予期せぬか「副作用」●対イラン制裁

March 30 [Fri], 2012, 1:45
原油の高騰招く対イラン制裁、予期せぬ副作用もロイター3月25日日14時26分配信拡大写真3月23日、イランの核開発をめぐって欧米諸国が同国に科している制裁は、これまでのところ、成功しているとは言い難い。
イランは核開発をやめておらず、制裁がもたらした思わぬ副作用により、新たな問題すら生じている。
写真はアサルイエの石油関連施設。
2006年5月撮影2012年ロイターMortezaNikoubazlロンドン23日ロイターイランの核開発をめぐって欧米諸国が同国に科している制裁は、これまでのところ、成功しているとは言い難い。
イランは核開発をやめておらず、制裁がもたらした思わぬ副作用により、新たな問題すら生じている。
イラン産原油が減少するとの見通しは、世界経済を脅かすレベルに原油価格を高騰させている。
石油コンサルティング会社ペトロロジスティクスや欧州石油会社などの推計によると、すでに3月のイラン産原油輸出は日量30万バレル14程度減少する可能性があるという。
米国と欧州連合Eは、イランの中央銀行も対象とする新たな制裁を打ち出しているが、西欧当局者を含むイラン専門家の多くは、経済的圧力の強化がイランをさらに不安定にし、予測不可能な危険な状態に追い込みかねないと懸念している。
ロンドンにある国際戦略研究所IISSのリサーチアナリストで、イラン専門家のディナエスファンディアリ氏は制裁は、意図していた影響をイラン政府に与えておらず、予期せぬ効果だけ生み出していると指摘する。
制裁により、イラン国民は経済的苦痛を負わされているが、他の国の市民もまた、燃料や食料の価格高騰など波及効果を感じている。
袋小路にはまった国際社会米国と英国は、戦略石油備蓄放出の検討を始めるとしているが、中東情勢がさらに緊迫化するリスクがある中、現段階で米英に追随する動きはみられない。
米海軍大学のハヤットアルビ准教授は、制裁が国際社会をどうしようもない状況に陥らせていると指摘。
相互依存する世界で、経済回復に取り組む多くの国々に打撃を与えることになるが、すでに制裁による影響が一部で見え始めていると語った。
アジアの大国である中国とインド日本も経済大国のはずだが、は、制裁強化に反対の意向を示唆している。
また、イランの長年の敵であるサウジアラビアは、制裁に伴う原油の供給不足を補うとしているが、市場にはサウジに余剰生産能力が本当にあるのか、懐疑的な見方も広がっている。
しかし、制裁が成功しているか否かにかかわらず、欧米諸国にとって、今さら制裁を解除したり和らげたりするといった大きな方針転換は簡単なことではないだろう。
イランに与える影響専門家らは、制裁がイランにどのような影響を与えるかについて、正確に予測するのは難しいと語るが、国際エネルギー機関IEAによると、もしアジアの主要な国々がイラン産原油の禁輸に参加するなら、イランの輸出量は年内に日量100万バレル減少することもあり得るという。
世界的な原油価格の高騰により、イランが1バレル当たりで以前より稼いでいる可能性はあっても、輸出量の減少でそれは相殺されるかもしれない。
中には、制裁をイランとの価格交渉に利用する外国のバイヤーもいるという。
イランの原油セクターは外国からの投資がなければ、向こう数年にわたり、生産高がさらに劇的に落ち込むことも予想される。
一方、高まる経済的圧力はイラン国内の権力争いを激化させ、在イラン英国大使館へのデモ隊乱入や、グルジアやインドのイスラエル大使館職員を曹チた攻撃などは、イランがますます予測不可能になっていることを示しているとの見方もある。
欧米当局者の中には、イランがペルシャ湾で輸送船を攻撃するなどの戦略に出ることを懸念する者もいる。
そうなれば、制裁を科すことで避けられるはずだった戦争も起きかねない。
米海軍大学のアルビ氏は、時の経過とともに、制裁がイラン経済と社会に耐えられないほどの打撃を与えるかもしれないと指摘。
一方、ますます苦境に立たされても、イランが戦わずして核開発をやめるとは思えないと述べた。
