「家族間殺人は大企業に責任」発言取り消さない  

August 26 [Thu], 2010, 6:43
「家族間の殺人が増えている責任は大企業にある」
という問題発言をした亀井静香郵政改革・金融相です。


閣議後の会見で、自らの発言について、「取り消す気は全然ない。
市場原理、市場主義が始まって以来、
身近なところで不満や利害の衝突が起き、
殺人という形につながった面が多い。
そういう社会風潮を作ったという意味で、大企業に責任があると言った」
と説明したそうです。

小泉政権の構造改革に協力した財界が日本社会を荒廃させたと
言いたかったとみられるが、経営者にその責任を負わせるような
指摘が議論を呼んでいるとか。
経団連に挑戦状を叩きつけましたね・・・
中川氏のように不審死しなければよいですが。

家族間の殺人を大企業の責任と結び付けるのは、
いささか飛躍しすぎでは。
たしかに不景気ですさんで家族間のトラブルが起きやすい
状況ではあるにしろ、リストラされた、だから殺す、
とはならないのでは。

家族間殺人より、凶悪な少年犯罪が増えている方が問題だと思いますね。
それこそ、子供が親を殺す構図もあり。
そして、介護疲れでの殺人もあり。
そうなると福祉の問題も絡んできますね。
素人の私がこんなことを言うのもなんですが、
亀井さんの発言は、すこし短絡的に過ぎますね。
政治家なんですから、発言は慎重に。

高機能ティッシュ、知恵競う 

January 16 [Sat], 2010, 23:32
家庭用ティッシュも高機能化の時代です。
登場した当初から、使い捨ての拭き紙として革新的でしたが、
それに新たに新機能を追加しました。

大王製紙は、新型インフルエンザなどの感染予防に役立つ商品を近く発売、
日本製紙グループの日本製紙クレシアは、
癒し効果のある香り成分を配合した商品を投入したとのこと。

価格下落で市場が縮小傾向にあるなか、商品に付加価値をつけることで、
利益の底上げを図るようです。
ティッシュにそこまでの機能を求めている人が大多数いるのか、
甚だ疑問です。

大王製紙は、インフルの感染予防に焦点を当てた「ウイルスブロック」を
21日に発売するようで、一般的なティッシュよりも厚みがあり、
3層構造とすることではなをかんだ際に鼻水が裏側にしみ出てテーブルなどに
付着するのを阻止するというすぐれものらしいですが、
たしかにオフィスにはこういったものがあると便利かもしれませんね、
家庭内では必要なさそうですが。

一方のクレシアは「かぐティッシュ」というアロマの香りのする
ティッシュを発売するそうですが、こちらは重要あるのでしょうか?
価格が高くなるなら、普通のティッシュでわたしはOKです。
アロマはくつろぐときに香りをかぐからこそ、楽しめるものではないでしょうか。
鼻をちーんとかみながらアロマって。

成田乗り継ぎ客のバッグから拳銃と実弾  

December 24 [Thu], 2009, 21:26
機内持ち込み手荷物のバッグに、拳銃と実弾が入っていた
米国籍のカメラマンの男(51)が、成田空港に着いた時点で逮捕されました。


成田空港署などに現行犯逮捕されていたことが
7日、同署などへの取材で分かったそうです。

出国時、男は米国の空港で保安検査を通過したとのこと、
2001年9月11日の米中枢同時テロ以降、
厳重な出入国管理を行ってきた米国から、機内手荷物で国外に
拳銃を持ち出されたことが判明したケースは珍しいとか。

捜査関係者によると、男は「数年前、バッグに競技用の拳銃をしまったが、
それを忘れたまま旅行に使ってしまった」などと
供述しているとのことですが、怪しいですよね。
荷づくりの際にバッグを点検することなく持ち出した、
って話ですよね?素直に受け入れられるものではありません。

何しろ、米国での検査をスルーできてしまったというのに
疑問を覚えます。
米大使館の米運輸保安局に再発防止したとのことですが、
なんでも陰謀と結びつけてしまう、わたしの悪い癖。
最近ではCIAのあやしい動きが表面化して、何か黒々とした雰囲気のあるアメリカです。
かつて、世界の警察と呼ばれていた時代がウソのようです。

百恵さん次男・三浦貴大が俳優デビュー 

December 11 [Fri], 2009, 21:36
元歌手の山口百恵さんは、俳優の三浦友和さんと結婚しています。
三浦貴大さん(23)さんは、その次男です。
このほど、俳優としてデビューすることになりました。


貴大さんは来年の初夏に公開予定の映画「RAILWAYー
レイルウェイズ」に出演する事が決まり、
俳優デビューが正式に決定したというわけです。

三浦家の長男である祐太朗さんはロックバンドのボーカルとして、
すでに芸能界デビューを決めており、
そのあとを追うように次男も芸能界に飛び込むことを決めたようです。

