劇団ゆ on the radio 終了記念対談!

2009年09月18日(金) 5時28分


オフレコ部分は赤字で表記してます。

ブログ担当暴走機関車999(以下999): おつです!
ブログ担当2号館(以下2号館): おつかれー!
999: 遅くなって申し訳ない!
2号館: いえいえ、お仕事お疲れ様^^
999: それでは、そろそろ行きますか!
2号館: うぃー

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

999: 劇団ゆ on the radio♪ 終了記念企画!編集後記ー☆
2号館: ほんとに実施しちゃったー(笑)!
999: ねっ(笑)なんかもう、ラジオとは別物としてラジオブログは動いてるよね(笑)
2号館: まさに暴走だよ(笑)
999: 暴走機関車999ですから(*бーб*)ね、2号館!
2号館: なんだか勝手に2号館になっちゃってたしねー(笑)相方には頭が下がりません!
2号館: ん?・・・頭が上がりません、か(笑)
999: おっ!その文章もブログに乗っけときますのでよろしくです♪
2号館: なんでもこいやー!!←ジャッキー・エンドゥ〜風に(笑)
999: (笑) 思えば、名前を決定したくらいから暴走に拍車かかったからね!
2号館: ほんとだよね(笑)思えばこんなリズムに乗れるとは思ってなかった(笑)
999: うん(笑)
2号館: むしろブログ担当を最後まで任されるとは思ってなかった・・・(´⊆`)
999: ははは!むしろ譲らないというか、他の人では書けないくらいにしてやろうって気で書いてたよ! 今後、もし劇団ゆでラジオをすることになってラジオブログを作ることになったら、担当者が困るくらいを目指した♪
2号館: 素晴らしい意気込み!!もうロッピーの右手に出れるメンバーはいないよ(笑)私も負けまいと途中頑張ったんだけどね。そう、途中だけ(笑)
999: いや、さやかがベースを保ち続けてくれたから遊べたんだよ。二人でANIKI!みたいなのかいてたら、意味が分からないからね(汗)
2号館: 私にはあんなの書けない!!
999: あ!この場を借りて自己紹介!
2号館: 自己紹介おそっ(笑)まぁ、ゆるくいこう♪
999: 「ブログ担当・2号館の窓辺から」改め「ブログ担当・暴走機関車999」そして、その実態は・・・「愛の伝道師・ロッピー」だが、時に「角田達矢」です。
2号館: すごい肩書きの数だね(笑)
999:(笑)
2号館: えっと、最初にブログ担当に任命された者の、その謙虚さから自らを2号などと呼んでいて、気づいたら相方から「2号館」と完全に名を固定されてしまった『劇団ゆ』のアマチュア芸人、青木さやかです(゜ε゜川)
999: ちなみに、ラジオブログ最終回でも書きましたが、2号館は「どっちが熱い!カウント2,99のリングアーナーの声も担当してくれています!
2号館: あー、そうそうなんか、練習場でフラフラしてたら「さやかこっち来てー」ってアルミカンちゃんに呼ばれて「こう叫んでー」って(笑)わけもわからず叫んだんだけど、一発OKでした(笑)
999: 一発OK(笑)それは、ラジオ収録のあるものには、最高の誉め言葉ですな!
2号館: だね、基本ラジオ収録は一発撮りだからね。噛んでもGO!!(笑)
999: そう!「どっちが熱い」のまさお君なんて、究極の一発撮りだからね(笑)
2号館: 多少噛んでるところはあったけど、でもあのピッチで一発撮りは尊敬する(笑)アルミカンちゃんとのトークももちろんのことね。
999: まぁ、文字に起こすブログ担当者としては多少の苦労はあったけどね(汗)今、なんて言った?みたいな。
2号館: そうなんだよね(笑)でももうその作業も終わってしまったんだね・・・
999:うん・・・
2号館: 半年間、長かったようなあっという間だったような・・・

