プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:gducmlxhscdypl
読者になる
2010年06月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
Yapme!一覧
読者になる
【アウトサイダー】前田日明が大激怒!アウトサイダー史上最多の乱闘が勃発 / 2010年06月21日(月)
 6月20日(日) 東京・ディファ有明にて、リングス『THE OUTSIDER 第12戦』が開催された。

【この大会の模様】

 今大会の注目は、前大会から続いている「60-65kgトーナメントマッチ」。準決勝、決勝戦が行われ、決勝に勝ち上がったのは、“寝ても立ってもフルボッコ 取手の拳帝”幕大輔と“沼津の一撃空手王”渡辺竜也。

 1R序盤から幕がアキレス腱固め、三角絞めと寝技主体の攻めで優位に立ち、判定勝利。念願の念願の王者に輝くと、「これで胸はって家に帰られます。勝っても負けても辞めるつもりでした。でも、次にこのベルトをかけて渋谷選手闘いましょう」と今大会のトーナメントで急遽負傷欠場となった渋谷莉孔との一騎打ちをぶちまけた。

 そのほか、70-75トーナメントマッチの1回戦、2回戦も行われ、10月大会(準決勝、決勝の2試合が行われる)に駒を進めたのは、“アブダビコマンダー”伊澤寿人、“国士舘のリアルジャイアン”剛田武、“鳳凰天女 チームWEED切り込み隊長”谷博幸、“法曹界の最強戦士 人権派 柔術弁護士”堀鉄平の4名。

 なお、今大会ではアウトサイダー史上最多の乱闘が起こり、なかなか収まらない事態に前田代表が「オマエらいい歳こいて、恥ずかしくないんか!」と一喝する一幕もあった。


リングス
「THE OUTSIDER 第12戦」
2010年6月20日(日) 東京・ディファ有明
開場14:00 開始15:00
観衆=1,929人(超満員札止め)

<全試合結果>

▼第29試合 60-65kgトーナメントマッチ決勝戦
“寝ても立ってもフルボッコ 取手の拳帝”
○幕 大輔
判定3−0
“沼津の一撃空手王”
●渡辺竜也

▼第28試合 スペシャルワンマッチ 体重Limit70kg
“北関東最強暴走族 魔璃闇薔薇元総長 格闘彫師”
○吉永啓之輔(THE OUTSIDER 65-70kgトーナメント初代王者)
一本 1R2分14秒 ※三角絞め
“第8回大会MVP 天下一武闘会の大目付”
●野村剛史

▼第27試合 70-75トーナメントマッチ 2回戦
“アブダビコマンダー”
○伊澤寿人
判定3−0
“博多名物 ひとり喧嘩祭”
●アパッチ小次郎
※伊澤がトーナメント準決勝に進出

▼第26試合 70-75トーナメントマッチ 2回戦
“国士舘のリアルジャイアン”
○剛田 武
KO 1R11秒
“野獣ケルベロス”
●椎名武雄
※剛田がトーナメント準決勝に進出

▼第25試合 70-75トーナメントマッチ 2回戦
“鳳凰天女 チームWEED切り込み隊長”
○谷 博幸
判定3−0
“宇都宮オリオン通りの闇皇帝 栃木のラストエンペラー”
●菱沼 郷
※谷がトーナメント準決勝に進出

▼第24試合 70-75トーナメントマッチ 2回戦
“法曹界の最強戦士 人権派 柔術弁護士”
○堀 鉄平
TKO 1R1分27秒 ※レフェリーストップ
“埼玉白岡町の若き長 全身凶器”
●齋藤龍正
※堀がトーナメント準決勝に進出

▼第23試合 シングルマッチ 体重Limit68kg
“最強不良戦国時代 激動の'90年代からの刺客 浦安皇帝降臨 ”
○清水征史郎
一本 1R2分8秒 ※チョークスリーパー
“茅ヶ崎連合 第十二代目総長”
●庵野隆馬

▼第22試合 シングルマッチ 体重Limit69kg
“鋼鉄のプリズナー”
○江田雄一
KO 1R2分35秒
“リアルマッドタイガー解き放たれた虎”
●大山勇樹

▼第21試合 シングルマッチ 体重Limit63kg
“元・船橋夜櫻會四代目総長”
○矢野優二郎
TKO 1R2分30秒 ※レフェリーストップ
“元・第六代宇田川警備隊幹部”
●小林 裕

▼第20試合 シングルマッチ 体重Limit85kg
“番外地網走の暴れ漁師”
○間宮晃仁
TKO 1R1分30秒 ※レフェリーストップ
“ハンマーパティシェ”
●吉真一仁

▼第19試合 シングルマッチ 体重Limit85kg
“UKRのラフ&タフマン”
○達志
TKO 1R58秒 ※ドクターストップ
“埼玉のネオ東条 黒龍”
●魄夜

