401Kプラン、将来のポイント

September 11 [Tue], 2012, 11:03
退職金の毎年により賃金に結びついている大企業に増加したものの、退職時に企業が一時金の支給を支払われる割合は年々減少している。

割合は、1981年に55.4パーセントであった唯一の "しこり"は、1997年に47.5パーセントまでであった1997年の調査によると、 "設立時の賃金労働制度等"また、企業という。この金額は、退職給付年金の一部として支払われた企業の割合が増加した。

年金年金会社として厚生年金基金であることをこの会社、および(法人税法の適格年金と非適格年金治療として分類されている)会社自体の従業員年金制度の一部を完了するためにも、の。これらの、年金基金は、登録期間を完了させることが可能であっても、転職した場合、勤務先によって異なります。

しかし、それだけで支払い、低金利の時代がそこに約束される金額と一致して運用準備の利点を得ることが困難であり、この企業年金は、多くの企業が逆ざやに苦しむ。逆ざやを排除することによって、そこに増加している事業の負担としながら、私はスーマオは、個々の従業員への年金制度の運用を委託する方式 "401Kプラン"を見直し、より多くの企業を持っています。前の議会では、このシステムの導入を整理するためにも渡さ法律も同様に、この秋に施行される確立されなければならない。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:花子
読者になる
2012年09月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/general1979/index1_0.rdf