2号館: ここで半年間を振り返ってみませんか?!
999: そうだね!苦労話もふまえながら。
2号館: 苦労話とか、苦労話とか、ね(笑)
2号館: あと苦労話!(笑)
999: (笑)まぁ、振り返っての一番の苦労話は、ブログにかかる時間だよねー・・・
2号館: そうなんですよ!! かかるときはなんだかんだで2時間くらいかかるっていう。公演が近くなるにつれて、ほんと戦争だったよね(笑)
999: うん(笑)
2号館: 睡眠を削って頑張るか、死の宣告で死ぬか(笑)放送日に書きあげられなかったら、正直書ける時間が翌週までないっていう(笑)
999: 蘇るわー。あの放送日の「しくった!今日書ききれなかった(汗)もう、次週の放送ギリギリになるな」って、先が読めてしまう切なさ(笑)しかも、2号館はブログを2時間で書き上げるっていってるけど、999は結構言いづらいくらいの時間を掛けてるんだよね・・・
999: 最初のテンプレートにそったやり方の時は、文章的に2号館の倍?くらいだったから、やっぱり4時間くらいかかってて、後期のANIKI!の少し前くらいからは、内容を考えてる時間を含めたら、確実に人にはいえない時間がかかってる(汗)出来の割りに効率悪すぎ(爆)
2号館: ロッピーのブログは労力の結晶とも言うべき力作だよね。「なんだこれ、長っ!てかテンション高っ!!」って(笑)更新時刻も尋常じゃない(笑)「え、もしかして徹夜?」っていう(笑)
999: はっはっはっ(笑)ANIKI!がね。
999: とりあえず、ブログに色々な要素を組み込もうと思って、ラジオドラマが on tha radio でやらない分、こっちでやっちゃおうってさ。それが悪夢の始まりだー・・・最初に考え無しに話を作ってた分、後半の帳尻合わせが半端ない!
2号館: すごい計画性だよね(笑)私はどれだけ短時間で簡潔に、でも薄っぺらくなくまとめられるかを重視してたから・・・ラーメンで例えるなら
私のブログが塩味
ロッピーがとんこつかな(笑)あぶらがギンギンにのったやつ(笑)

999: メタボの味方ぁ☆
2号館: しかもとんこつなのに極太麺(笑)!!
999: 濃いなー(笑)
2号館: ロッピー自体のキャラが濃いから、それはしかたないよ(´⊆`)
999: でも、やりのこしたことは結構あるんだよね。漫画をぶち込むか!とか、歌を一本作るか!とか、パラッパラッパーっていうゲームみたいにラップ調にしようか?みたいな。まぁ、全て暴走ですよね(笑)
2号館: 歌の話はこないだ聞いたけど、ラップ調って(笑)でもほんと、ブログを最初から見てみると試行錯誤の様子が垣間見えるよねー。色遣いとか、文字の強調とか、挫折寸前とか(笑)
999: はっはっは(笑)作業時間の長さの次の苦労は、装飾ですからね!
2号館: ザッツライト!!(笑)
999: 使用してるブログの特性上、装飾が結構しづらくて、しかも、手違いでインターネットの戻るボタンを押したりした日には・・・全てを捨てたくなりました。
2号館: 私も1回やった(苦笑)ほんと泣きたくなった。。。
999: たしか2〜3回
2号館: でも、そんな苦労も、毎回私たちのブログを楽しみにしてくれてる方々がいたから頑張れたよね!知ってる限りでは、茅ケ崎の女の子(笑)3回はニヤニヤ笑いながら読み返してくれてたって噂ですよ(笑)
999: うん(笑)かわいいファンが一名ね(笑)3回読み返す理由が、笑っちゃってまともに見れないから!
2号館: その様子を盗撮して1回見てみたかった(笑)でも容易に想像できるからいいや(笑)この対談ブログも楽しんでもらえるといいな☆
999: うん♪そういえば、2号館はラジオブログだとどのくらいの回が好きだった?

