体幹・軸

February 04 [Sat], 2012, 10:36
奈良高専の先生で、9月にはケガをしないカラの操縦法で、世界一受けたい授業にも出られた方ですが、プロやそれぞれの専門家の方と共同で、ゴルファーなら知っておきたいからだのことという本を出版されました。
私はB型で感覚派でゴルフには取り組んできたの093877ですが、骨折をしてから色々理麻撃ノすることがあり、暮れから自分なりに整理納得し、自分なりに課題を明確に前へ進んでいたのですが、この本に触れて、立また、立ち止まってしまいました。
ひと通り目を通したのですが、なるほどっていうことばかり。
後半は、体幹の重要性、そして左軸感覚で体幹を使うことの薦めが。
体幹は余り意識してなかったのですが、剣道の経験者は理解も早いのかな。
右軸感覚のスウィング中の左右体重配分アドレス時左470右530トップ時左123右877左軸感覚のスウィング中の左右体重配分アドレス時左531右469トップ時左268右732この数字って、多くのプロが右への体重移動を抑えているって事だそうです。
その結果、安定したビッグドライブへと。
これは、テニスやバレーボールのサーブ、野球の投球等他のスポーツでも同様って事だそうです。
ということで私のスウィングはというと、どうでしょう。
感覚的には、2軸って思ってましたが、その結果不安定に。
1軸ということで、その場でクルッと回るということで、私の右の伸び上がりも解消の可能性も修正には、時間が掛かりそうそんなことで、練習に行きたくなって、昨日の寒い日に練習に。
風は結構きつかったのですが、日差しもあり、すぐにジャンパー脱いで、そして上着も。
最初の間は、アドレスで意識してやっていましたが、すぐに意識を変えると上手くいくはずもなく、普通に戻って、ハーフというよりスリークオーターと、アプローチの練習になってしまいましたplayerpush。
swfstaticswfvp14videoplayer450swf。
sizewidth450height3585。
thumb。
video。
permalink。
time0011。
idplayer1。
counterurl。
videoid690408711391930。
ownerid6904087。

EventobservewindowloadsetupPlayer。
動画で確認すると、悪いところばかり目立ちますね。
グリップもきつくうんこ握り体とグリップが近すぎ。
小さく前へならへを意識しているつもりが、動画では確認できません。
ただ、年明けから体幹を鍛えているんですよね。
そのおかげか、良く飛んでいる感じ。
北風でフォローかも。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:geg92ju4rj
読者になる
2012年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/geg92ju4rj/index1_0.rdf