えりちゃんがHill

March 23 [Wed], 2016, 23:31
異なる業種に転職するのは困難であるというイメージが強いですが、実情はどうなのでしょうか?結果から言いますと、違う業種に転職するのは難しいものです。同じ採用試験に経験者と未経験者が来た場合、人事担当者は、経験者を選ぶことが多いです。ただ、確実に無理というわけではないので、がんばり次第では異業種に職を変えられることもあるでしょう。人材紹介の会社を通して転職がうまくいった人もたくさんいます。自分一人で転職活動に取り組むのは、気持ちの面で辛いと思うことも多いです。転職がなかなか決まらないと、どう行動するのか正しいのかが分からなくなることもあります。その点、人材紹介会社では、自分の求めるタイプの企業を紹介してくれたり、自分だけでは思いつかなかったようなアドバイスをもらえるでしょう。転職を思い立ってから、仕事をじっくり探すには、それだけ時間が掛かってしまうものです。今の仕事を続けつつ、次の仕事を探すには、仕事探しに費やすことができる時間は多くは取ることはできないでしょう。そんな時に、一度試して欲しいのが転職支援サイトの利用です。転職サイトに会員登録を行うことにより、自分とともにキャリアコンサルタントといわれるサポートスタッフも一緒になって、仕事探しの手伝いをしてくれます。転職するための活動は今の職に就いている間に行い、転職する先がはっきりしてから辞職するのが理想です。退職してからの方が時間に余裕が持てますし、すぐ働けますが、転職する先がなかなか決まらない可能性もあります。職の無い期間が半年以上を過ぎると、就職先が少なくなりますから、後先を考えずに、今の仕事を辞めないようにしてください。転職理由は、書類選考や面接の際に大変重要です。相手が納得する理由でないと評価が下がります。ただ、転職する理由を聞かれたとしても答え方がわからない人も多いでしょう。大半の人が履歴書に記入する際や面接で答える際に、悩まされるのが、この転職理由になります。第一に、どうしても転職しようと思った理由を思考してください。考えた通りに話す必要はないので、嘘はつかずに紙に書き出しましょう。そして、それをネガティブな印象を与えないように表現方法を工夫してください。長々と転職の理由が続くと言い訳しているように受け取られるので、手短に説明しましょう。一般論として、転職に、資格の中でも有利だと思われているものに中小企業診断士があります。中小企業診断士となることで、経営知識を有することが証明されるので会社にとって自分は貴重は戦力であると認識させることが可能です。法律を熟知する行政書士やお金に関するあれこれに精通するファイナンシャルプランナーも、転職するとき、大いに助けとなるでしょう。転職を考えた場合、まず、極めて身近な存在である家族に相談をする方がほとんどです。ご家庭がある人なら、家族に相談なさらないで職を変わるということは止めた方がいいです。家族に無断で転職すると、それが原因で離婚になることもあります。不動産業界に転職しようと思っているのであれば、最初に、宅建主任者資格を取得するようにしましょう。宅建主任者資格がない場合、会社によっては就職できない場合も報告されています。どのような仕事をするかによってどのような資格が必要となるか違いますから、転職前に、次の仕事内容にあった資格を取得されるのもいいアイデアかもしれません。長時間労働が原因で辞めた時は「生産性の高い仕事が希望」、やりがいのない仕事と思っている場合は「新しい仕事にチャレンジすることで、自分を成長させたい」と表現すると問題はないでしょう。言いかえることでネガティブな転職理由も、肯定的なものになります。履歴書の書き方は、理想は150文字から200文字程度です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ノア
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/gdrpuplseaetpa/index1_0.rdf