2号館: ところでロッピー。結構長くなってきたけど(笑)もっとコンパクトに話すべき?(笑)
999: 俺も思ってたんだよね(汗)
999: とりあえず、各コーナーについてを話して、いい感じにまとめよう!ゆるすぎた!
2号館: (笑)あとで前半のゆるすぎるところをけずればいいか(笑)←(神の声:削ってません♪)
2号館: じゃ、対談に戻りますねー
緊急:メッセージを読んでください!!!
2号館: ん??w
999: 間違えて変なボタン押した!さっきの「ブログどのくらいのが好き?」について話して、各コーナーへ持ってこう。
2号館: はーい!


999: うん♪そういえば、2号館はラジオブログだとどのくらいのやつが好きだった?内容とかコーナーとか。
2号館: そうだねー、コーナーは毎回楽しみだったね。団員の中では一番たくさん聴いてたリスナーのうちの一人ですから!(笑)
999: 確かに(笑)
2号館: あとは、アルミカンちゃんとまさお君の後半のロングトークの入りに捻りが出てきた頃とか好き♪聖飢魔IIの蝋人形の館が流れた時は衝撃的だった!!(笑)あとは冬ソナとか(笑)
999: あぁ、ブログには乗っけてないけどね。うん♪僕もそのくらいかな!
2号館: あ、そうだ、ブログに乗っけてないからわからないか(笑)じゃあこれはカットでw!
999: いや、ゆるい感じでOK!この文章とかも乗っけておこう(笑)
2号館: いいのか(笑)
999: 僕は愛の伝道師・ロッピーでもありましたが、ブログはそれを加味しないで書くことがルールだったので
ロッピーのお言葉は「君の3倍愛してる」
ジャッキー・エンドゥの必殺技は「クールビズの季節なので、俺の頭から毛が消えた!」
パプリカ姫の宣言は「うぢの国では、ターンテーブルはうぢが回すよ!チェケラッ♪ツメタイ大人ァ」だな

2号館: チェケラ良かったよね(笑)
999: 好きなのはたくっさんあるけどね。
2号館: ほんと、一つに絞りきれない!!私は
ロッピーのお言葉は『ほら、コップにストローが2本ささってるよ』
ジャッキー・エンドゥの必殺技は『汗だくのあなたに制汗スプレー俺風味ー!』
パプリカ姫の宣言は『花火大会でうぢが話すと、じいやがあがるよ!うぢもいくー!』
がお気に入りかな?ほんと選ぶの大変なんだけど。

