せめてもの抵抗 

2017年06月30日(金) 12時51分
誕生日プレゼント何がいい?という質問に対して、
特に何も思い浮かばないという悲しい現状。

スイッチ?
iPad?
マンガ?

そこまで欲しいかと言われると、うーん。
貰って使わないってのが一番もったいないよなあ。

はてさて困った。
満たされているということなのかもしれない。
じゃあ、と考えを変えてみる。

「どうなりたい」という視点からプラスを取りに行くのはどうだろうか。


どうなりたい?

・・・。

あれこれ思考はめぐるけれど、
とどのつまり、
「生きていていいんだ」という自己肯定がおそらく大事なんじゃないかと。

それは、守りの意味での、
自分を大切にするとか、小さな達成感を得るとか、
そういう意味もある。

ただそれだけでは不十分で、
攻めの意味でも、
「この人生を意義あるものにしたい」とか
「この人生で何かを残したい」みたいな、
そういう意味合いもあるんだと思う。

「どうせいつかは死ぬ」ということに対して、
せめてもの抵抗をするのが「生きる」ということなのかもしれない。



どうにも大きい話になってきた。
これらを踏まえて、
抵抗するために何をやって、
そのツールとしてどんなプレゼントをもらうのか。

うーん、考えはまとまらない。

楽しく前向きに、抵抗していきたいものです。

擬人化される日常 

2017年06月16日(金) 18時21分
最近、妻と流行っているものがある。
お店・サービスの擬人化だ。

お店・サービスを擬人化して、
上司、もしくは部下として一言コメントすると言う、
わけわからない、この企画。

たとえば、運送屋のヤマト。
ヤマトを「ヤマトくん」とするだけで、
なんだか愛着がわく。
「ヤマトくん、今日も朝が早いね」
「ヤマトくん、今日も精が出るね」

頑張り屋だし応援してるけど、少し空気が読めない部下のイメージ。
朝が早いのよ、いつも。
休みの日の8時って寝てるっつーの。

他にも、
牛タン屋の「ねぎしくん」
あまり好きじゃない「ココス」(呼び捨て)
などなど。

擬人化の漫画やアニメはあるけれど、
それを日常でやってみると、
これなかなか楽しいですよ。

眠い眠いと寝言を言う 

2017年06月16日(金) 9時13分
なんで眠いのか。

朝も昼も夜だって眠い。常に眠い。
「欲望の奴隷」という言葉が頭に浮かぶ。
その言葉が気に入って、久しぶりにブログを書く。

「欲望の奴隷」。

意志なく従属しているその様が、まさにその通りだと思う反面、
「眠い」という状態を僕自身が選んでるんだろうなと、
そんなことを思う。

ずっと眠いと言い続けたいのか。
そうじゃないだろ。
もっと楽しめるはずだろ、この人生。

楽しむためにはどうすればいいのか、
考えていきたい。

あー、この意志を持続するためにはどうすればいいのか。

まずは、書き始める 

2017年04月20日(木) 16時39分
この1週間、忙しくてどうも頭が働かない。
自分の心の声に耳をすませようとしても、
どうも何も出てこない。
そんな電車の移動時間。

まずはやってみようと、
書き始めて、気づく。

やり始めると、何かしらの言葉が出てくる。

頭が働かないな、
忙しいからかな、
本当に?
いつもじゃない?
練習が必要なのかな、
などなど。

最近、思うけれど、
ここ数年で僕自身は良くも悪くも変わってきていて、
でも僕自身の僕のイメージは変化していなくて、
そこに噛み合わせの悪さのような、
違和感を感じることがある。

意識すれば、
僕は何か言葉が出てきて、
ブログくらい簡単に書けるんじゃと思っていたけど、
どうもそうでもないらしい。


いま、何を、感じているのか。

しっかり言語化する必要があるんだろうな。

まずは、思いついてなくても、書き始めるということ。
そこから始めよう。

「かっこよさ」について 

2017年04月19日(水) 9時17分
かっこよさ。

男の子のほぼ全てが憧れて探求するだろう「かっこよさ」という概念。
中学・高校時代、僕は苦手だった。

鏡の前でワックスをつけることも、眉毛を整えることも嫌いだった。
「かっこつけてる自分」をかっこ悪いと思っていた。

ふと思う。
いまの僕が考える「かっこよさ」ってなんだろうか。
たとえば、
「かっこいい大人」ってどんなだろうか。

思いついた言葉を並べていくと、
・穏やか
・論理的
・おしゃれ、スマート
・遊びを知っている
・優しい
・芯がある
・信念がある
・情熱がある
・人生を楽しんでいる

最後にひねり出した言葉。
「人生を楽しんでいる」。
これがなんだかしっくり来る。

そうかそうか。
「楽しむ」という価値観を大切にしようと思っていたけれど、
それは「大人のかっこよさ」にも繋がるのか。

楽しむことは得意なはず。
楽しんでいこう。

自分のために言葉を並べる 

2017年04月09日(日) 19時10分
ターゲットを決めることで、自分の言葉も変わるらしい。本に書いてあった。

このブログのターゲットは誰だろうとそんなことを考える。
このブログの読者は誰か。

答えはすぐに出た。
自分だ。未来の自分だ。
友達が読むことを想定していないし、
まだ会ったことない誰かを思って書いているわけではない。
これは、自分のためのブログだ。

