ロスカット

July 15 [Thu], 2010, 19:41
 ロスカットとは、損を切ること、つまり、損失を確定させることです。利益を狙ってトレードするだけに、その逆である損失を確定させるという行動は、思いのほか、心理的葛藤が生じやすいです。そんな心理的葛藤を乗り越え、ロスカットするためにも、まず、「なぜ、ロスカットが必要なのか?」について、自分自身で100%納得することが、大切ではないかと思います。

 ロスカットの必要性を理解するには、「ロスカットしなければどうなるか?」を考えるとわかりやすいです。ロスカットなしでは、いとも簡単に、たった1回のロスで、コツコツ貯めた利益を吐き出すこともしばしば。後で考えると、「なぜもっと早くロスカットできなかったんだろう?」と思っても、そのときは、過剰期待によって思考がフリーズしている可能性も高く、後の祭りです。やはり、事前にきっちり準備して、ロスカットを確実に執行することが、思考停止を回避し、ロスを想定内に抑える最良の方法ではないかと思います。

 まずは、機会損失額(とれたはずの利益でとれていない額)より、想定外の実現損失額(実際のロス額)を減らすことが大切かと思います。体力(資金)さえ残っていれば、次の機会を待って、その機会を活かすことができますが、体力が尽きてしまっていては、いくら機会があっても活かすことができないからです。

 とはいえ、どこでロスカットするかはそれほど簡単ではないと思います。あまりに機械的に設定すると、柔軟性を欠き、想定以上にロスが拡大することもあるでしょうし、柔軟すぎても結局ロスカットしないケースが出てきてしまうかとも思います。それでも、ロスカットの必要性を感じながらあきらめずに何回もロスカットしていくと、自分のトレード(投資)スタイルにあった「ここだ!」と思えるロスカットポイントがわかってくるはずです。

 計画 → 実践 → 復習 → 改善 (→ 計画 ……)

 僕自身、まだまだ訓練中ですが、少しずつ上達してきているのは実感しています。感覚的には、相場がロス方向へ加速するポイントを越える直前までにはロスカットするといった感じです。気持ち的には「あきらめポイント」ともいえるポイントで、このポイントでは潔くあきらめてロスカットし、過剰に期待して我慢したり、間違っても後悔したりせず、次の機会に備える。そうやって気持ちを切り替えたほうが、長い目で見てよいパフォーマンスをあげられるように思います。
  • URL:http://yaplog.jp/gekokujou69/archive/20
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:gekokujou69
読者になる
2010年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
http://yaplog.jp/gekokujou69/index1_0.rdf