999: うん。ていうか、この3コーナーのネタ作りも苦労したんだよね。
2号館: そうなんだよね。収録後半には収録現場だけでなくその前のネタ作りにも立ち会う機会が増えたんだけ「それちょっとちがうなー」とか辛口コメント言いまくりました(笑)
999: はっはっは(笑)
2号館: 作るのすごく大変なのは解るんだけどね。でも、いちリスナーとして聴きたいものを聴きたいから(笑)
999: いや、正しいよ。エンドゥーとか、「えっ!??」っていうネタを作ってきたりするからね(笑)パプリカ姫も、ネタ作りの底なし沼から出て来れない姿を毎度のように見てたよ。
2号館: ほんと、コーナーを任されたお三方、本当に半年間お疲れさまでした!!
999: おつです♪「愛の伝道師・今日の愛の言葉」は、劇団ゆのHPのトップにある日記帳の「角田達矢」の日記に引き継ぐ予定なので、日記帳の方もぜひチェックしてください!
2号館: そんな企画が(笑)アクセスアップ狙いか・・・頭いいね( ̄ー ̄)☆
999: ニヤリ(*δー+δ)キラッ
999: そこには、ロッピーのスピンオフキャラクター「ナメッピー」「ゼロッピー」「イロッピー」等、個性豊かなキャラクターが登場しますので、それもチェックしてみてください!
2号館: うわー、宣伝だー(笑)
999: (*δー+δ)キラッ
2号館: ほんとロッピーってテンション高いよね!アルミカンちゃん達に「ブログの方がテンション高くて、俺たちやばい!」って言われたしね(笑)
999: はっはっは(笑)実際に喋るのとかが苦手だから、その分、書き物やネタとかに力が流れるんだよね。お笑い好きだし♪
2号館: お笑いは私も好きだけど、自分を出す手段が違うんだね(笑)
999: でも、on the radio の3コーナーの出来は、大喜利でいったら結構座布団を貰える位のレベルだと思うんだよね。
2号館: 厳しいアルミカンちゃんのGOサインをもらった作品ぞろいだったしね。ジャッキー・エンドゥ〜は必殺技がなかなか決まらなくてヒヤヒヤしてたけど(笑)でもそんな出来事もいい思い出で。演劇団体がラジオでレギュラー番組持つって飛び抜けた企画だったと思うよ(笑)
999: 人生の中で、ラジオに関係することなんてないからね!そんな新しい経験が出来るのも劇団ゆの魅力のひとつだよね!
2号館: うん、自分がラジオ番組に出れるなんて思ってもいなかったから(笑)今後もいろんな企画が目白押しだしね、劇団ゆは!
999: ね!いや、今度の企画も新しいね!詳しくは言えないんだけど、カッコいい系というか、履歴書に書ける経歴が増えるというか。
2号館: 履歴書・・・懐かしい響き(笑)
999: 今なら、経歴の所に「レギュラーラジオ番組 劇団ゆ on the radio 愛の伝道師・ロッピー役」って書けるからね(笑)
2号館: そっかー、すごいことだよね(笑)
999: そんな貴重な体験をこれからもできるんだ!楽しみっすなー!
2号館: そだね(*^^)
999: ラジオもラジオブログもこれで本当に最後ですが「劇団ゆ」としてはこれからも色々活動していくのでよろしくお願いします!来年の8月には公演も決定してるし、それまでの間にはイベントにも進んで参加していきます!
2号館: そうなんです!
999: 僕達「暴走機関車999・2号館」も、劇団ゆHPの日記帳にて「角田達矢・青木さやか」として執筆をしてるので、今度はそっちで熱意を燃やすぞ!
2号館: プレッシャーが・・・(笑)
999: (笑)
2号館: 私は自由気ままに日記書いてるんで、暇な時にでも読んでください☆
999: 僕は、しばらく日記にはラジオについて書く予定です。愛を伝道されたい人はぜひ遊びに来て下さい。
2号館: (笑)
999: あ!ラジオブログなのですが、999の編集が遅れてる所などが数箇所あるので、しばらく見ないうちに更新される恐れがあるので、心のどこかには残して置いてください!(汗)イラストを入れる予定なので、頑張るので!
2号館: 楽しみにしててくださーい(*>ω<*)♪♪
999: じゃ、こんな感じで大丈夫かな?
2号館: では皆様、半年間ありがとうございましたー!!
2号館: こんな感じで the end!(笑)
999: では、僭越ながら999が音頭をとらせてもらいますので、ブログ最終回でもやった「いつもの」で締めますか!
2号館: はいっ!
999: じゃあ、みなさんもパソコンの前でご一緒にーーーーーーーーーっ!


劇団ゆ!


オン ザ レイディオーーーーッ!!!


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

999: 終わった!
2号館: おわったあああああ!!結構長くなったねw
999: ちょっと、前半気持ちがゆるすぎた(笑)そんな感じで・・・編集頑張ります(笑)
2号館: (笑)
999: あとは・・・イラスト?
2号館: だねw
999: 書いてないっす!
2号館: わたしもー!
999: イラストは頑張るとして、勝手な企画に付き合ってくれて、どうもありがとう!
2号館: いえいえ、楽しかったww
999: でわー!

2号館: でわー!