関連記事韓国が戦略石油備蓄の放出支持、日本は要請受ければ検討この韓日の違いはどうして原油先物が下落、中国欧州の弱いPMIで需要減退の懸念高まるデフレ脱却は最重要、原油高などにも目配り森本日銀審議委員焦刀F原油市場、統計も当局者の見解もバラバラで投資判断困難に独仏当局者、戦略石油備蓄の放出に反対の意向示すコメント数130件平均投稿数93件時投稿人数121人並べ替え投稿順そう思う順そう思わない順注目順共感順面白い仕組みだな。
2012年3月25日14時34分マッシュaznさん削除違反報告私もそう思う1088梼рヘそう思わない31原油高は直接消費者の懐を直撃するマジで勘弁して欲しい2012年3月25日14時32分花粉の季節最悪Orzjapさん削除違反報告私もそう思う1124梼рヘそう思わない149アメリカ様々ですな実に責任とって頂きたい。
元を辿れば1番に核開発して世界に核の強大さをしらしめたのもアメリカだし、日本は完全な巻き添え、それで800億要求してきてやがるときた、そろそろアメリカ離れ考えないと日本に未来はないな。
日本どころか、ではないかな。
2012年3月25日14時30分大谷刑部吉継chaさん削除違反報告私もそう思う862梼рヘそう思わない45これは大きな判断ミスでしたね、オバマさん。
2012年3月25日14時38分fufsounyfufさん削除違反報告私もそう思う825梼рヘそう思わない106ショボい核実験を繰り返しミサイル実験を繰り返してる北朝鮮を徹底的に軍事制裁を行えばイランも核開発をやめるだろうそうかな。
2012年3月25日14時32分とある陸自予備役一兵卒intさん削除違反報告私もそう思う620梼рヘそう思わない14一刻も早い事態の収拾を願う。
すべてのコメントを読むー以上転載第96回2012年木下直太3月15日莫邦富作家ジャーナリストアジアの大国インドと中国示唆に富む2冊の書物を読む123まず、私が関心をもった2つの調査報告を紹介しよう。
JETROの調査報告書在アジアオセアニア日系企業活動実態調査中国、香港、台湾、韓国編平成22年8月9月、対象1105社によれば、調査を受けた企業の686が、平成222010年度の営業利益は黒字と回答している。
それよりもっと新しい調査では、中国に進出した日系企業の621が2011年度の営業利益見込みを黒字と見ている、という。
つまり、海外進出の日系企業の大半が黒字を確保しているのだ。
もう一つの調査報告は、産経新聞社が発表したアンケート調査だ。
主要企業116社を対象に行ったものだが、成長が著しいアジアを有望市場ととらえ、新興国に吸い寄せられている企業は多いと、同報告はまとめている。
それによると、平成242012年度の海外事業計画で拡大すると回答した企業の割合は、7割近くにのぼるという。
企業の海外シフト重視が否応なく印象付けられた。
インドと中国を比較した好著そんなかで、私は一冊の本に関心をもった。
インドvs中国浦田秀次郎、小島眞、日本経済研究センター編著、日本経済新聞出版社だ。
世界経済をけん引し、今世紀の最大の市場にもなる可能性を持つこの2つの新興国の実力比較を曹、同書は、インドと中国の持つこれからのビジネスチャンス、克服すべき課題、日本の採るべき戦略、そしてそれぞれの強みと弱みを一目瞭然にしようとした。
中には、結構面白いものがある。
例えば、インドが中国に学ぶべき唐ヘ何かという章では、内外無差別のインドと外資逆差別の中国が接近する新しい動きを紹介している。
中国をインフラ大国と捉えるところも、その中国を追っかけるインドを描いているのも面白い。
次のページ中国に大きく遅れる日本の対インド投資ー以上転載
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:gedv0y0gud
読者になる
2012年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/gedv0y0gud/index1_0.rdf