▼第18試合 シングルマッチ 体重Limit74kg
“不屈の道産子魂”
○飯田健夫
一本 1R1分53秒 ※三角絞め
“元・大田連合三代目”
●マシアス

▼第17試合 シングルマッチ 体重Limit62kg
“東久留米の武将龍”
○樋口武大
一本 1R21秒
“浜松斬刃拳道場特攻隊長”
●関谷勇次郎

▼第16試合 シングルマッチ 体重Limit75kg
“鹿児島の九紋龍史進”
○HIBIKI
反則 2R2分27秒
“最強アニヲタ 青森灼眼のシャナ”
●松木 集

▼第15試合 シングルマッチ 体重Limit65kg
“横濱地獄族 第二十四代総長”
○統好
TKO 2R47秒 ※レフェリーストップ
“乱闘上等 チームWEEDの闘龍”
●小林功介

▼第14試合 シングルマッチ 体重Limit68kg
“静岡相良のシューティングスター”
○植田雄太
判定2−0
“天下無双の18歳 ノンストップレオパルド”
●小澤彪人

▼第13試合 シングルマッチ 体重Limit63kg
“杉並グループの最強世代 赤い彗星”
○岩間美伸
TKO 2R46秒 ※レフェリーストップ
“濱の勇二”
●高垣勇二

▼第12試合 70-75トーナメントリザーブマッチ(右ブロック)
“アブダビコマンダー”
○伊澤寿人
不戦勝 ※中村が負傷欠場のため
“暴走セキュリティー軍団BONDS 暴走機関車”
●中村淳平

▼第11試合 70-75トーナメントリザーブマッチ(左ブロック)
“九州天下一武闘会 若きフィクサー”
○古口信太郎
KO 1R1分44秒
“現役医大生代表 延命ブラックジャック”
●広川健信

▼第10試合 60-65kgトーナメントマッチ準決勝
“寝ても立ってもフルボッコ 取手の拳帝”
○幕 大輔
一本 1R1分12秒 ※腕ひしぎ十字固め
“九州 蹴り技の貴公子”
●和田周作
※幕がトーナメント決勝戦に進出

▼第9試合 60-65kgトーナメントマッチ準決勝
“沼津の一撃空手王”
○渡辺竜也
TKO 1R1分14秒 ※レフェリーストップ
“第6回大会MVP 平成生まれの火の玉小僧 弾丸エイティーン”
●比夏瑠
※渡辺がトーナメント決勝戦に進出

▼第8試合 70-75トーナメントマッチ 1回戦
“吉永イズム継承者 栃木真岡の特攻野郎”
○舘野智良
一本 2R33秒 ※腕十字固め
“降臨 群馬高崎の覇王”
●石野潤一

▼第7試合 70-75トーナメントマッチ 1回戦
“博多名物 ひとり喧嘩祭”
○アパッチ小次郎
KO 1R7秒
“第4回大会MVP リアル神代ユウ ”
●佐野哲也

▼第6試合 70-75トーナメントマッチ 1回戦
“野獣ケルベロス”
○椎名武雄
TKO 1R55秒 ※ドクターストップ
“チーム・スクリームの足関十段”
●田柳真樹

▼第5試合 70-75トーナメントマッチ 1回戦
“国士舘のリアルジャイアン”
○剛田 武
判定3−0
“最強リングスを知る男 アウトサイダー 現役グラウンドバウンサー見参”
●森 素道

▼第4試合 70-75トーナメントマッチ 1回戦
“宇都宮オリオン通りの闇皇帝 栃木のラストエンペラー”
○菱沼 郷
TKO 1R3分 ※セコンドからのタオル投入
“北九州ストリートの元帥”
●曽根修平

▼第3試合 70-75トーナメントマッチ 1回戦
“鳳凰天女 チームWEED切り込み隊長”
○谷 博幸
TKO 1R1分10秒 ※レフェリーストップ
“静岡天竜区最強 斬刃拳正統流派 殺法剛斬流筆頭”
●渥美 学

▼第2試合 70-75トーナメントマッチ 1回戦
“法曹界の最強戦士 人権派 柔術弁護士”
○堀 鉄平
TKO 2R1分51秒 ※レフェリーストップ
“南関東CRS連合 小田急流憂斗元総長 CARAS”
●山田史博

▼第1試合 70-75トーナメントマッチ 1回戦
“埼玉白岡町の若き長 全身凶器”
○齋藤龍正
判定3−0
“栃木真岡 夜の代表取締役”
●松本峰周
※齋藤がトーナメント二回戦に進出

【関連ニュース】
“黒石、二回戦で力尽きる…準決勝には幕、渋谷、渡辺、和田
最強ワル決定戦の出場権を賭け、熾烈な抗争繰り広げられる!
最強のワルは元暴走族の総長“格闘彫師”吉永啓之輔に決定!
アウトサイダー「第12戦特集」
アクセス急上昇中!GBRの「セクシー&ラウンドガール」特集 6月21日10時6分配信 格闘技ウェブマガジンGBR
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100621-00000009-gbr-fight
 
   
Posted at 11:34/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Powered by yaplog!