規制のあり方を議論してきた有識者検討会(座

July 11 [Fri], 2014, 11:07
 沖縄気象台は8日午後3時58分、沖縄本島地方に大雨特別警報を発表した。9日未明には、いったん大雨注意報に切り替わったが、午前7時31分には再び特別警報を出した。iPhone 5sケース 8日と9日にそれぞれ発表された特別警報の違いについて、沖縄気象台は「特別警報の発表には二つの基準があった」と説明している。
 8日の大雨特別警報は、暴風特別警報の発表に合わせて、大雨警報を特別警報へと変えた。携帯ケース コピー大雨の警報が出ている状態で暴風が加わると「雨の被害が予想以上に大きくなる可能性があった」ため、特別警報で最大限の注意を呼び掛けた。
 9日朝には、3時間の降水量が150ミリを超える可能性があったため、再び大雨特別警報を発表した。エルメス携帯ケース「台風が本島地方付近で停滞し始め、発達した積乱雲が大雨を降らせた」と分析。「(一時)停滞することの予想がとても難しかった」と口に
<警察庁>「コンビニ配送車18歳から」
新たな運転免許区分
 警察庁は10日、コンビニエンスストアなどの商品配送に使われる小型トラックを念頭に新たな免許制度を導入し、年齢制限や運転経験の条件を緩和する方針を固めた。アイフォン5s ケース総重量3・5トン以上7・5トン未満のトラックを対象に新区分を設け、18歳で運転できる範囲を現行の5トン未満から7・5トン未満まで広げる。若年者ドライバー不足に悩むトラック業界が制度見直しを要望していた。ケース コピー警察庁は試験・講習の規制強化策を同時に盛り込んだうえで来年の通常国会に道交法改正案を提出する方針。

【長野市庁舎も完成8カ月遅れ】人手不足や大雪影響で

 ◇条件緩和、トラック新免許

 規制のあり方を議論してきた有識者検討会(座長・前田雅英首都大学東京法科大学院教授)が、道路事情が似ている欧州連合(EU)の制度も参考に報告書としてまとめ、警察庁に同日提出した。iPhone4s

 現行の運転免許制度は、5トン未満までの普通(18歳から)▽5トン以上11トン未満の中型(20歳から・普通免許取得後2年以上)▽11トン以上の大型(21歳から・普通免許取得後3年以上)−−の3区分。コンビニの配送などに使われている小型トラックは普通免許で運転できることが多いが、保冷装置やパワーリフトが備えられるようになって近年総重量が増加、5トンを超えることが多くなった。ipad2 ケース

 報告書は年齢制限を緩和し、普通免許で運転できるトラックを3・5トン未満に限定。新区分ではトラックによる教習・試験を導入し、衝突被害軽減ブレーキの対象範囲も広げる。iphone 4G カバー新区分の対象トラックは200万台程度に上る。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/gdsrt4/index1_0.rdf