ジニアス記憶術と記憶力の鍛え方

August 05 [Tue], 2014, 3:59

学生時代の試験はいつも暗記問題で失点を重ね、他の人なら1回聞いただけで覚えらえる量でも、半分くらい覚えるのがやっとだったとしても、
ごちゃごちゃしていた頭の中が一気に整理されていき、数字だろうがフレーズだろうが関係なく、何でもスラスラ覚えられるようになる方法がこちら




あなたも、なれるものなら今すぐにでも下のようになりたいと思いませんか??


何か特別なことをしなくてもどんどん覚えていけるようになる

煩わしい暗記に何時間も費やす必要がなくなる

■覚えようと思ったことは時間がたっても忘れなくなる

■勉強時間を短縮できる


資格試験や大学受験の勉強などは決して楽しいものではなく、参考書を1ページ進めるだけでも大変な労力がかかってしまうことがよくあります。

調子の良い時にはペラペラとページがめくれていくものですが、そんなハイパフォーマンスな時間は何度もやってくるものではないですし、時間だってそんなに長続きするものではありません。
あなたも勉強はどちらかというと「苦しい」とか「しんどい」「つらい」といったイメージを持っていると思いますが、その原因を丁寧に探っていくと「暗記の効率があまりにも悪い」点に行き着くんじゃないかと思います。

つまり、何度も勉強しているのに覚える量よりも忘れる量の方が多ければ、ヤル気が奪われるのは誰だって同じことで、勉強しようと思う気持ちがどんどん薄れていくものです。

頭の良い子たちがどんどん成績を高めていくことができるので、暗記力がきちんと備わっているからで、勉強したことをしっかり記憶できるようにならないと、下のような悩みがこの先もずっと解決されることはありません。


やらなきゃいけないとは思いつつ勉強する気になれない

暗記しても成績が上がる気がしない

暗記にはとことん苦しめられた記憶しかない

■暗記が苦痛でしょうがない


暗記力はどこか、先天的な素質みたいな捉えられることが多く、頭の悪い子が頭がよくなるなんてことはありえないと思われがちですが、実際には、物を覚える力、ものを理解する力というのは、生まれてからどんな経験をしてきたのか?に大きく左右されるものです。

暗記力とは結局、脳をどんな風に使って情報を頭の中にインプットしているのか?というノウハウ的な話でしかないので、記憶をするための正しい脳の使い方さえわかってしまえば、今まで悩んできたことが馬鹿らしくなるほど、覚えたいことがすらすら頭の中に吸い込まれるようになります。


川村明宏さんのジニアス記憶術は、現在の記憶力の高さとかには関係なく、あなたの中に眠っていた潜在能力を引っ張り出し、劇的に暗記力を高めることができる記憶力アップトレーニングツールで、1日10分程度のゲームを楽しむだけなので、記憶力を高めるためにわざわざ何時間も時間が奪われるようなことがありません。

記憶力がトレーニングによってドンドン強化されていくというのは実は昔から知られていて、記憶術と呼ばれるノウハウがジニアス記憶術以外にもたくさんあるのですが、従来の記憶術は、トレーニングのために1日何時間もかける必要があったり、もしくは効果が実感できるまでに数か月かかるようなものもあります。

続けていけば確かに効果が現れるかもしれませんが、そういったやり方を続けるのはそもそも大変なストレスを感じるものなので、心が折れてしまいがちです。
ジニアス記憶術はその点、トレーニングの内容はゲーム形式で楽しく続けられるようになっていますので、集中力をなかなか保てない子供でも毎日続けやすくなっています。

しかも1日10分程度でその日にやるべきトレーニング量をすべてやり終えることができますので、記憶力を高めるためにわざわざ奇矯な時間を奪われることなく、あなたの暗記力を強化していくことができますよ。

→→暗記できない自分への怒りや不安がみるみる消えていく川村明宏さんのジニアス記憶術「記憶処理秘密のメカニズム」とは??



藤井貴文
脳内アップデート
P R
カテゴリアーカイブ


ブログランキング
ブログランキング
リンクリックブログランキング サプリメントダイエット
ブログランキング
PVランキング