廃棄物に関することがら 

July 18 [Sun], 2010, 16:46
家庭から出る生ゴミには結構頭を悩ませますね。

ディスポーザー
一般の家庭においてディスポーザーは台所のシンク(→流し台)の下に設置し、水と一緒に生ゴミを流し粉砕させ、下水道に流下させる仕組みとなっている。装置としてはモーターと生ゴミ破砕用の刃がセットになっていて、投入された生ゴミを破砕して水道の流水で押し流すものである。破砕機の電源スイッチは壁やシンクに埋め込まれた押しボタン式か床に設置されたペダル式となっており、必要に応じて動作させる。

なお安全性のため及び破砕中の生ゴミが噴出したりしないよう、上部の蓋を閉じないとスイッチが入らないようになっている製品がほとんどである。また処理能力にも限界があり、残飯や魚の骨・野菜屑程度であれば処理できるが、貝の殻やスペアリブの骨など大きく硬いものなどは対応できない場合がある。この場合は、別途生ゴミとして排出する必要がある。製品によってはカニの殻程度であれば粉砕処理できると謳っている場合もある。
(WIKIPEDIAより抜粋)

関連リンク:ごみ・粗大ゴミについて

不用品回収について 

July 18 [Sun], 2010, 16:42
一時期問題になったフロンに関することです。

特定製品に係るフロン類の回収及び破壊の実施の確保等に関する法律
1988年5月、オゾン層保護対策を進めるための法律として、「特定物質の規制等によるオゾン層の保護に関する法律」が制定された。同法によって、日本におけるフロン類の生産量・消費量は削減されたが、これまでフロン類を使用していた機器が廃棄される場合のフロン類の回収・破壊については、地方自治体や業界の自主努力によって行われており、処理についての法的なシステムはなかった。このため、大部分のフロン類は、大気へ放出されていた。
これを解決するため、制定されたのが、フロン回収破壊法である。
この法律により、特定製品の廃棄時における適正な回収および破壊処理の実施等が義務づけられ、特定製品からフロン類をみだりに放出してはならず、これに違反した場合、1年以下の懲役または50万円以下の罰金と、罰則が定められた。
この法律では、ユーザー、フロン類回収業者、フロン類破壊業者など、フロンを回収・破壊するシステムでの役割が定義され、それにそって実際の環境インフラが整備されている。
(WIKIPEDIAより抜粋)

解体工事に関すること 

July 18 [Sun], 2010, 16:41
解体は大変な作業になります。

解体
解体(かいたい)とは、ばらばらにすること。この言葉の使い方によってさまざまな意味を持つ。
建築分野における解体とは、しばしば建設という言葉と対にされ、建築物を壊すことを意味する。建築物の老朽化のためや、災害等で著しく損傷し修理が困難な場合、何らかの理由で建物の使用目的が全く無くなった場合、あるいはその建物などが道路拡張などの行政による命令などで解体される。
また重要建造物を移設する場合など、復元することを前提に一旦バラバラにする行程を指すこともある。
解体の方法はいくつかあり、重機(油圧ショベル パワーショベルに着けたクラッシャなど)で少しずつ壊していく方法(機械壊しなど)が一般的である。
(WIKIPEDIAより抜粋)