油井がさっちん

December 29 [Thu], 2016, 19:53
増税や異常感を増す年金原理。「私たちの老後はどうなるの!?」と不安になって要るご住まいは多いと思います。強い環境であることは確かですが、恐れを募らせて掛かるだけでは何の解消にもなりません。
総務省が発表している「家計調査」に因ると、経済利潤だけで4000万円上記をもつ家族は6家族につき1家族の割合で存在します。一方で明日の家計もおぼつかないあなたもいます。そして圧倒的に多いのがその中頃、「今は困っていないが、このままでは老後が不安」という域だ。ユーザーのみなさんも多少の幅員はあれ、こういう域に当たるのではないでしょうか。
こんなみなさんにお伝えしたいのは、後でどうして行動するかが「富豪老後」と「ビンボー老後」の転機に繋がるということです。安心して老後を控えるための論点やセオリーをお伝えしましょう。
◆数字で探る  どうなるの? 私たちの人生

【不安要素はこういう3つ!】

(1)増税...翌年4月に10パーセンテージに挙がる消耗租税に加えて、今後は年俸租税や引き継ぎ租税など個人の租税重圧が増えると予想されます。

(2)人前掛け金送信...社会の高齢化に従い、厚生年金や壮健保険などの人前掛け金は、年々引き揚げられることが決まっています。

(3)終身就労の偏り...もはや終身就労、年功序列は酷い年。早急退社や出向の可能性も視野に入れた生活設計が必要です。

【みんなのサラリーと預貯金単価】

(1)通常サラリー単価...平成26層/415万円(夫514万円/おばさん272万円)

クライマックスは1997層の467万円。先下がってはいるが、昨年に比べると14万円増加している。

(2)カテゴリー各自 通常預貯金単価(家事家族)

30代...通常預貯金単価:375万円 通常経済利潤開設単価:717万円
40金...通常預貯金単価:465万円 通常経済利潤開設単価:974万円
50金...通常預貯金単価:856万円 通常経済利潤開設単価:1941万円
60金...通常預貯金単価:1342万円 通常経済利潤開設単価:2462万円

30〜40金は育児コスト等の負担がかかるが、お子さんが一本立ちし始める50金からは貯めどき。この時期の預貯金が「富豪老後」には欠かせません。(経済利潤とは、蓄財以外の保険や債券、株式などを総額した代物)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:晴
読者になる
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/gdcvaoeiasceme/index1_0.rdf