貴大さんは父親譲りの精悍(せいかん)なマスクと、
学生時代にライフセービングで鍛えた強靭な肉体を持つ人です。
写真をネットで見ましたが、遠目で見ると確かに父親にの顔ですが、
良く見ると目が百恵さん似で、三浦夫妻の子供だという事が
納得できるお顔をしていました。
正真正銘の偉大な両親のDNAを受け継ぐ大物俳優候補が
来春誕生するというわけです。

父親と同じ俳優という職業を選んだ次男の貴大さんは、
テレビの持つ人を引き付けるパワーに魅力を感じてこの仕事がしたいと
思ったそうです。

一般の家庭とは全く違う環境で育ってきたであろう三浦家の子供たちには
悪い意味で芸能界に染まってもらいたくはないですね。
芸能界の悪い空気に染まらずに、初心を忘れず、ピュアな心で頑張ってほしいです。
あと、常識もしっかりもってほしいです。

冬のボーナス13.1%減 

December 02 [Wed], 2009, 15:05
上場企業が今冬に支給するボーナスに関する調査結果が、
民間調査機関の労務行政研究所により発表されました。

平均支給額は前年同期比13.1%減の65万9864円で、
7年ぶりに減少したそうです。

1970年の調査開始以来、減少幅が過去最大となったほか、
産業ごとの増減率も初めて全業種がマイナスになり、
今後は所得減少により、個人消費の不振に拍車が
掛かるのは確実だとか。

調査は、東証上場企業のうち夏と冬のボーナスを
一括決定する会社218社を対象に、産業別労働組合を通じて
実施したとのこと。
上場企業でこれですから、中小企業はもっと厳しいかもしれませんね。

産業別では、製造業は66万3906円で16.1%も減少し、
昨年のリーマン・ショック以降の輸出急減などにより
過去最大の減少幅になったようです。
自動車関係もかなり厳しいらしく、トヨタの社長も嘆いているとか。

さてどうしたものか。
我が夫の会社もいちおう東証一部上場会社ですが、
けっして景気がいいとは言えません。
というより、元々ケチな会社なんです。
最近は企業買収をせっせとしているそうで、
そのお金を少しは従業員に少しは還元して!
と言いたいところです。
実は、夏のボーナスも、数万円下がっていました。
悲しいですね。
きっと、冬のボーナスもさみしいことになりそうです。

「“M-1”出れればいいね」高田純次、国分太一と 

December 01 [Tue], 2009, 13:39
人気グループTOKIOの国分太一さんとタレントの高田純次さんの
コンビで出演している缶コーヒー「ワンダモーニングショット」の、
新しいCMができました。


彼らが新CM発表会に出席しました。
この二人のCMは見事にはまっていて、
こんな関係の上司と部下がいたら職場も楽しいだろうなって思える
ほのぼのとしたCMですよね。

現在もこの二人とCMに出演中のローラ・チャンさんと、
新CMより出演する優木まおみさんの4人がトークを展開するという
場面もあったようです。

その中で特に国分・高田ペアがお笑いコンビのように息の合ったトークを
展開する場面が面白かったようです。

国分さんはリニューアルしたワンダモーニングショットを真面目に
香りが本当に良くなっている、と評価していました。

高田さんはそのテキトーキャラで適当なコメントを言うのかと思いきや、
はやりそのとおり、ローラさんを相手に「アグネス・チャンの親戚かと思った」
なんてテキトー発言を炸裂させていたようです。

高田さんのテキトーキャラもすっかり定着していますが、
あれだけテキトーな発言がポンポンと出てくるあたり、
逆に頭の回転が良くって全然テキトーじゃない部分も見えてきて素敵ですよね。
新しくなったワンダモーニングショット、飲みたくなってきましたよ。


ちなみに、2年目に突入するのだそうです。
これからも、「ワンダモーニングショット」のコマーシャルから目が離せません。

中国で4例の副作用=新型インフルのワクチン 

November 19 [Thu], 2009, 11:41
新型インフルエンザのワクチン接種で、
中国では4件の副作用が見られたそうです。
世界保健機関(WHO)報道官が明らかにしました。

症状は頭痛や筋肉痛などで深刻なものではなかったとのこと。

報道官は「(こうした副作用は事前に)予想されたものだ」
と説明、新型インフルエンザ対策としてのワクチン接種の
重要性を強調したようです。

薬には副作用はつきもの、弱い薬でも体質に合わないと
劇症肝炎やアナフィラキシーショックで最悪死に至る場合が
ありますからね。
新型インフルワクチンについては、日本でも幼児で微弱の副作用の
報告がありました。