自分のため。
そう思うと少し気が楽になる。

先日から、ブログを書こうと思っていたけれど、
どうもうまく書けなかった。
何というか、かっこつけてしまうのだ。
難しい言葉、熟語、大人として恥じない言葉を使わなければいけない。
そんなプレッシャーを感じてしまって、
どうにもうまく書けない。
うーんうーんと悩んでいたときに、出会った言葉。「ターゲットを決める」。

これから不定期ながら、
自分のために言葉を紡いでいこう。
自分の心の声に耳をすまし、
その声を文章にしていこう。


さて、なぜブログを書きたいかというと、
理由は二つある。

一つは、自分の思いや考えを整理するため。
もう一つは、文章を書く練習。


随分前は、よくブログを書いていた。
一人の時間を持て余していたということもあるけれど、
何よりも、書きたいことがたくさんあった。
心の中で頻度高く声が聞こえてきて、僕はそれを文章にしていた。
電波系ではない。自分の声だ。

それが、いつからかとんと聞こえなくなった。
おそらく、感覚を麻痺させることで、何かを守っていたのだと思う。

僕はまた自分の声を聞きたい。
声は小さくなってしまったけれど、耳をすませてその思いを知っていきたいのた。


もう一つの文章を書く練習というのは、そのままの意味。
最近、文章を書くのが苦手になっている気がしているので、訓練をしようかと。

だから、このブログも未来の自分のためと言いながら、
未来の自分も面白く感じないと知りながらも、
少し長めにゆっくり文章を書いている。
リハビリのようなものかもしれない。


週に一度くらいは更新していきたいかな。
さてはて、どうなるものか。

自分の価値観と小説のテーマ 

2017年03月27日(月) 12時59分
会社でリーダーシップ研修を受けて、
自分の価値観を内省する。

僕の価値観は、
「大切にする」
「楽しむ」
「応援する」

文章にすれば、
「自身が楽しみながら応援する、その価値観を大切にする」
というところだろうか。

「応援する」。
誰を、と思うと答えに詰まっていたけれど、
ふと気づいた。

夢を追う人、苦しみ悩みそれでも前に進もうとする人を、
応援したいんだな。

少し修正すれば、
「自身が楽しみながら
夢を追う人、苦しみ悩みそれでも前に進もうとする人を応援する、
その価値観を大切にする」
こんなところだろうか。


さて、小説を書こうかと、
そんなことをいまは思っている。

どういう小説を書こうかと考えると、
先ほど書いたような、自分の価値観に合うものがいいんだろうなあと、
そんなことを考えている。

どんな話を書こうか。



もう少し考えを進める。

夢を追うにはプロセスがある。
・自身の夢、大切にしたいことに気づく。
・自身の夢に向かって、諦めずに努力する。
・夢を叶える。

僕はどこを書きたいだろうか。
そう思うと、どれも書きたい。
そもそもの前提として、
「夢を持つことは素晴らしい」という価値観があるみたいだ。

さて、何を書こう。どう書こう。

夢が広がる。

映画メモ「標的の島 風かたか」 

2017年03月27日(月) 0時35分
ポレポレ東中野にて。

沖縄の基地問題のドキュメンタリー。

なぜ沖縄県民は基地を作られたくないか。
それは、基地を作ることで、標的にされるから。狙われるから。
結果として戦場になってしまうから。
戦場になると、島なので逃げられないのではという不安。
自衛隊が助けてくれるとは限らない。第二次世界大戦はそうだった。
子供や孫の命を守りたい。そのために、反対をする。

そもそも基地を作るのはアメリカの戦略。
エアシーバトル構想。
中国の防波堤としての日本。沖縄。
アメリカは半年過ぎたら助けないという同盟。

反対運動は、座り込み。20年やっている?

映画で反対運動をしてた人は、60歳以上がほとんどか。
20-40代はどう思っているのか気になる。

基地賛成派の意見も聞きたい。

エッセイを読む 

2015年11月21日(土) 21時05分
エッセイというものを初めて(?)読んだけど、まあ面白い。
三浦しをん著「妄想炸裂」。


日常を描いて面白いってのはすごい。
つまりはその人間性が面白いってことで、尊敬に値する。


三浦しをんの妄想トーク。鬱屈してる加減がほどよい。
屈折した思考はカップルをマシンガンで撃ち殺す。
時折出るBL臭がまたいい。


本を読んで、声を出して笑うなんてそうそうない。
いやあ、小説も好きだけど、素晴らしい作家だわ、この人。

できることをやる 

2015年11月14日(土) 18時26分
卓球を久しぶりに思いっきりやったら、
まあ楽しかった。


運動が楽しい、というのは正確ではなくて、
「できる運動は楽しい」てことだと思う。


できることがあるってのは、嬉しいものだ。


やっぱりこの歳になったら、
できることをやっていくのがいいんだろな。


はて、何ができたっけ?
2017年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像gem
» 価値ある営業とは何か (2015年06月14日)
アイコン画像アルバム大使すえなが
» 価値ある営業とは何か (2015年05月20日)
アイコン画像南葛西太郎
» 前進 (2015年02月23日)
アイコン画像げむ
» 20代の終わり 30歳のはじまり (2014年07月22日)
アイコン画像南葛西太郎
» 20代の終わり 30歳のはじまり (2014年07月20日)
アイコン画像kan_kan
» 二週間目 (2014年02月09日)
アイコン画像gem
» 埋もれた土日メモ。 (2014年02月09日)
アイコン画像南葛西太郎
» 埋もれた土日メモ。 (2014年02月03日)
アイコン画像gem
» 部屋に負ける悔しさ (2014年01月22日)
アイコン画像kan_kan
» 部屋に負ける悔しさ (2014年01月21日)
Yapme!一覧
読者になる