劇団ゆ on the radio 最終話

2009年09月05日(土) 6時16分
3月3日FM相模の83,9メガヘルツ、略してハッサクの電波に乗って
毎週火曜日夜8時30分という枠で約6ヶ月間お送りさせていただきました劇団ゆ on the radio も、9月8日を持ちまして最終回を迎えました。
そして、ラジオブログも今回が最終回。ラジオと同じ第26回目を迎えます。
ラジオを聴いてくださった皆様、本当にどうもありがとうございました!
ラジオブログを見てくださった皆様、本当にどうもありがとうございました!

9月8日。今日の記念日は「劇団ゆ on the radio記念日」です!勝手に決めました
ラジオもラジオブログも愛してる999にとっては「みんな、お疲れさまでした!みんなありがとう!」という気持ちとともに、とても切ない感情を抱いてます。
ですが!そんなしみったれた気持ちじゃ、今までラジオブログで作り上げてきた馬鹿テンションが台無しになってしまいます
ので!今回もワッショーイな感じで盛り上がっていきマース

と、いうわけで話を続けるわけですが・・・おっ!ななななーんっと!今回の放送でも、あるみかんちゃん&地球征服ロボットまさおくんでのオープニングじゃなく、団員のロングトークからの軽快なスベリダシヲキメター
今回はスニーカーをはいた王子様についての座談会が開かれました
メンバーは、祐里・さやか・さなえという、女子メンズが話してくれました!
ラジオではキャラクターがない3人ですが、舞台上では
スニーカーをはいた王子様ではラマーナ役、月光小夜曲ではエリス役の祐里。
スニーカーをはいた王子様では侍女役、月光小夜曲では小手毬役のさやか。
スニーカーをはいた王子様ではドロシー役、月光小夜曲ではひまわり役のさなえ。
をつとめました!
この中のさやか、「カウント2,99」タイトルコール。ラジオブログでは999の相方「ブログ担当2号館」としても活躍しました!
いやー、新鮮な感じだけど・・・あどけなさが前面に押し出されてますよ!

さて!今回がラストということで、あるみかんちゃんから招集がかかってます
集合場所に着くまで,各コーナーと、今回で終了してしまうラジオメンバーのその後をお楽しみください!

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

あるみかんのその後・・より凹むといい音のするアルミカンを目指し、今の生活や仕事を捨て一人モンゴルへ武者修行のため旅に出る。だが、モンゴルには好みのコーラが置いていないためすぐに帰省。今はペットボトルやカンのリサイクルをする現場でアルバイトしている。年を重ねる毎に、中に微小に残っている炭酸飲料水の渋みが増しているという噂。

地球征服ロボットまさお君のその後・・・どっちが熱いカウント2,99の司会っぷりがテレビ業界のドンの目にとまり芸能界デビュー。コミカルな動きと奇抜なファッションで一気にお茶の間の人気者となる。牛のマネをしながらドリルで地面を掘り「掘るスタイン!掘るスタイン!」と叫ぶギャグは一世を風靡した。だが、一発屋ではないか?と、一部批判する人も。だが、裏では地球征服のチャンスを常にうかがっている。

『愛の伝道師ロッピー今日の愛の言葉』では、ロッピーが「愛の言葉、フルコース!(歴代の愛の言葉)あ・い・し・て・る。」と発言
ロッピーから最後に一言「みんな、たくさんの愛をどうもありがとう!またどこかで。」
ロッピーのその後・・・26回のラジオを通して行き着いた一つの疑問。「愛ってなんだろう?」その疑問を解くためにドバイに旅に出た。だが、旅に出る前夜、ロッピーの知人は「週末、妻とハワイに行ってきますと寝言で発言。既婚か未婚か、それすらも謎な人物であった。

『パプリカ姫』「うぢとみんなの明日のためにー、三・三・七拍子!・・・パン!」と、発言
パプリカ姫から最後に一言「いままでどうもありがとうございました。みんなバイバイ!ぱーぴぷーぺぽー!」
パプリカ姫のその後・・・王国のPR活動のため、歌手・パプリカ姫のCDを制作し販売。ミリオンヒット更なるPRのため、日本凱旋ツアーを決行。ライブツアーラストの武道館による7Daysには、会場に入りきらないくらいの観客が押しかけた。今月末には、2枚目のベストアルバムが発売される予定

