る独自調査によって明らか

August 16 [Sun], 2015, 11:20
 冒頭で述べたように、市内銀行の金融活動が日銀広島支店1階のスペースを借りて再開されたのは8月10日のことだが、代用小切手を受け取った契約者が現金化できるようになったのは、9月以降だったと思われる。この間、広島支社と銀行間で広島支社が発行した代用小切手を認めるかどうかについて、菊島氏による「銀行に有無を言わせない交渉」が行われたことが推測できる。
iPhone6ケースグッチ支社が判断できる業務分担を越えて、全ての契約について支払い対策を行ったのは、被爆という非常事態下での緊急行為とはいえ、菊島氏の合理的かつ非常に強い意志を感じさせられる。

 さらに菊島氏は、廿日市だけでなく、可部・三次といった広島郊外にある支部の職員に対しても、当時使用されていた職員の契約手控えを利用し、市内の契約者の安否確認に当たらせながら、支払い対応を行うよう指示をしていた。
iPhone6ケース香水風

● 広告を出さずとも大挙した契約者 10ヵ月間の支払い件数は3200件以上

 それにしても、あの混乱期において保険金支払いがスムーズに進んだのはなぜなのか。河谷氏の調査によると、当時広島支社が地元の中国新聞に保険金支払いに関する何らかの広告を出していた形跡は、一件も確認できなかったという。
iPhone6 エルメス代わりに、いくつかの他生命保険の広告は確認できたが、これらは保険金の支払いにおいて、全て契約番号がわかるものを求めており、またその多くは郊外に疎開している保険会社の事務所まで請求を求める内容になっていた。

 第一生命ではこのような広告を出さなかったにもかかわらず、連日多くの契約者が詰めかけた。
ディオール携帯ケースそれは、広く広島市民に保険金支払いの事実が知られていたからだろう。いち早く己斐で無制限の保険金支払いを始めたこと、職員が事務所で待っているだけでなく自ら契約者の安否確認に向かったことなどに関して、市内で評判が立ったことが考えられる。
エルメス6Plusケース

 以上が、中間報告中国広東省深センのデパートで先月31日、エスカレーターに乗っていた3歳の女児がスカートガードとステップの間に足を挟み、骨折するという事故が起きた。5日付で深セン特区報が伝えた。
グッチ iPhone6 ケース

事故があったのは深センの茂業百貨。女児の父親によると、母親に連れられて5階から4階に下りる途中、女児が無意識に左足を伸ばしたところ、スカートガードとステップの隙間に足が挟まれてしまった。
ルイヴィトンiPhone6ケース

周囲の人が大声で騒いだため、従業員がすぐに駆けつけ、エスカレーターを停止した。女児はすぐに病院に運ばれたが、検査の結果、左足の親指を骨折していた。
プラダ iPhone6ケース別の病院に移送されて手術を受け、今のところ容体は安定しているという。

(編集翻訳 小豆沢紀子)以後の河谷氏による独自調査によって明らかになった事実だ。
グッチ iPhone 6ケース冒頭で述べた通り、こうして広島支社での保険金支払いは、被爆直後の10ヵ月あまりで3200件を超える規模になったのである。ただし、被爆直後から1年半程度は担当者が本社に保険金支払いの報告に赴いていたということであり、そのことから、最終的な支払い件数・支払い額はさらに多かった可能性もある。
ルイヴィトンiPhone6プラスカバー

 今回、調査に当たった河谷氏は、「広島という街やそこに住む人たちからは、『当時のことを後の世に語りつがなくてはいけない』という力を、ひしひしと感じた。第一生命の保険金支払いについては、調査がもう10年早かったら、もっと詳しいことがわかったかもしれない」と振り返る。
オークリー アウトレット
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:gdtreghfg
読者になる
2015年08月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/gdtreghfg/index1_0.rdf