リバウンドの原因を取り除く方法

December 26 [Mon], 2011, 17:46
リバウンドの原因として挙げられているレプチン量と満腹感とはどういうものでしょう。
レプチンとは脳に満腹感を伝えるための物質で、脂肪細胞に脂肪が供給されると

分泌されるものです。食べる量自体が少ないと、レプチンも少なくなります。
レプチンの分泌量は、食事量を減らして一時的に減った場合、ダイエット前の食事に
戻しても1カ月程度は少ないままです。

1ヶ月は食事の量を元に戻しても満腹感を得られにくい状態になり、リバウンドの原因となるのです。
リバウンドの原因を回避するには、どういった工夫が必要でしょう。

人体のホメオスタシスは、月に5%のダイエット効果があった時に動くものであるとされています。
短期間で急激な減量をせず、5%以内の体重減少を目安にすればリバウンドの原因をひとつ

取り除くことができるといえます。では、脳が満腹信号を出すためのレプチンについてはどうするといいでしょう。
レプチンの量が適正量に戻るためには、最低1ヶ月必要なわけです。

レプチンが正しく働くまでの1ヶ月間はドカ食いをしないように気をつけましょう。
ダイエットをやめても摂取カロリー量には注意をしつづけること、

1カ月は食べ過ぎないことがリバウンドの原因への対応となります。



ロケットイングリッシュ
育毛ミスト M1
飲食店 開業
花咲ガニ 食べ方
花粉症 完治
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ririko
読者になる
2011年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/gein/index1_0.rdf