『戦えジャッキー・エンドゥ〜』の今回の必殺技は「俺んちの住所は神奈川県相模原市中央3―21―4プレモール相模2−55号室 かかってこいやー!
でした
ジャッキー・エンドゥーから最後に一言「いままできいてくれてありがとうございました またね」
ジャッキーのその後・・・ANIKIという作品を通してパプリカ姫に恋をしてしまったジャッキー・エンドゥ。それからというもののパプリカ姫の出るテレビ番組は欠かさず標準で録画。重ね撮りをしないようビデオの詰めも折る徹底ぶり。ライブには時間の許す限りすべてに参加。その際は出待ちも忘れない。ゆえに、警備員とは目が合ったら肩をつかまれ即退場というツーカーの仲となる。パプリカ姫・日本凱旋ツアーの7Daysには全てエンドゥの姿を見たという噂が立っている。こういったパプリカ姫への想いが実り、ライブを通してジャッキーエンドゥは「カメラ片手にヲタ芸」という究極の必殺技を修得ライブの度にこの技を披露するため、一部、ネット界で時の人となる。

ANIKIのその後・・・ANIKI!クランクアップ後、ANIKI!Uの制作発表が報道された。次作はマサオゲリオンを主とした8部昨構成。そのクランクインまでしばしのアバンチュールを楽しんでいる。

ブログ担当暴走機関車999・二号館のその後・・・6ヶ月間全力を尽くしてきたこのブログ、最後に記念を残そうと計画中。

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

999:っと、着いた!
あるみかん:よっし、みんなそろったな?

おっしゃあ!やろーどもー!これが締め括りだー!最後にいつものいくぞぉぉぉっ!

全員:うぉーっ!

あるみかん:劇団ゆーっ!

  

「ANIKI!最終話―A―」劇団ゆ on the radio 第22回目

2009年09月04日(金) 7時41分
警告
このブログを見るときは、深夜2時過ぎの悶々とした気持ちと眠たさの中、よく分からなくなってきた時のテンションにスイッチを切り変えて、明日のことなど忘れ、昨日のことも忘れ、パソコンから3メーター離れてあなたもラジオの参加者であるかの様に見てください!
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
これまでのあらすじ
別れ、生き別れの家族との再会、様々なことを乗り越えてきた「ブログ担当暴走機関車999」。
その度に、心身ともに強くなっていった。
家族を探す旅に出た行く末に、999は母親と出会うことになる。
感動の再会とは到底呼べるものではなかった。だが、999にとってはそれでも充分なものだった。だが、心にひっかかることが一つ。
「ANIKI」という存在。
それは999の夢の中の存在。自分と境遇が似て、見るたびに他人とは思えないほど感情移入してしまう。まるで自分が「ANIKI」であるかのように。
そして今日もまた夢を見た。
そこで999は気づく。「ANIKI」と「999」は・・・

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
(BGM:残酷な天使のテーゼ)
・・・
・・・
大野:本当にいいのですか?実の息子をこんな・・こんな化け物に・・・
父:こいつをそんな風に言わないでくれ。問題ない。全ては計画通りだ。。
大野:でも―
父:そろそろ時間だ。あとのことは頼む。
大野:―はっ!


