服部だけどスズメ

March 09 [Wed], 2016, 16:59
ここ10年で一気に浸透したネイルケアとは、手足の爪や指の手入れ全般を指す言葉。ヘルスケア、ビューティー、巻き爪対策など医学的な処置、生活の質(クオリティオブライフ=QOL)の保全といった多くの捉え方があり、もはやネイルケアは確立された分野となっているのだ。
それぞれ患者によって肌質は異なりますし、先天的なものによる乾燥肌なのか、そうではなくて生活習慣など後天的なものによるドライ肌なのかに応じて対応が変わってきますので、十二分の注意が必要とされるのです。
爪の生成される様子は樹木の年輪のように刻まれる存在である為にその時の体調が爪に表れることが多く、髪と同様すぐに視認できて理解しやすいことから健康のバロメーターとも言われるのだ。
メイクアップのデメリット:ランチタイムにはお化粧直しをする必要にせまられる。すっぴんに戻った時のガッカリ感。コスメにかかるお金が案外かさむ。ノーメイクでは家から出られないある種の強迫観念。
メイクアップのデメリット:化粧直ししないといけない。洗顔して素顔に戻った時の落胆。化粧品の費用が痛い。化粧無しでは誰にも会えないある種の強迫観念にとらわれる。
辛い掻痒などが出るアトピー性皮膚炎の原因として、1.腸内・皮膚・肺・口腔内等における細菌叢、2.遺伝的因子、3.栄養、4.環境面での問題、5.それ以外の意見が現在は主流となっている。
湿疹などが出るアトピー性皮膚炎の原因には、1.腸内や皮膚、肺、口腔内等におけるフローラ(細菌叢)、2.遺伝的因子、3.栄養面での原因、4.環境面での因子、5.1〜4以外の学説が主流となっている。
よく女性誌や美容の本には、小顔になる、肌がきれいになる、痩せられるし、デトックス作用が期待できる、免疫アップなど、リンパの流れを整えればあれもこれも大成功!という楽天的なフレーズが並んでいる。
ここ日本では、肌が白くて黄ぐすみやシミが見られない状態を良しとする美意識はかなり前から浸透しており、「色の白いは七難隠す」ということわざもあるくらいだ。
アトピーの要因:家族の病歴と次の既往歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮ふ炎(atopic dermatitis)の内一つ、もしくは複数)、IgE 抗体を産生しやすいと思われる主因、等。
深夜残業、飲み会、見逃せない深夜のスポーツ観戦・次の日のお弁当やご飯の下準備…。肌が荒れてしまうと承知していても、本当は7時間もの睡眠時間を持てていない人が多いのは明らかです。
気になる下まぶたのたるみの解消・改善策で効果が高いのは、ずばり顔のストレッチです。顔面の筋繊維は知らない内に硬直していたり、心の状態に左右されている場合があります。
硬直した状況下では血行が滞ります。最終的に、目の下の辺りを始め顔中の筋繊維の力が衰退します。意外なようですが顔の筋肉も適度にストレッチをしてあげて、時々緊張を解してあげることが大事になります。
メイクアップのメリット:新商品が発売された時のワクワク。自分のすっぴんとのギャップが楽しみ。いろんな化粧品に費用をかけることでストレス解消になる。メイクアップそのものの楽しみ。
最近見直されている頭皮ケアはまたの名をスカルプケア(scalp care)とも言われているお手入れ方法です。スカルプは毛髪の問題の代表である「抜け毛」「うす毛」などに密接に関わると供に、フェイスラインの弛みなどにも悪影響をもたらします。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Masato
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる