プルウォッチや、噂が先行しているiCarでトータルな先進性。技術力、ブランド力でサムスン電子や中国勢を差別化した戦略が必要だ。米Gartner

March 06 [Fri], 2015, 12:36

ルイヴィトン iphone6ケース携帯ケース


【商品名】:★新作★ルイヴィトン【LOUIS VUITTON】iPhone6ケース携帯ケース激安送料無料


【対応機種】:iphone6


●高級感のあるブロックチェックデザイン


●開閉部分は磁石式になっています


●人気の手帳型ケース、合皮素材


●環境に優しいエコパッケージで配送します


●無条件返品保証付き


●ケースを装着したまま充電や操作可能 ※写真の色調はご使用のモニターの機種や設定により実際の商品と異なる場合があります。


 スペインのバルセロナで開催中の「Mobile World Congress(MWC) 2015」(2015年3月2〜5日)で、「Galaxy S6」と「Galaxy S6 edge」の2機種のスマートフォンを発表したSamsung Electronics。14nmプロセス技術を適用したモバイル向け最新アプリケーションプロセッサ「Exynos」をはじめ、数々の新技術を搭載している。アナリストらは、「Galaxy S6とGalaxy S6 edgeは業界最先端のスマートフォンであり、Samsungはこれら2機種の投入を機に、勢いを取り戻すと予想される。この傾向は、少なくともAppleが2015年に次世代『iPhone』発表するまでは続く見通しだ」と述べている。
新品gucci iphone6 ケース
 Galaxy S6とGalaxy S6 edgeは、14nm SoCのExynosやLPDDR4メモリ、高速充電可能な新型バッテリを搭載する他、ディスプレイやカメラ機能も刷新している。さらに、Galaxy S6 edgeはうわさの曲面ディスプレイを採用した。AppleのiPhoneはバッテリ交換とメモリの拡張ができないが、Galaxy S6とGalaxy S6 edgeは従来のGalaxyシリーズと同様にバッテリ交換とメモリの拡張が可能だ。新モデルは、2015年4月10日に20カ国で発売される。価格は公表されていない。

 米国の市場調査会社であるEnvisioneering Groupでリサーチディレクタを務めるRichard Doherty氏は、EE Timesに対して、「Galaxy S6とGalaxy S6 edge は、SamsungがこれまでのGalaxyシリーズで蓄積した技術の全てを注ぎ込んだ最先端の製品だ」と述べた。
アイフォン6シャネル
 Samsungのプレジデント兼CEO(最高経営責任者)を務めるJ.K. Shin氏は2015年3月1日にスペインのバルセロナで開催した新製品発表イベント「Unpaced 2015」で、数千人の来場者を前に、「ユーザーが望んでいるのは、デザインか実用性のどちらかに特化した製品ではなく、その両方に優れた製品だ。当社は、最高のデザインと最高の実用性を備えたスマートフォンを求める声を反映した製品作りを行ってきた」と、Appleと遠回しに比較した。

 Galaxy S6とGalaxy S6 edgeは、Samsungの14nm FinFETプロセス技術を適用した64ビットSoCを搭載する。LTEカテゴリ6対応モデムを搭載し、下り通信速度で300Mビット/秒を実現した。

●「Exynos」で優位示す
シリコンiPhoneケース
 Samsungは仕様に関してはほとんど公表していないが、Forbes誌は「Galaxy S6とGalaxy S6 edgeは、1.5GHzのプロセッサ4個と2.1GHzのプロセッサ4個から成るオクタコアの『Exynos 7』を搭載する」と報じている。Exynos 7は、「Galaxy Note 4」に搭載されているチップに比べてエネルギー効率が35%、処理速度が20%向上したという。

 Samsungはこれまで、アジア圏外に出荷するスマートフォンにはExynosを搭載しなかった。だがExynosは今、Qualcommのようなライバルのファブレス企業にSamsungの優位を示す材料となっている。Doherty氏は、「Qualcommは既に、中国での特許使用料の引き下げ交渉によるダメージを受けている。Samsungは、自社のスマートフォンに自社製の高性能チップを搭載する一方で、ライバル企業にはグレードの低いチップしか供給していない。このままではQualcommはさらに水をあけられる可能性が高い」と指摘している。
iPhone6 ルイヴィトン
 Samsungは2014年、中国のスマートフォン市場でAppleや中国のOEMメーカーであるXiaomiなどにシェアを奪われたが、新モデルの投入によってシェアの回復が期待される。

