達成したことからは、同社がスマートフ

March 06 [Fri], 2015, 12:48

  対応機種:iphone6/6plus


カラー:4色

付属品:ケース本体

状態:新品未使用で検品済み

 

◆ご注意点◆

※お客様のご覧になられますパソコン機器及びモニタなどの違い、また室内、室外での撮影により実際の商品素材の色と相違する場合もありますのでご了承下さい

※携帯本体は付属いたしません。

※全商品送料無料

 グッチiphone6カバー


2015年3月3日、韓国メディアによると、サムスンがスマートフォンをめぐる争いで「捨て身の勝負」に出たことが明らかとなった。デザインが似ているとの指摘を覚悟の上で、サムスンが「Galaxy S6」と「Galaxy S6 edge」をリリース。アップルの独走を阻止できるのか、市場の関心が高まっている。
iPhone 6 plusケース

「Galaxy S6」の実物が公開されて以来、販売量の予測値が上方修正されており、韓国投資証券は前作(Galaxy S5)比11%アップの4200万台、NH投資証券は既存の予想値を上方修正し、5100万台レベルを想定した。過去最大の販売量更新の可能性を秘めているという。

この内容に、韓国のネットユーザーから多くの意見が寄せられている。

「デザインも良いし、買いたい。問題は価格だな」
「iPhoneとそっくりだ。特に下部は区別できない」
「私はアップル派でもサムスン派でもない、LG派だ。でも今度のGalaxy 6は欲しい」
シリコンiPhoneケース
「デザインも前作と大差ないし、Galaxyの利点だった着脱式バッテリーやSDメモリの拡張ができないのに、Galaxyを買う必要があるか?」
「Galaxyとは逆に、次のiPhoneは補助バッテリーが交換できるようになるかもね」
「どうせ10月か11月にiPhone6Sがリリースされるだろうから、それまで待とう」
iphone6携帯ケース
「デュアルエッジディスプレイって、落としたら絶対傷が付く」
「エッジまで保護フィルムを貼るのに苦労しそう」
「デュアルエッジディスマイナビニュースの携帯チャンネルで、iPhone最新モデルをよく知るための「iPhone 6 & iPhone 6 Plus検定」がスタートしました。PCでのご利用の場合、下の画像のクリックで検定がスタートします。スマートフォンでご利用の場合、「iPhone 6 & iPhone 6 Plus検定に挑戦するならここをクリック」の文字をタップしてください。


iPhone 6 & iPhone 6 Plus検定に挑戦するなら画像をクリック

今回の検定の出題は全10問。すべて2択で答えていく形式で、3分もあれば、自分の知識を知ることができます。9問正解で合格という、ハードルの高い設定ですが、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。意外にも知らなかったiPhone最新モデルの特徴がわかるかもしれません。
エルメス6Plusケース
ちなみに、編集部のTは8問正解、同じく編集部のIは4問正解にとどまり、両者ともに不合格。ちょっとマニアックになりすぎてしまったかも……。米Appleが2014年第4四半期(10〜12月)の世界スマートフォン市場で韓国Samsung Electronicsから首位を奪った。米調査会社Gartnerが3月3日(現地時間)に発表した調査結果で明らかになった。

 同四半期のAppleの販売台数は7483万台、Samsungは7303万台だった。

 Gartnerによると、AppleがSamsungを抜いたのは2011年第4四半期以来という。

 Appleは9月に発売した「iPhone 6」および「iPhone 6 Plus」が好調で、販売台数が前年同期の5022万台から49%増加し、一方のSamsungは8332万台から12%減少した。
iPhone 6ケース
 Gartnerによると、Samsungは、ハイエンド市場はAppleに、新興国など向けのエントリー市場はHuaweiやXiaomiなどの中国勢に奪われ、2013年第3四半期からシェアを落とし続けている。

 メーカー別ランキングの3位は前期と変わらず中国Huaweiで、4位と5位は入れ替わり、4位が中国Lenovo、5位がXiaomiだった。Lenovoの販売台数には昨年10月に買収を完了したMotorola Mobilityの販売台数が含まれる。

 2014年第4四半期のスマートフォン全体の販売台数は29.9%増の3億6750万台だった。

 2014年通年のスマートフォンの総販売台数は28.4%増の124億台。携帯端末全体の3分の2を占めた。
新品グッチiphone6 ケース
 携帯端末全体の総販売台数は3.9%増の189億台。日本は2.8%減だった。携帯端末のメーカー別販売台数ランキングでは、Samsungが1位、Appleが2位、Microsoftが3位だった。Xperiaシリーズを販売するソニーが10位に入っている。 Gartnerが米国時間3月3日に発表したレポートによると、Appleは新型「iPhone」に支えられ、2014年第4四半期のスマートフォン販売台数で最大のシェアを獲得したという。

 2014年第4四半期の世界スマートフォン販売台数で、Appleは20.4%のシェアを獲得した。2013年同期のシェアは17.8%だった。サムスンの同四半期のスマートフォン販売台数は7300万台で、シェアは前年同期の29.5%から19.9%に減少した。

 Appleによる同四半期のiPhone販売台数は7480万台で、過去最高の四半期となったとGartnerは述べた。Gartnerによると、「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」をはじめとするAppleのスマートフォンシリーズは、米国と中国で需要が高く、販売台数はそれぞれの国で88%と56%の伸びを見せたという。新型iPhoneの投入によって、多くの既存所有者によるアップグレードに拍車がかかったことに加え、大画面端末を求めていたユーザーが「Android」の代わりにAppleを候補として検討するようになった。
シリコンiPhoneケース
 Appleが記録的な四半期を達成したことからは、同社がスマートフォンのディスプレイサイズを拡大したことが功を奏したことが明らかである。同社はそれまで、「GALAXY S5」や「GALAXY Note」といった大画面端末を提供していたサムスンに市場シェアと販売台数を奪われていた。しかし、Appleを首位に押し上げた要因は、iPhone 6だけではなかった。サムスンは、Xiaomi(シャオミ)などの中国ベンダーによる低価格スマートフォンによって、ローエンド分野においても打撃を受けた。

 第4四半期スマートフォン市場において、第3位はLenovoで市場シェア6.6%、以下、Huawei(ファーウェイ)が5.7%、Xiaomiが5.1%でそれに続いた。Lenovoのスマートフォン販売台数が前年比47.6%増と大きく増加したのはMotorolaを買収したためであり、Gartnerによる数値もMotorola買収を反映したものになっている。

 しかし2014年全体では、サムスンがシェア24.7%でスマートフォン市場を独占した。ただし、前年の30.9%からは減少している。
ルイヴィトンiPhone6ケース
この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:gdtgrt
読者になる
2015年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/gdtgrt/index1_0.rdf