てだった。そのうえでだ。

October 28 [Mon], 2013, 16:06
馈?
 蔦をその手でどけた。ただ蔦は切らなかった。
 蔦を傷つけないようにしてそれをどけてからだ。木を触って言ったのだった。
「これでいいね」
「蔦が絡んでたんですか」
「うん、何か嫌そうな感じだったから」
「木がですね」www.7dpd.com

「そんな気がしたんだ」
 それでだ。蔦をどけたのだ。
 そうしてからだ。彼は真人にまた話した。
「ちょっとしたことだけれど」
「ですがそれがなんですよ」オメガ シーマスター

「それが?」
「木にとっては有り難いことなんですよ」
 真人は微笑み希望に話すのだった。
「遠井君が今した様なことが」
「そうなのかな」オメガ 腕時計

「見ている人は見ていますよ」
「見ている人は」
「それが人でないかも知れませんが」
 真人の言葉はここでは幾分幻想的なものになった。
 そしてその幻想的なものをそのままにしてだ。彼は希望にさらに話した。
「ですがそれでもです」
「僕を見てくれているんだ」
「そうです。ですから」
「今、本当に辛いけれど」
「辛いことも必ず終わりますから」
「終わるのかな、本当に」
 このことは今の希望にはだった。
 とても信じられなかった。それで言ったのだった。苦しい顔で。
「今の僕はとても」
「辛いですよね」
「死にたいとさえ思ったよ、何度もね」
 一度や二度ではなかった。それこそ何度でもだ。 
 真人もまた見てだ。そして述べたのである。
「けれど遠井君がいてくれたから」
「僕ですか」
「助かってるんだ」
 その言葉にだ。最後の救いがあった。
 その救いを見てだ。彼は言ったのである。第一話 底のない絶望その九

「そうするといいです」
「そうなんだね」
「はい、ではです」
「それじゃあもっと森の中にいよう」
「じゃあ」
 こう話してだった。そのうえでだ。
 二人で森の中を歩きだ。その中も見ていた。
 どの木も立派な木だ。そしてだ。
 その木の中を歩いているうちにだ。ふとだ。
 一本のだ。細い木を見た。その木を見てだ。希望はふと言ったのだった。
「この木何か」
「どうかしましたか?」
「うん、何か違うね」
 その木を見ての言葉だった。
「穏やかに立っていて。それに」
「それにですか」
「優しい
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/gdfhghg/index1_0.rdf