●iPhone 6の勢いを止めるのは難しい

 とはいえ、米国の市場調査会社であるCreative Strategiesのプレジデントを務めるTim Bajarin氏は、「iPhone 6およびiPhone 6 Plusの勢いを止めるのは非常に難しいだろう。iPhoneユーザーのスマートフォン買い替えサイクルは、(iPhone発表のタイミングと同じ)1年〜1年半で固定している傾向があるからだ」と指摘する。
シャネルiphone6ケース
 皮肉なことに、Appleは、次のiPhoneにSamsungの14nmプロセスのアプリケーションプロセッサを搭載するといわれている。さらに、Samsungは、Qualcommのような大手ファブレスメーカーのチップも製造しようとアピールしている。14nmプロセスにおいて、Samsungはわずかながら他のライバル企業の先を行っているようだ。 3月3日、米USA Today紙は米アップル が14年第4四半期のスマートフォン世界販売でサムスン電子 <005930.KS> を抜いて首位に躍り出たと報じた。アップルがサムスン電子から首位を奪還したのは2011年の第4四半期以来3年ぶり。同紙の報道によれば、状況は次の通りだ。

 今回の首位奪還の立役者となったのは昨年発売された新機種iPhone 6と6 Plusで、同四半期に過去最大の7480万台(前年同期比49%増)を世界で発売した。結果、アップルのシェアを20.4%に引上げ、19.9%のサムスン電子を抜いたというものだ。従来、アップルは持ちやすさを優先して大画面の機種に力を入れてこなかったが、今回の2機種で市場トレンドにあった大画面化を図り主に米国と中国でシェアを伸ばした。
シャネルiphone6 ケース
 しかし、2014年通期の全世界シェアでは。サムスン電子の24%に対しアップルは15%であることからアップル首脳陣は現状に満足していない模様だ。だが、目先のライバルだけを見ていると足をすくわれかねない。

 英調査会社ガートナーによると14年第四四半期の全世界スマートフォン販売数は3億6750万台(前年比29.9%増)だが、この市場規模の伸びはトップ争いをしている2社以外からのものだ。低価格と商品ラインで成長を続ける中国勢(特にXiaomi, Lenovo)の成長が鈍化せず、13年同時期のアップル?サムスン以外のシェアは52.7%であったが、14年では59.7%と7ポイントも上昇している。
iphone6ケース
 14年通期の世界スマートフォン販売数は12億4000万台(前年比28.4%増)を記録し、15年度も14〜15億台規模の市場が あると予測される。アップルにとっては、低価格競争に巻き込まれそうなスマートフォン販売だけでなく、販売開始間近のアップルウォッチや、噂が先行しているiCarでトータルな先進性。技術力、ブランド力でサムスン電子や中国勢を差別化した戦略が必要だ。米Gartnerは3日(米国時間)、2014年第4四半期(10月から12月)の世界スマートフォン販売台数の調査結果を発表した。それによると、約7,483万台を売り上げたAppleが、2011年から首位を守ってきたSamsung Electronicsを退け、首位に立ったという。

Appleの2014年第4四半期のスマートフォンの販売台数は、7,483万2,000台で1位だった。前年同期は5,022万4,000台であったため、約2,500万台販売数を伸ばしたことになる。Gartnerは、iPhone 6/6 Plusの販売が好調だったことが要因であると分析している。市場シェアでもAppleは、20.4%で首位に立った。前年同期は17.8%と首位のSamsungと約12ポイントの差があったが、大きく巻き返している。

一方で、2011年から首位を守ってきたSamsungは販売台数7,303万2,000台とAppleに及ばず、2位に陥落した。前年同期では8,331万7,000台を販売していたが、Appleとは対照的に約1,000万台の販売数減となった。また市場シェアも前年同期から約10ポイントダウンとなる19.9%まで落ち込んだ。
iPhone6ケース香水風
GartnerはSamsungについて、2013年第3四半期(7月から9月)のピーク以降下落が続いているとし、「Appleがハイエンドスマホ市場を支配し、中国(Xiaomiなど)が低価格ながらも質の高い製品を提供している。Samsungは、アプリやコンテンツ、サービスなどの固有性で長期的な違いを見せていかなければならない」と指摘している。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:gdterh
読者になる
2015年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/gdterh/index1_0.rdf