妊婦さんや持病を持っている人優先にワクチン接種が
されるらしいですが、妊婦さんや持病を抱えている人に
副作用が出てしまうと怖いですね、特に妊婦さん。
胎児にどんな影響を及ぼすか分かりませんから、
わたしだったら接種するかどうか悩んでしまいそうです。

新型インフルの話題でもちきりですが、
そろそろ季節性のインフルも流行し始める頃ですね。
私は近所のスーパーマーケットに行くくらいしか外出しないのですが、
そうした場合でもきちんとマスクをするようにしています。

「見切り販売制限で損害」セブンイレブン加盟店が提訴 

November 11 [Wed], 2009, 23:33
「見切り販売」は、賞味期限がもうじきの商品を値引きして売り出すことです。
見切り販売になると、消費者にとってメリットが大きいです。
お得にお弁当が買えます。



それが大手コンビニエンスストアのセブンイレブンが「見切り販売」を
不当に禁止したために、消費期限の迫った商品が売れ残る事が多くなり、
廃棄処分を余儀なくされたとして、FC加盟店の経営者が
29日にセブンイレブン・ジャパンを相手に約2億3千万円の
損害賠償を求める訴えを東京高裁に起こしたそうです。

訴えを起こしたのはセブンーイレブンFC加盟店の経営者7人だそうです。
本来は売り残らないように消費期限の迫った商品は
値引きをして販売するというのは、私の中でも常識になっています。

逆に言うと明日までに消費しなくてはいけない商品と、
5日後まで消費期限がある商品で、価格が一緒だとしたら迷いなく
5日後まで消費期限がある方を選ぶでしょう。

でも明日までの商品がお安くなっていたとしたら、
すぐ食べてしまう分には間違いなくそちらを購入すると思うのです。

店側としては少しでも廃棄商品を減らしたいわけですから、
そこを禁止されるのは不当だと思うのは当然です。
値引きをしたら、地球にも優しいし、企業側も環境への貢献を
アピールできるからいいと思うんですけどね。
消費者もお得に買い物できるし。

「クレヨンしんちゃん」番組は継続の方向  

November 06 [Fri], 2009, 22:38

マンガ、アニメ「クレヨンしんちゃん」と言えば、大人も子供も大好きなマンガです。
その「クレヨンしんちゃん」の作者は、臼井儀人さんです。


臼井さんは荒船山の艫岩から滑落死したことでアニメの存続が危ぶまれていましたが、
継続の方向で話を進めている事が関係者の情報により明らかになりました。

作者が亡くなってもなおかつアニメが続いている番組と言えば
「サザエさん」があります。
「サザエさん」は今や日曜の夕方の「顔」になっていますよね。

そんな感じで「しんちゃん」も原作を参考にしながら
、クリエーターらが作品を作り上げる形で
継続をしていくのではないかと考えられているそうです。

いまや知らない人はいないだろうというくらい国民的スターになった
クレヨンしんちゃんですから、これで終わらせてしまうのは
あまりに淋しいです。

結局臼井さんはその姿を一般に公表することなくこの世を去ってしまいました。
でも臼井さんが作り上げた「クレヨンしんちゃん」というキャラは
永遠に続いてもらいたいですし、それが可能だと判った今、
とても嬉しい気持ちでいっぱいです。

子供たちがクレヨンしんちゃんのモノマネをして
家族の団欒の時間を笑いで包んでくれる時が日本の安らぎです。
とりあえず、こうした安らぎの時間は確保されていくのだと思うと、
とりあえず安心しました。

台風18号。本州縦断の恐れ 

October 03 [Sat], 2009, 1:30
高知県・足摺岬の南約250キロの太平洋上を時速約40キロで北北東方向
に進行中の台風18号です。
非常に強いらしく、動向が気になります。

気象庁によると、中心気圧は945ヘクトパスカル、
最大瞬間風速は60メートル。強い勢力を維持したまま、
速度を上げながら四国の南海上を進み、
8日未明には紀伊半島付近に上陸するおそれが強く、その後、
8日夜にかけて本州をほぼ縦断し、9日には北海道付近に
達する見込みで、気象庁は厳重な警戒を呼びかけているとのこと。

特に海沿いの住民は厳重注意をするべきでしょうね、
先日のインド沖の洪水のような惨事にならないためにも。
同庁は「夜間や風雨が強まった後の避難行動は避け、
早めに防災準備をしてほしい」としているようですよ。

今回はかなり大きい台風のようですね、恐ろしい。
明日わたしは健康診断で、無事に会場まで
辿りつけるのか不安になってきました。
でも、8日夜にかけて本州を縦断、とあるので、
午前中はどうにかもってくれるかしら。

あさってはあさってで友だちとランチに行く予定。
ランチに行く前に、風で飛ばされてしまったら大変なので、
日程を変更した方がいいかもしれませんね。
でも飛ばされないと思いますが。