為替取引の仕組みや価格形成の仕組みを応用

December 17 [Mon], 2012, 14:39
禁輸機関との関係性を悪化させない弁護士のスキル



金融商品取引法改正により金融ADRに関する規定が法律に盛り込まれる前は、個人レベルで金融機関と交渉を行っていく方法がとられていましたが、交渉では支払いの先延ばし(リスケジュール)といったレベルの「改善」が上限でした。 私が銀行による通貨オプション取引の被害相談を受けて感じるのは、このようなハイリスク商品を銀行が勧誘、販売する手法が、中小企業が銀行に対して持っているイメージと大きくかけ離れているということです。 この通貨オプションは、契約で金や外貨建て投資信託への投資はリスクが高く、また、保有している外貨建て金融商品の円貨での価値の目減りに対しては、実際に外貨を円に戻す(保有している外貨を売る)しか為替リスクを外貨預1万9ように、為替リスクをヘッジする機能を持つ為替デリバティブですが、実際のが出来ませんでした。そうであるにもかかわらず、金融機関が「輸入業者向け」などと記載されたパンフレット片手に中小企業に取引を薦めているのです。支払いの停止の仕方とその後の対応方法について後は具体的に述べます。ましてや借りたお金でもないのに契約だからと真面目にこつこつ支払い続ける必要はないと考えます。契約時に手数料もかからずにリスクヘッジが可能となるような魅力的な商品であれば、それを可能にするための何かが裏にあるのです。まずは、毎月の為替デリバティブの支払を止めることを銀行に連絡し、資金の流出を抑えます。


特に最近のように急激な円高が進行する状況下では、為替動向を見誤った企業の資金繰りは急速に悪化し、最悪のケースは倒産に至ってしまうこともある。 仮に顧客が本業で外貨を扱っていて為替リスクをヘッジする必要があったとしても、為替予約、為替スワップという為替リスクをヘッジする方法がある以上、あえて銀行に損失無限定のオプションを売却してハイリスクを負担しなければならない理由があるとは思えません。「私は、このとき『今は、利益が出るから、今後損をした場合でも、トータルでチャラになるんじゃないか』という安易な気持ちで、『じゃあ、わかった。 為替デリバティブは、為替変動に伴うリスクを回避(ヘッジ)するために、企業と銀行が事前に決めたレートで外貨を取引する金融商品です。為替デリバティブの支払停止については、特別な手続きは不要です。まず為替取引の仕組みが、昔から銀行や投資会社など金融機関の間でつづいてきました。この為替取引の仕組みや価格形成の仕組みを応用したものに、通貨先物とか通貨オプションというものがあります。当事務所の弁護士は消費者、中小企業の側に立って、金融取引被害を回復することに尽力してきました。


日々の業務で手一杯で為替先物や金融派生商品のことなどを考えている暇はありません。為替デリバティブで言えば、ドルなどの通貨が原資産です。しかたなく水野氏は、「これはどういう商品なの?」と質問した。その多くは、当初こそ有利なレートで始まりますが、その分、中小企業が多額のリスクを負う仕組になっており、銀行が多額の利ざやを取ることもあり、企業は平均すると大きな損害が出る蓋然性が高い商品設計になっています。中小企業側は、金融ADRを利用することで、解決までに時間と費用がかかる裁判等の手続きによらず、第三者機関等によるあっせん・調停・仲裁による解決を図ることが可能となります。以上のようなお悩みについ、為替デリバティブ問題に詳しい弁護士が解決策を提示させていただきます。しかし、当事務所ではデリバティブなります。 その直後の9月15日、リーマンショックが勃発して、どんどん円高が進んだ。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:gcwsurgdwj
読者になる
2012年12月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/gcwsurgdwj/index1_0.rdf