モップガールの長谷川桃子は、時代劇がお好き。 

February 11 [Mon], 2008, 9:03

「モップガール」原作本の装画を担当しているのは、カネコアツシさん。
装丁担当は、セキネシンイチ制作室。
「きらら」で連載した作品に加筆・書き下ろしされた。
連作中編集(4編)。
テレビ朝日系で2007年秋ドラマ化される原作。
主人公の長谷川桃子が新しく勤務する先は、交通事故・自殺・殺人等の事故や事件現場の清掃・始末を行う清掃会社。
慣れない仕事や人間関係に悩み、辞めようかと思ったが、思い直して頑張ることに…。
そんなある日の現場で、自分の体に異変を感じる。
その原因を突き止め改善するために、行動を開始する。
そんな桃子を陰日なたに助ける登場人物達は、少々変わった人達ばかりです。
始まりは、ミステリーな香り、そして展開は、サスペンス。
コメディーも散りばめられて、楽しく読み終えました。
主人公の長谷川桃子は、時代劇が大好きで理想の人は、『銭形平次』の大川橋蔵さんと言います。
『鬼平犯科帳』『大岡越前』『大江戸捜査網』も大好きだと言う桃子は、劇中に主人公が発する名台詞や時代劇の主題歌の着メロで笑いがあるようです。
ところで、登場人物達の姓が、時代劇の役者さんの姓と重なっているのは、ただの偶然でしょうか?
長谷川桃子:長谷川一夫
東社長:東千代之介
大河内重男:大河内伝次郎
大友翔:大友柳太郎
片岡未樹:片岡千恵蔵
捜査1課の、里見と横内は、助さん格さん?
これだけの、偶然はないでしょうから原作者の意図的なネーミングでしょうね。
こだわっていますね。

小説「探偵ガリレオ」 

February 06 [Wed], 2008, 13:19
皆さんは、「探偵ガリレオ」という本を知っていますか。知らないと答える人も多数いると思います。
もしかしたら「容疑者Xの献身」の方を知っている人が多いかもしれませんが、その小説を作る元となった作品と言ってもいいと思います。
探偵ガリレオは、今度フジテレビで放送される「ガリレオ」の原作です。

天才的頭脳を持った大学教授、湯川学が友人の刑事草薙と共に事件を解決していく推理小説です。
この本は、1作ずつ短編になっていて全部で5話あります。小説の殆どを、一件超常現象に見せかけた殺人事件。

他の推理小説の殺人事件を読むと、事件のトリックが全く違って科学を利用したトリックばかりです。
事件の内容には、本当に人が殺せるのかと思ってしまう物もありますが、全て科学的には可能だそうです。
湯川は、その難事件を少しの証言と、証拠を元に解決していきます。

この物語の中で1番印象に残った話と言えば、「爆ぜる」。女の人が海の中で何の前触れもなく爆死した事から事件は始まります。
何故1番印象に残ったかと言えば、この話のトリック が1番判りやすくて納得してしまったからです。
また、ドラマでも第1話として放送される「燃える」のトリックは、以外性を感じ驚きました。
他の物語も事件を解決後のスッキリとした感覚がたまらないですね。
また佐野史郎さんの解説もありますので必見です。ちなみに作者は佐野史郎さんを「探偵ガリレオ」こと湯川学のモデルにしたそうですよ。

ドラマの前に予習として読んでみませんか。
ドラマでは、草薙の変わりを新米刑事の内海にするなど、少し設定が変わるそうですよ。
福山さんが湯川学をどのように演じるかも気になりますが、トリックをどのように表現するかも楽しみですね。



「愛の迷宮」 

February 05 [Tue], 2008, 18:48
今秋2007年10月1日スタートの東海テレビ/フジテレビ系、毎週月曜?金曜、13:30?14:00放送、「愛の迷宮」がスタートします。これは愛と罪が絡み合う人間像を描いているドラマです。

東海テレビが送る昼ドラマ「愛の迷宮」、迷宮とは出口がない感じで、様々な愛のカタチを描いていきます。放送は2007年10月1日スタート、東海テレビ/フジテレビ系、毎週月曜?金曜、13:30?14:00です。
制作発表は六本木のグランドハイアット東京で行われました。

制作発表は、河合龍之介、阿部進之介、黒川芽以、宮本真希、高橋かおり、保阪尚希が登場しました。この人達が絡み合う群像で送るどろどろの愛憎劇をお楽しみください。

今秋の東海テレビ制作の昼ドラマは、様々な人間の愛のカタチに迫る物語になっています。愛のカタチというのは人の数だけ存在すると思います。人間と言うのは愛に戸惑い、苦しみ、命も賭けたりするものです。この番組の高村プロデューサーは制作発表で「親と子、二世代にわたって繰り広げられている愛と罪の物語です。純粋な愛で罪を乗り越える事ができるのでしょうか?人の愛のカタチと言うのは幼少期によって形成されるものだと思っています。だからこのドラマでは親や兄弟の愛と言うのを特にこだわって描いているのだと思います。

最近の東海テレビ制作の昼ドラマでは珍しい群像で描かれている愛憎劇を充分に堪能していただきたいと思っています。」と強くアピールしていました。