ルンルンで帰ると

September 24 [Wed], 2014, 4:14
アタシは今日、仕事を早めに切り上げて
美容室に行ってました。

携帯が上手く充電出来ていなかったため、30%に
ただ、「ま、美容室で電源切っとけばいいか」と母親に遅くなる、ご飯いらないよとてだけ手短にlineを送り
携帯の電源をOFFに

全ての工程が終わり帰宅を知らせようと電源を入れると
line5件
なんか多いな…(-_- )と思いひらくと
【ご飯いらないの?】
【何かあった?】
【食べてくるの?】
【そーだ失敗した】
【帰るとき連絡頂戴】

うん。電源切っててごめん。
と、ゆーか失敗って何だ?と思いつつ連絡を入れると
駅まで迎えにきてくれることに

母にlineの【失敗】がなにか訪ねると

母親が今日は祝日と言うこともあり仕事が休みで、家の掃除をしていたらしい
ただ、それが問題…
母は朝、買い物ついでにアタシを職場に送ってくれた。
その間に祖母は習い事の習字へと出かける。
母帰宅。
トイレ、風呂場、洗濯機周り、廊下
祖母の手が届かないであろう普段しないところを細々していた。
一段落して自室へ帰り一休みしていると祖母がまもなく帰ってきた。
ら、
祖母は朝からトイレ、風呂場の掃除をしていたのに母が後からまた掃除をしているのが気にくわなかったらしい。
で、そのときの言い訳が【失敗】だったそうだ。

ま、ここまで聞いてるとあまり母の印象はよくないが、
母が掃除をしているのはいつものことである
なぜ今更と思う気持ちが若干ある
ま、たまたま今日初めて気づいてカチンとくる気持ちもわかるよなー
と母の話をききつつ

まだアタシはルンルン

ここからが問題。

迎えにきてくれた時間もいつも母が寝る時間の少し前だということもあり、すぐに寝に部屋へと帰る母
居間にいくと祖父と祖母

一歩入って気がついた。

祖母の背中がいつもと違う……(-_- )

めんどくさい。
向こうがそれっぽいこと言ってきたらきこう

泣、き、出、し、た

聞くしかない。
最近つくづく思う、長生きするもんじゃない。
もっと、足腰の弱い人ならよかったのに
早く死にたいと…

母と何かあると必ず言う。

アタシはこれを言われるのが一番腹が立つ
これを言わせてしまっていると思うのと、もう一人いた祖母が足腰が弱く、耳も遠く、最後はご飯すら食べれずに亡くなった祖母を気丈に看取った母にそれをい言うのは何よりも辛いだろ
といろんなものがごちゃ混ぜになるから…

話を戻そう。

ただ、祖母はそこまで言うのに、その先を言わない…
母と同じ話とわかっていても、祖母から聞かないと意味がない。
きちんとした内容を話すまで約一時間
その間ずっと、泣きながら
もういい。おばあちゃんは長く生きすぎた。の繰り返し。

疲れた。
明日は家族会議決定だなと心の中で思いつつ

やっと話し始めた内容を聞く。

母との認識違いは若干あるものの大筋はおなじであった


母も祖母が非常にマイナス思考だと理解している。
ただ、祖母が受け入れがたいからなのか、頭と感情がついていかないからか
祖母がなかなか理解してくれない。
昔からしているからと、頑固になるのもわかる。
ただ、アタシが何十回と呪文のように唱えても1oも理解しようとしない。
まだ、アタシの説明力と努力が足りないんだなと落ち込む…

明日の家族会議までに言いたいことをまとめよう
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:のどか
読者になる
2014年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/gdjwjw/index1_0.rdf