手投手は初ものばかりだが、「スコアラーの資料を見て(高

April 12 [Sat], 2014, 17:22
歌手の桑田佳祐さんが、自身が出演するノンアルコール飲料「サッポロ プレミアムアルコールフリー」のCMのために「サザンオールスターズ」名義で新曲「パリの痴話喧嘩(ちわげんか)」を書き下ろしたことが9日、分かった。CMは11日から全国で放送される。ipad2 ケース

 CMは、同飲料がリニューアルしたことをアピールするもの。「痴話喧嘩編」は、花壇に寝転がって歌っているシーンからスタート。iphone 4G カバー一見おだやかな昼下がりのようだが、実は桑田さんが妻役の美女と“痴話げんか”をして、豪快なプロレス技「ウェスタンラリアット」を受けて吹き飛んでいた後の場面だったというユニークな仕上がりになってる。

 新曲は、花壇に倒れこんだ桑田さんが「どうせ、もうパーじゃん!! あなたとは、あなたとは、俺はもう充分ですわ……」と歌う短い歌詞で、日本語なのにフランス語で歌っているようなシャンソン調の楽曲になっているという。iPhone 5c ケース・リーグ、阪神5−6DeNA、1回戦、DeNA1勝、8日、甲子園)悪夢の逆転負けの中に希望の光を灯した。甲子園デビューを飾った阪神・ゴメスが2本のタイムリー。
iphoneケース開幕から続く連続試合安打を「10」に伸ばし、阪神の外国人では2006年のシーツ(9試合)を抜き、虎助っ人史上最長の快挙を達成した。

 「球場の雰囲気がいいなと思ったヨ」

 初の聖地ゲームを興奮気味に振り返ったが、クラブハウスへと引き揚げる際の表情は明るいはずもない。iPhone 5c ケースそれでも虎党に鮮烈なインパクトを与えた。

 1点を先制した直後の五回二死一、二塁。iphone5 ケース元虎のDeNA先発・久保の真っすぐを弾き返し、左翼線を破る適時二塁打。球団の歴史に名を刻む一打で追加点をもたらした。ipad2 ケース

 「同じような打席が1、2打席目(ともに空振り三振)に続いたので、しっかりとらえようという気になった。結果的にしっかり振れてよかった」

 打席ごとの修正力を持つ。エルメス携帯ケース2点を追いかける立場になった八回一死一、二塁では、5番手・高崎の初球スライダーをとらえる中前適時打で、反撃ムードを演出した。もちろん相手投手は初ものばかりだが、「スコアラーの資料を見て(高崎が)どういう球を投げるか確認してから打席に入った。iphone 5cケース初球からいい球が来たのでスイングした」とサラリ。この勤勉さも、打率・390というハイアベレージの源となっている。iPhone 5c ケースコピー

 「個人的には良い内容だったが、負けてしまったので、この借りをあした返したい」

 力強くリベンジを誓った。来日遅れや、右ひざの痛みで虎党をヤキモキとさせたが、蓋を開ければ打つわ打つわの大活躍で、ファンの気持ちもガッチリとつかんだ。携帯ケース コピー歯止めのきかない投壊状態の中、4番のバットこそが頼りだ。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/gdstet/index1_0.rdf