を
あなたの医師が知っている可能性はほとんどありません。
理由は以下を読んでください。



→ 詳しくはこちら>>>

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:澄川 信也
読者になる
当時横浜で飲食店を営んでいた父は、

55歳にして胃ガンと診断されました。

すぐに抗がん剤治療を始めましたが手足のしびれと嘔吐がひどく、




「こんなに辛いなら死んだ方がましだ」

とすぐに治療を止めてしまいました。

父の苦しんでいる姿を見ると無理に続けさせることは、

できませんでした。

ガンが胃の入り口付近にあるということで

胃の全摘をすすめられましたが

父が絶対に嫌だということで手術することもできませんでした。
  • seo