出荷を制限を解除

June 25 [Sat], 2011, 0:37
放射能大量流出事故の直後から出荷が制限されてきた日本の福島県栽培の野​​菜のほとんどについて、日本政府が23日、出荷停止措置を解除した。
日本政府はこの日、福島市、県内の8つの市、町、村で生産したほうれん草などイプチェソワミナ笑み市など3つの地方自治体で生産されたカブの出荷停止措置を解除した。放射能の検出量が3週連続で基準値を下回るためだ。これに伴い、野菜やカブの出荷停止措置は、原子力発電所の半径20qの中の警戒区域の計画的な避難区域等を除き、ほぼすべての地域から解除された。

福島県では、県内で栽培した野菜の消費が早く回復している。しかし、外地では、福島産食材の流通が拡大されることをむしろ不安に思っている消費者も少なくない。福島県の土壌汚染がひどく、原発からの放射線も引き続き出ており、ややもすると、汚染された食材が流通することができるからだ。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:グダグダ
読者になる
2011年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/gdagyapo/index1_0.rdf