第一回目の焼酎貴族 

2005年04月20日(水) 1時00分
で、肝心の焼酎はというと。。。
第一回目はこんなラインナップにてしこたま飲みました
「甘露」
「界」 
この子たちはさつまいもを踏み台にしてここまで成長しました。

「那由多の刻」
この子はムギに頼まれて焼酎になってみました。

「里の曙」
この子は黒糖さんとこの親戚。

こんな感じ。

檄滴焼酎貴族開幕試合 

2005年04月18日(月) 1時59分
焼酎・・・
金の無かった学生時代は、飲み屋に行く度に「鏡月」「氷」「ウーロン茶」
が基本でした。
ウーロン茶がなくなったら、「すみません、水下さい!(人数分)」と、いかに安く飲み代を抑えるかがテーマだったあの頃・・・
「味わう」という言葉とは無縁でした・・・(--#)

しかし!もうそろそろオトナ街道を突っ走っていこうじゃないの!ってことで、
焼酎の会みたいなやつを立ち上げました。
題して!「檄滴!焼酎貴族」(トラ○アングルじゃないよ)
お酒がスキ、飲み会がスキ、しかしお酒で失敗したことありま〜す!
って人達集めて、いかに焼酎をオトナに、嗜むか。
嗜むって、簡単そうで難しいわよ〜
なんたって、表現力・創造力・持久力・判断力が問われるんだもの
(そうだっけ???)
細かい事はさておき、とにかく参加した人は¥1000〜¥2000程の焼酎と、おつまみを持参し、我が家集合。
そこで参加メンバーと飲み比べ、点数や感想なぞをつらつらあーでもねーこーでもねーって語り、オトナに近づこう、という企画なのです。
(ただの「のんだくれ」じゃんとかいうつっこみは受け付けません)
そんなわけで、今後ともよろしくどーぞ。

【参加メンバー】
マスター:さわやかとかよく言われるらしいけど、人は見かけによりません〜♪
かおゆー(別名くじらや):誘い笑いの帝王。カメラマン目指して修行中
まーちゃん:酒が回ると新橋サラリーマンと化す渋い方
まい:酒飲んでるときが人生の幸せ。そろそろアル中疑惑も
2005年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:gekiteki
読者になる
Yapme!一覧
読者になる