エミューエレミューピンクループ。

September 01 [Thu], 2011, 0:23
という事で日曜はシルフエミューとエレミューのツアーでピンクループも。地元はアンナとワンダーと本日もまたダイナマイト。エミューは一ヶ月ぶり。エレミューは新メンバーとなり一年半ぶり。まずはシルフエミュからリハ。ここんちは演奏はちゃんとしてて機材とかもお勉強してるのでパパッと仕上がる。んボーカルが調子悪いかそこは気合で。さてエレミューですがヒデオさんは相変わらずヒデオさんでトッチャン坊やでドラムの見た目は子供で新しいギタリストは若いのに老けています。ヒデオはいい奴なのでそれでいいのです。さてピンクループのゆーきとひろが到着して元気って感じで。ゆーきは早速チェリーかたおかに元気かと。覚えられてるのが凄いのです。そしてすぐにリハ。今日もボムファクトリーの曲を遊んで演奏しながら調整。それにしてもベースの音が太い。若い衆は足元とかでなんか使ってんのかと覗き込んでましたが直結です。竿も普通のセイモアダンカンでしかありません。右手よ右手。それからアンナ。かたおかが今日はぶっ壊れる為に超ガレージ仕立てに。さてワンダーですが、頑張ってはきたのだろうが課題がまだまだ多すぎてどうしようかと考えながら卓を触ったりいじったり。今出来る最善の策として小節の頭は最低限必死に合わせろと。本番まで裏で楽器だけ持ってあわせる練習しろと指令。頑張る、はその内容が重要。ダイナマイトは今日もリハ出来ませんでしたのでそのまま開場してライブです。ワンダーから。今日も歌のキーが合ってなく高いところが出ません。しかし課題であった部分は多少なりとも上がってます。一度ちゃんと練習からみてやらんといかんなぁと思い。さてアンナ。なんだか今日はカタオカが叫んでました、色々と本気で。まだまだまだまだ演奏も歌も荒いのですがこうやって本気で表現しようとするのは何か伝わるもんで。初めて奴の心の扉が開こうとする瞬間が見えたな。さてダイナマイト。今日も我々のすべき事はひと。最後まで残るような空気感を。今日の面子も地元から県外まで皆が仲良しだったり仲間だったり応援してる奴だったり。エレミューは何度か一緒にまわったしピンクループはうちやまくんと手裏剣で何度も、地元はカワイイ頑張り屋たちにトリのシルフエミュはこの前仲良くなれたし。自分達の後に続く皆とお客さんが気持ち良くなれる為に俺たちも気持ち良く。そう言えばヒデオはシリアスダイナマイトしか知らないのでパーティーダイナマイトで笑い泣きしてましたが。さてピンクループ。序盤、そんなにお客がいて来ずどうするんだと見てましたがそこは奴らが本物である証拠として最後には皆の手を上げさせて盛り上がってました。強い。音NEWメールなんてむしろ本番になって楽器から音が出すぎて切ったくらい。音楽、である。好きだわぁ。さてその後にエレミュー。NEWメール当然ピンクループとはスキルの差がありますがハートで捩じ込んで。一生懸命に頑張っているNEWメールステージ、これがエレミューのいいところ。下手なのになんか感じちゃうのです、下手なのに。ってか若手二人が必死こいて頑張ってるのが良い。感じさせる事が一番重要、感じさせる為にスキルもいるが足りないから感じさせられない訳でもない。こんな感じでシルフエミュです。クレーバーにやるだけでは今日は勝てないよと彼らに念を押して。やはりボーカルの喉の調子がそれほど良くないようであったが必死に。異常なまでにが物販で売れたという前回見に来てくれた子達も多かったのでその子達にも助けられたか。しかし男性陣がまだまだパンチないので俺は少々もごもごした。この手のバンドとしてフロント女子の依存が高すぎるかなぁと。アンコールを一曲。最後は男性陣も彼らなりに動いてたのでぼちぼち。打上は今日もフロアにて。今日はなんだかゆーきといろいろと話したなぁ。俺と俺の周りの地元の馬鹿な奴らの話とか。頑張っていればほかの事で頑張っている奴と心が通じ合うもの。たとえ同じ事をしてても同じ様に頑張っていないと通じ合えなかったりするもの。ってで話してたっけな、よく覚えてないけど。そして毎度の事ながら若い衆から音と機材のだこうだの質問大会でだこうだと色んな例を挙げながら話をして。と言う感じで打上終了。この日もまた良き一日となった。最近うちやまともよく話すのだがこうして縁のあるバンドとまたこうして同じステージに立ち一緒に笑えるのが幸せだと。メガネと俺とうちやまも色んな仲のいいバンドマンが今ではたくさん。元気の一言で間にあった年月も一瞬にして埋まってしまうこのステージに上がる者の幸せはほぼ麻薬だ。バンドしてくと色んな慢性病となる、その慢性病こそが音楽のもうひとの喜び。こういうのがたくさんの富山の若いバンドマンにも分かるようになればすごく楽しいのにと思う。こうして俺がまだステージに立てて良い心の風を持人間がこのステージに来てくれているうちに、富山の多くの若者達がそんな彼らのそれを感じ自らが心地よい風を心に持てるようになる事を強く願う。人、人、人。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:gcw86a6ayr
読者になる
2011年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/gcw86a6ayr/index1_0.rdf