横山と武井

July 07 [Thu], 2016, 12:19
一般的に、看護師は意欲がそそられる仕事だそうです。現在は、どの仕事でもダイレクトに人とかかわることが多いとはいえません。
しかし、看護師は人と密接にかかわることができ、支えることができるという意味においてチャレンジングだと感じる方が少なくないのでしょう。

首都圏の仕事探し専門として知名度が高いのが、看護師転職情報が満載の看護roo!でしょう。


取り扱っているお仕事情報の数もとても豊富にあり、みなさん、その情報の多さにも喜んでいます。
求人数がとてもたくさんあると、それだけ職を変えることに成功している方も多数いるということになります。

殆どの病院において、看護師が十分に足りていないことは十分な医療を提供できないという意味では社会問題と言えます。代表的な要因として過酷な労働環境があります。

最近、医師が行っていた一部の医療行為を看護師が担当できるようになったことで看護師一人にかかる仕事量が増加し、勤務時間も長時間になって、休みも簡単には取れません。



また、シフトを組んでの勤務形態は夜勤を避けることができず、子供の出産を期に看護師の職を離れる人も珍しくないのです。
高齢化が顕著になり、養護老人ホームなどでも看護師の需要は高まりをみせてきているのです。それに、人員が多数所属する会社になると医務室などにも看護師が詰めていて、健康診断や健康相談、ストレスなど精神面のサポートを担当しています。このような職場の時は、その会社の従業員として働くこともあり得ます。看護師の転職情報サイト「看護のお仕事」の魅力的な点は、結局は、転職が決まったら支給される転職支援金になります。いい条件で転職ができる上に、あわせて、支援金までいただけるなんて、とてもありがたいですよね。


看護師転職サイトの中でも大人気なのは、支援金も理由の一つとしてあげられるでしょう。
皆さんは「看護師は給料を多くもらえている」という印象があるかもしれません。

よく見てみると、夜勤の分の手当てによって給与が増えているという状態です。
たとえば良い給料で看護師をしたいというのなら仕事探しの段階で、日勤だけの職場ではなくできるだけ夜勤帯のナースとしても活躍できるところにするといいですね。



当然ですが、夜勤の時間帯の勤務の有無によって給料の差は大きくなります。
日夜、仕事に打ち込む看護師の給料は、他業種と比べると高めですが、職場の規模の大小、公立か個人病院かなどによって、全く異なってくるようです。
退職時につく手当、退職金はどうかというと、国立病院や公立医療機関に勤めていたのでしたら、細かく勤務の年数、職の位などにより、退職金の額が決められますから、働いた分に見合った額を受け取れるはずです。ところが、個人病院の方では、退職金について、はっきりとした決まりもないことがあり、病院のトップである、院長先生の判断に左右されるようです。勤め先が公立病院の場合は、規定通りの退職金を受け取ることができますが、それ以外は病院次第ということです。看護師の場合は安定していると思われることが多く、ローンの際も、審査で引っかかるということは殆どないでしょう。
ただ、非常勤で勤務している看護師の方など、不安定な雇用状態の場合には注意する必要も出てくるでしょう。

簡単にローンを組めるのは正職員という形で勤務中の看護師については言えることなのですが、非正規雇用の看護師についてはローンを組むことが困難なことがあります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:直樹
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/gdee1psliaooal/index1_0.rdf