熟盛紀マサオゲリオン

[…にて待つ。時間は13時。父親に会える最後の機会だと理解していい。]
ANIKI:そろそろ時間だ。
 ブロロロロロ! ガチャ。(兄貴の前に車が止まる)
大野:君がANIKIね。さぁ、車に乗って。お父さんの所に連れてってあげる。
ANIKI:あなたは?
大野:私は大野。大野舞。あなたのお父さんの助手みたいなものよ。
ANIKI:・・・。
 ブロロロロロ!(車が発車する)
大野:〜・・・なのよ!フフッ。 って、聞いてる?
ANIKI:・・・
大野:そんなに緊張しなくてもいいのに。そうだ、ANIKI君はラジオ聞く?
ANIKI:・・ラジオ?
大野:そう。ラジオ!最近はまってるのがあってね、劇団ゆ on the radio っていうんだけど
ANIKI:それ知ってるッス。
大野:本当?そのラジオなんだけど、今回が22回目なんだって!すごいよね♪しかも、公演前の団員フリートークは遠藤くんと山田の進ちゃんの男祭り!どっちが熱い!?カウント2,99では、カブトムシVSクワガタムシの勝負で、カブトムシが「名前に武士の着けている兜が付いている!侍魂ここにあり!」の決め手で勝利したの!
―――――…
大野:さぁ、着いたわ。ANIKI君、一つだけ伝えておくわ。どんなことにも過程と結果がついて回る。大事なのは最善の結果を得られるか。そのためにはどんな辛いことからも逃げてはだめ・・・じゃあ、中に入りましょう。
ANIKI:・・・
大野:指令、ただ今戻りました。
父:ああ。
大野:ANIKI君、この人があなたのお父さんよ。
ANIKI:・・・これが俺の親父。
大野:そして、この組織ワロスの最高司令長官でもあるわ。
ANIKI:・・・
父:大野、電気をつけてくれ。
 父の後ろに巨大な機械人形がそびえている
ANIKI:・・・
父:マサオゲリオンという。今日からお前にはこれに乗ってもらう。
ANIKI:・・・
父:これに乗り、使徒を殲滅するのだ。
ANIKI:・・・
父:乗るのか?乗らないのか?
ANIKI:親父。生き別れの息子と感動の再会じゃねーのかよ。なのに意味わかんねーことばっか言いやがって。
父:余計な時間はとりたくない。乗らないなら帰っていい。
ANIKI:母さんはどこだよ。
父:・・・
ANIKI:母さんはどこだよ!
父:いるじゃないか。
ANIKI:?
父:ここだ。
ANIKI:化け物の中に?
父:お前までそんな風に言うのか。
ANIKI:どういう意味だ。
父:これ以上は話すつもりはない。最後に聞く。乗るのか?乗らないのか?
ANIKI:・・・
―――――…
「愛の伝道師ロッピー・今日の愛の言葉」では、「その結婚ちょっと待った!君にとっていい結婚相手は63年と23日後に現れるから。」と発言。
 ANIKIはマサオゲリオンに乗り込んだ。
ANIKI:ロッピーの言葉を思い出す。その一つ一つが頭の中でこだまする。母さん、もう一度会いたいよ。

「戦え!ジャッキー・エンドゥー!」の今日の必殺技は「海開きって、海が割れていると思ってた!でも海が好きー!」でした!
大野:使徒襲来!使徒襲来!目標、ワロス本部から約2キロ離れたビルの屋上です!
父:マサオゲリオン出撃だ
ANIKI:畜生!なんなんだ、全然意味がわかんねーよ。
大野:マサオゲリオン、使徒を確認しました。
ANIKI:あれが?あれってまさか・・・ジャッキー・エンドゥーが使徒。
ジャッキー:なにこのまさかの展開!誰か!誰か助けてくださーい!
大野:なにをしてるの。早く使徒を攻撃しなさい!
ANIKI:・・・ちくしょーっ!!

『パプリカ姫』は「花火大会でうぢが話すと、爺やがあがるよ!うぢもいくー!」と、発言!
パプリカ姫:やめてー!
ANIKI:っ!パプリカ姫!?
パプリカ姫:やめてー!うぢ、こういう弱い者いじめみたいの好きじゃない!
ジャッキー:・・・弱い者いじめ・・・
パプリカ姫:こんなごとする子は、うぢが許さないんだからー!

 ドクンッ!ANIKIの胸に強い衝撃が走る。

ANIKI:・・・母さん!ごめんなさい。
 パプリカ姫に怒られたANIKIは、母親に怒られた記憶を思い出す。
ANIKI:母さん・・・母さん・・・
大野:ANIKI、シンクロ率400%・・・マサオゲリオンに融解します。
―――――…
ANIKI:ここはどこだ?
?:ここは君のお母さんのお腹の中だよ。
ANIKI:? あんたは?
?:君は僕を知っているはずだよ。僕はANIKIを知っている。
ANIKI:あんたは・・・999?
999:そう。いつも夢で見ていた。僕は君を知っている。
ANIKI:俺は何をしていたんだっけ・・・まぁ、いいや。ここは居心地がいい。
999:忘れてはいけない。君がここに来た本当の理由。
ANIKI:俺がここに?・・・母さん?
999:もっと強く想うんだ。
ANIKI:母さん・・・
999:もっと!
ANIKI:母さん!
999:もっとだ!
ANIKI・999:母さん!
ANIKIと999の手には、いつのまにか母親の手が握られていた。
ANIKI・999:会いたかった・・・
―――――…
大野:・・・指令!どうするんですか!?何か言ってくださいよ!このままじゃ、このままじゃあなたの息子が・・・またあなたの奥さんのように・・・
父:問題ない。計画は終了した。
大野:え?
 マサオゲリオンの操作室には、ANIKIとANIKIのお母さんの姿が。
父:ANIKI、すまなかった・・・
 生き別れの兄や妹達が、父のいる部屋に入ってくる。
父:ANIKIと母さんを迎える準備をするのだ。
―――――…
ANIKI:これは・・・!?
全員:ありがとう。
ANIKI:どういう・・・
父:全ては、母さんを元に戻すためのプロセスだったのだ。
ANIKI:母さんを?
父:母さんは、お前を生んだ。だが、お前は生まれつき体が弱く、重い病気も患った。だが、それを直してやるほどの経済能力はうちにはなく、子供のいない良家の叔父に、お前の身の安全と引換えに養子に出したのだ。それを気に病んだ母さんは、仕事であるマサオゲリオンの研究に没頭した。そんなある日、事故で母さんはマサオゲリオンに取り込まれた・・・誰が何度試しても、母さんをマサオゲリオンから引き出すことは出来なかった。私にも・・・母さんは、お前のことを気に病みながらマサオゲリオンに取り込まれた。だから、大きく、強くなったお前なら、母さんを連れ戻せるかもしれない。そして計画がたてられたのだよ。
ANIKI:・・・
全員:ありがとう。
(999:ありがとう。)
母:ありがとう。
ANIKI:みんな・・・ただいまっ!
―――――…
ペス:あん!あーん!(これでANIKIの話はおしまいだ。
マサオゲリオンは使徒を殲滅するために研究された兵器であることは事実で、心身共に強くなったANIKIはこれからマサオゲリオンと苦難の日々を送ることとなる。
だが、もう大丈夫。ANIKIには家族という帰る場所があるのだから。)


―終―

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:劇団ゆ
読者になる
こんにちはっ、『劇団ゆ』です。
趣味劇団です。(/・ω・)/
2009年3月から、ラジオ放送に参戦することになりましたぁ〜♪♪

このブログでは、ラジオ放送の内容を少しでもお届け出来たらと思ってます!
全然、関係ない内容もあるかも知れませんがっ(笑)

メインパーソナリティーは…
「あるみかん」
         と、
「地球征服ロボットまさお君」
         です☆★☆

舞台でのモットーは、「笑って泣かせて、華やかに魅せて驚かす!!」
ラジオでは、どうなるのか??
お楽しみにぃ〜!!!

どうぞよろしくお願いしまーすっ(*゜▽゜)ノ

【ホームページ】
http://members.jcom.home.ne.jp/gekidanyu-hp/
【メールアドレス】
yu-jimusho@jcom.home.ne.jp
2009年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
カテゴリアーカイブ